医者の診断で、側弯症と突然宣告され、驚いたことはありませんか、それに加え、

・突発的な、首筋の痛み。
・背中や腰に、痛みや違和感。
・仕事や勉強の、根気が続かない。
・疲れやすい、疲れがなかなか抜けない。

これらの辛い症状はありませんか、痛みを今すぐにでも治したいと思いませんか?

ここでは、側弯症で生じる痛みの症状について、詳しく説明しています。

 

 
★★ どうして側弯症になるのか、原因は何ですか?
 
側弯症の発症の原因は沢山あり、「先天性」や「遺伝性疾患」によるものなどの、
原因が分かっているものもありますが、然し全体の8割は、原因の分わからない、
「側弯症」であって、これを「特発性側湾症」といいます。

「特発性」とは、「原因がわからない」という意味で、「突発性」とは違います。
また、側弯症の遺伝については、側弯症が「遺伝」するというよりも、「患者の
体質が側弯症になりやすい」事から「遺伝」するものと考えられています。

「先天性」には、つぎのものがあります。
・出生時に、既にあった脊椎の異常による「先天性側弯症」
・中枢神経系統の、異常による「脳性麻痺」等
・結合組織の異常の「マルファン症候群」等
・筋肉の病気の「筋ジストロフィー」等
・遺伝子異常の「ダウン症候群」等

レントゲンで確認しても、異常が分からないですが、外見的に背骨が曲がっているように見えてしまうもので、こうした側弯症は治療の必要はありません。

「構築性側弯症」は、いわゆる「特発性側弯症」のことを言い、症状の進行を
防ぐことは、できません。

これに対し、経過観察や治療を必要とする側弯症を「機能性側弯症」といいます。

 

★★ 側弯症だと、どのような外見・症状になるものですか。

「側弯症」を一言で言ってしまえば、「背骨が曲がってしまう」症状のことです。

脊椎(背骨)が何らかの原因によって捻れ、側方に弯曲してしまいます。
しかも、ただ「背骨が曲がってしまう」だけでなく、それを原因として下記の様な
症状が見られるものです。

・うつ傾向にある。
・疲れやすい、疲れがとれない。
・背中や腰に、痛み違和感がある。
・長時間座っていると背中が痛くなる。
・仕事・勉強などの、根気が続かない。
・軟便・便秘などの、内臓トラブルが多い。
・脇の下の痺れなどの神経系トラブルが多い。
・少し無理すると、発作のように急に首が痛くなる。
・痛みがいつ出るかわからず、常に不安を抱えている。
・上を見上げたり、シャワーで頭を洗っている最中に、首に痛みがでる。
・何もせず寝ていれば痛みは軽減するが、無理・睡眠不足・不規則で再発する。

これらの症状に幾つか当てはまる場合、「側弯症」の可能性が高いと思われます。

さらにそれに加えて、以下の4つ点で、何れかに当てはまる場合は、側弯症である
可能性がさらに高まります。

・左肩、右肩の高さに差がある。
・ウエスト部分のラインが、左右で非対称になっている。
・左右の肩甲骨の高さ、左右の肩甲骨の出っ張りに差がある。
・前屈して、肋骨や腰の部分で左右一方に盛り上がりと、左右の高さに差がある。

残念ですが、不思議なことに、側弯症はこれだけ生活に支障を来すにも関わらず、多くの方が「自分が側弯症だ」と気付かないのが多いのです。

整体 ★★ 整体院で痛みの改善

 

★★ 痛みを和らげ、日常生活を楽しく過ごすには。

側弯症での治療を整体院でされる方は、背骨を真っ直ぐにしたいというより、
首や背中の痛みを取りたいという方が多い様です。

事実、首や背中の痛みは、筋肉が硬くなっていることで起きているため、整体での
筋肉全体へアプローチしていく施術で解消することが出来る様です。

これは、筋肉が硬くなっていることで、背中を引っ張って側弯していることが、
原因とされるので、その硬くなっている筋肉を柔らかくすれば可能になります。

但し、生まれつき背骨が変形があるような「先天性側弯症」や、他の病気による
側弯症の場合だと筋肉の問題ではないので、整体院でも改善は難しい様です。

以上の通り、原因であろう出来事と、それに沿った対応方法を取ることによって、例え、治療の困難な側弯症であっても、整体院での痛みの改善は見込める様です。