■■ NPOとは、何の略ですか?

NPOとは、『 non per oral 』『 nothing per os 』の略で、原文は『 a latin abbreviation for “nothing by mouth.”』というラテン語の語句の略語です。

日本語訳にすると、「口から何も入れない」の意味で、いわゆる「絶食」と言うことができますす。

医学的にいえば、経口摂取禁止であり、検査や治療の内容によっては「絶飲食」であって、食べ物も水分も摂取はしませんし、厳密には内服も禁止と言うことになります。
蛇足になりますが、非営利団体『 non-profitable [non-profit(-making)] organization 』、非営利運動『 non-profitable [non-profit(-making)] operation 』とは全く違います。

■■ NPO法人について

医療関係にも、「NPO法人」があり、医学用語の「NPO」(絶食)と近藤することは、無いとは思いますが、「NPO法人」について簡単に説明いたします。

NPO(エヌ・ピー・オー)、最近はどこでも良く耳にする言葉で、どなたも何度か聞いたことがあり、話したこともあると思います。

Non Profit Organization 』の頭文字をとった略語で、NPOと言う言葉として市民権は得ていると思います。

Nonprofit』とは非営利、『Organization』とは、団体・組織を意味します。すなわち、直訳すると「非営利団体」・「非営利組織」ということになります。

日本の法律によると、NPOを組織して、立ち上げるための要件としては、

1.民間で 2.公益に資するサービスを提供する 3.営利を目的としない 4.団体 とされ最低4つの要件を満たさなければありません。

そのうち、特定非営利活動促進法(いわゆるNPO法)にもとづいて、法人格を取得した団体をNPO法人として社会的に活動を行うことができるのです。