不幸にも、高齢者が肺炎になった場合、その治療として「絶食」して治療すると効果があるといわれますす、その理由について説明しております。

 

◆◇ 「肺炎」と言う病気について簡単に

原因によって多少は症状の違いがありますが、肺炎に罹ると、悪寒・高熱・咳・痰 がおもな症状として現れますす。

肺炎の主な原因は、細菌・ウイルスの感染・誤飲・膠原病・リウマチなどの病気・化学物質・アレルギーなど、多岐にわたって居ります。

特殊な肺炎以外は、治癒可能な病気と言えますが、高齢者が罹った場合は、死亡率は30%と非常に高くなる病気でありことは理解しておく必要があります。

 

◆◇ 肺炎の症状から、どのような治療はするのか

肺炎ではないかとの疑いがあれば、必ず直ぐに、内科医や呼吸器内科医の診察を受けるようにしましょう。

患者を動かすことができない場合は、患者を安静を保ち、医師の往診をを待つようにします、その間、寒い時は部屋を暖め、保湿をして、悪化を防止する気配りが大切です。

治療は、原因となる細菌を特定することからはじまり、それに効く抗生物質を投与します。通院治療か入院治療かについては症状によりますので、医師判断に任せる外ありません。

 

◆◇ 「絶食」が必要な肺炎とは?

高齢者が肺炎患者の場合は、誤嚥を起しやすくなるので、発熱だけで「絶食」になることがあります、それに食事を摂れなくなることも多いで、水分補給を考慮し栄養は点滴してとることになります。

その他には、嚥下性肺炎・痰の排出が困難・咳が強い・寝たきり・呼吸不安定 などで、誤嚥しやすい条件をもっている患者の場合は、「絶食」が基本となります。