癌は、現在では、日本人死亡原因の第一位で、癌患者が年々増え続ける状況です。
進行すると、吐血したり血便が出るし、とても怖い病気と恐れられています。
然し、早期発見・早期治療をすれば、完治できる病気でもあるのです。

ここでは、癌と吐血の関係について、詳しく紹介しております。

 

 
◆◇◆  癌 と、がん との違いについて、説明します。

癌(がん)とは、自律性増殖を繰返しながら成長し続け、周囲の臓器を圧迫して、
害を及ぼしたり、正常細胞や隣接する臓器に、浸潤したり転移したりして、
他の正常な組織が、摂取しようとする栄養を、どんどんと吸収しながら、
次々と新しいがん組織をつくって行く、悪性の腫瘍です。

良性の腫瘍の場合は、自律性増殖はしますが、転移・浸潤はしません。

すべての臓器と組織には、基本的に、癌(がん)は発生します。

上皮性腫瘍の場合に、‟ 癌 ”と表現されるのが多く、‟ がん ”は、主に悪性腫瘍
全体を示すときに用いられます。
が発症する人は年々増え続け、現在では死亡原因の、第一位であり、
大変恐れられている病気です、進行すると、吐血や血便が出ることもあります。

然し、癌(がん)は、早期発見と早期治療さえすれば、完治可能な病気でもあり、
早期発見が出来るかは、健康診断といかに自覚症状に気づくことです。

 

 
◆◇◆  主な 癌(がん)の症状について。

癌(がん)の初期には、殆ど自覚症状は無いので、早期発見が難しい病気です。

‟胃癌(がん)”が進行した場合は、
腹痛・胸やけ・吐き気・嘔吐・もたれ・食欲不振 が現れ、更に進んだ場合は、
全身が衰弱して腹水がたまったり、吐血や下血が起こります。

他の臓器に移転してしまった場合には、低タンパク血症・脱水症状が現れて、
転移した臓器に障害がおこってきます。

大腸癌(がん)”が進行した場合に、
もっとも多い症状は血便です、便が細くなる・下痢・便秘・腹痛・貧血症状 等々
といった症状も現れてきます。

‟肺癌(がん)”の場合、
‟肺門癌”は早期から頑固なせきが出ますし、‟肺野癌”は、転移し進行すると、
激しく咳や血痰が出たり、声がかすれたりしてきます。

‟食道癌(がん)”が進行した場合には、
食べ物を飲み込むときに、しみ・痛みを感じたりしてきます。
さらに進行すると、痛み・咳・血痰・声のかすれ 等が起こります。

‟肝臓癌(がん)”が進行すると、
腹部や背中の痛み・食欲不振・貧血・微熱 等の症状が起こります。

肝臓の働きも悪くなりますので、黄疸・腹水 等の症状も現れ、吐血したり血便が
出ることもあります。

‟すい臓癌(がん)”の場合は、
進行しても特有の症状はありません、腹痛・背中の痛み・食欲不振・体重減少 等
他の病気やがんと同じような症状が出ます。
膵頭部に出来たがんが、大きくなって胆管を圧迫すると、胆汁の流れが悪くなり
黄疸が出ることがあります。

主ながんの症状については、異常のとおりです、参考になりましたでしょうか。

 

 
◆◇◆  癌(がん)に罹ってしまう、原因や環境要因について。

罹りやすい 癌(がん)の種類は、ここ数年で大きく変化しており、癌(がん)での、
罹患率や死亡率は、年々と増え続けております。

その原因には、ライフスタイルや食事内容の変化、 身体活動・生活環境・
環境汚染・医療の進歩 等々があげられており、高齢化も関係があると思われます。

癌(がん)に罹る、直接原因としては、嗜好食品や喫煙が、最も重要であります、
塩辛いもの・高脂肪質・アルコール類なども、問題視されておる現状です。

‟肝癌(がん)”の場合は、B型肝炎・C型肝炎の、ウイルスが重要となります。

遺伝や、癌(がん) に罹り易い体質についても、注目されていますが、
‟大腸癌(がん)”は、他の 癌(がん) に比べても、その傾向が 強い様です。

他の要因としては、肥満と運動・大気汚染・紫外線・食品添加物・感染・
ホルモンバランス・副作用・放射線 等々があるようです。

癌(がん) 予防の鉄則は、悪いと言われる原因を、出来る限り避けることであり、
発がん物質の生成を、抑制するといわれる、生野菜・果物・食物繊維の多い食品
・牛乳 等々を、多く摂取するような食事に心掛け、バランスの取れた、規則正しい
生活を続けることが大切です。

定期的な、癌(がん)検診で、早期発見・早期治療に心掛けることが最も重要です。