側弯症とは、通常は真直ぐ伸びてる背骨が、左・右のどちらかに湾曲した状態で、
背骨自体の捻じれを伴うこともあります。
進行すると、腰や背中の痛み・心肺機能の低下、をきたすことがあります。

ここでは、側弯症の原因について、詳しく見てみましょう。

 

 
★★ 側弯症の症状の基本は、脊椎の曲がりです。

側弯症とは、頚椎・胸椎・腰椎で構成されている脊椎が、通常は前から見ると、
直線なのですが、何かが原因して10度以上も曲がった状態になることをいいます。

「背骨が曲がっている」「左右の肩の高さが違っている」「肩甲骨の突出している」
「腰の高さの非対称だ」「前屈姿勢を後ろから見た時の肋骨や腰部の隆起している」

「胸郭が変形している」といった状態が、一般的には側弯症と呼ばれる症状です。

多くは、成長期の子供に発症しますが、自覚症状がほとんど無いのが特徴です。

本人も周りの人達も気が付かないことが多く、外見の変化が明らかに分かる頃には、
脊椎の変形が相当進んでしまっている場合もある様です。

 

 
★★ 側弯症の多くは、原因が明確でない「特発性側弯症」です。

側弯症になる原因には、神経・筋肉の病気・外傷・腫瘍 等、色々とありますが、
多くはその原因が明らかでない「特発性側弯症」といわれるものです。

脊椎におこる側弯症は、次のように「機能性側弯症」と「構築性側弯症」の、
二つに分類されております。

■「機能性側弯症」は、 生活習慣や姿勢の悪さから生じる側弯症のことです。
日常生活の中で、要因を取り除くことにより、改善される可能性があります。
・習慣性の不良姿勢によるもの(姿勢 等を注意することにより改善)
・腰椎椎間板ヘルニアなどの痛みによるもの(椎間板ヘルニアの治療で改善)
・骨盤の傾斜によるもの(脚長差・股関節の病気 等、靴の高さ調整で軽減)

■「構築性側弯症」は、所謂「特発性側弯症」のことで、症状の進行は防げません。
脊椎自体に異常があり、姿勢を変えても矯正できない側弯症で、この8~9割は、
現在でも原因が不明な「特発性側弯症」です。
・先天性側弯症
・外傷性側弯症
・脊椎側弯症
・脳性小児マヒによる側弯症
・神経疾患の合併症による側弯症
・その他の原因による側弯症
・成長時期の側弯症(乳児期側弯症・学童期側弯症・思春期側弯症)

 背中6 ★★ 元気な子どもの背中

 

 

★★ 側弯症の様々な原因について。

側弯症の原因には、姿勢不良・左右の脚の長短差 等が挙げられますが、問題なのは
この姿勢不良や脚の長短差がどうして起こってしまうかということです。

学校で、毎年行われている身体検査で、側弯症と診断された殆どの子どもに、

「外反母趾」「指上げ足(浮き指)」が見られるという事実があり調査したところ、
左右で歩き方や足の異常の差が著しい子供程、側弯症が顕著だった様です。

このことが、側弯症の最大原因だったのです。

左右の足の不安定度が異なると、踏張り方・歩き方に、違いが出てきます、それに
比例して骨盤に歪みも起こってしまうのです、この骨盤の歪みが、左右の足の長さ
の違いにもなってしまうのです。
骨盤の歪み・下肢の長短差の、根本原因はここにあったのです。

子供も大人も理由は同じで、足のバランスが狂うと、その狂いに対応しようと、
次々に上半身への狂いが生じて来るのです。