「夜間低血糖」については解らない事が多いようです、

読者がお持ちの、その様々な疑問点の解消のために、

症状の出かた・発症の原因・予防の方法 等々を整理しました。

 

「夜間低血糖」の症状としては、個人差こそありますが、

動悸・冷感・悪寒などの「気持ち悪さ」を感じてしまい、

目が覚めることが多いようです。

眠い2

 

 

◆◇ 夜間低血糖の、症状・発症原因・予防方法・・・

冒頭では、「夜間低血糖」の症状は、個人差がありますが、

「気持ちの悪さ(動悸・冷感・悪寒など)」を感じて、

目が覚めることが多いと言いました。

 

「夜間低血糖」については、意外に解らない事が多いようです。

 

その解らない疑問点について、その疑問解消のために、

「夜間低血糖」の、症状・発症原因・予防方法を纏めてみました。

どうぞご参考にして頂ければうれしいです。

 

活動しない就寝中(夜間)の人間の身体は、

もともとは血糖値が上がらない仕組みを持っているものですが、

糖尿病患者で、インスリン注射を打っている方は、

健常者に比べて、血糖のコントロールが不安定であるために、

夜間(就寝中)には、低血糖が起こりやす区なります。

 

50~60mg/dlを下回るような、低血糖が起こった場合は、

通常は目を覚ましますので、低血糖に対する適切な対応を、

とることが出来易いです。

 

然し、60~70mg/dl程度の緩やかな、低血糖症状の場合は、

目が覚めないことがあります。

 

そのような低血糖を繰り返し続けていると、

「無自覚性低血糖」に移行し易くなり、

また、低血糖のリバウンドと言える、ソモジー効果を惹き起こし、

翌朝(起床直前の時間帯)には、高血糖の原因にり易いので、

余程の注意が必要であります。

寝る男2

 

 

◆◇ 夜間低血糖の症状は個人差があるのですが?

前項でも説明しました様に、

「夜間低血糖」の症状には、個人差がありますが、

動悸・冷感・悪寒などで、気持ち悪るくななってしまい、

眠れずに、目が覚めることが多いです。

 

但し、急激に血糖値が下がった場合などでは、

本人は目が覚めずに、寝ていて気がつかないこともあります。

 

家族などの近くにいる人が、

「汗をかいてうなされる」、

「寝ぼけて変なことを言っている」など、

普段と違う様子に、気づかれる場合もあります。

 

そんな時には、本人が起きられる場合は糖質を摂ってもらい、

もし、自発的に摂れない場合は、

用意があればグルカゴン注射をしてください。

 

朦朧としている様な意識の場合には、

無理に飲ませると、誤嚥を起こすことがありますので、

改善傾向がなければ、速やかに救急車を呼んで、

掛かりつけの医療機関へ搬送をお願いすることです。

 

「夜間低血糖」を予測する手立ても、必要であります。

 

予測のためには、生活の様子と血糖値の繋がりを知る必要があり、

毎日のデーターを記録しておくと大変役に立ちます。

 

毎日記録する内容としましては、

①その日の、生活を振り返ること。

②寝る前の、血糖自己測定を行うこと。

の僅か2点です、簡単ですね。

 

この日記を書く続けることが重要な資料となります。

救急車2

 

 

「無自覚性低血糖」については、

こちらを、ご参考にされてください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/