「絶食」から得られる効果は、「体重が減る」ダイエット効果の他に数多くあり、その効果を羅列すると、以下の通りです。

「大腸を綺麗にする」「毒素を排出する」「肝臓を綺麗にする」「臓器に休養を与える」「血中の余分なコレステロールを排出する」などがあります。
その副次効果として、「病気を早く治す援助をする」「美容にも効果的」「呼吸を綺麗にする」「精神が安定する」「食の有難さが解る」等があげられます。

 

★ 肝臓への絶食効果について特価して説明します。

「肝臓」は身体の中で主として「解毒作業」を担当する臓器で、普段はアルコールや食品添加物、重金属などをせっせと無害化するように働いてくれています。
多脂肪食品・加工食品での食生活は「肝臓」に多くの負担をかけ、肝炎・脂肪肝・肝硬変など、最悪、死に至る病気を引き起こす悪さをします。

「肝臓」と言う臓器は、「腸肝循環」というサイクルによって、解毒されなかったものを、血液中に戻しそれを再度、肝臓に戻すと言う、グルグル身体中を巡り続けてしまうのです。

「肝臓」や身体内に蓄積されていた毒素が、断食することで体外に排出されて、疲弊した肝臓の作業負担を減らし、傷ついた組織を綺麗に修復されます。それででまた、正常な働きをする肝臓に戻ってくるのです。

 

★ 毒素を排出することについて

私たちの身体には、化学物質・重金属・薬物など、身体の正常機能を妨げる有害物質が予想以上に蓄積しているといわれますす。

これらの有害物質は、石油でできているものが多いため、脂肪に蓄積しやすいという性質があるので、「絶食」によって、脂肪燃焼が促進される事によりデトックスが進みやすくなります。
★ 栄養学的な観点から「断食」を危険視する声もあります。

断食効果として「痩せた」「感覚が鋭くなった」「食べる量が減った」「調子が良くなった」などの様々な事が聞かれますが、栄養学的な観点からは「断食」を危険だとする意見があるのも事実です。

確かに、断食は、方法を誤ると、体調が逆に悪くなることもありますので、プロのアドバイスなく、安易に個人判断で行っていい訳ではありません。

確りと、プロの指導に基づき正しく行えば、好ましい体感を得られるのも事実なのです。