手首の骨折は、残念ながら大変不幸なことで、公私ともにとても不自由で、日常の生活に大きな支障があります。

こんな場合は、一刻でも早く直し、現状に復帰したいと誰もが思うものです、その復帰のためのリハビリなどその治療についてしらべました。

 

 頻度が高い怪我と言えば、手首骨折です

橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃくこつ)という二本の骨で出来ているのが手首です。

手首の関節は、この二本の骨がアーチ状になっていて、手首が上下左右に動くよう出来ております。

転んで手をついた時に多くみられるのが、手首の骨折で、橈骨が手首側で骨折することを「橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折」といい、手をついた時の向きにより、骨のずれる方向(手の甲側・掌側)が変わります。

骨のずれは、手の甲側にずれることが多く、手首が、食器のフォークを伏せて置いたような、変形が見られ腫れます。
症例は少ないですが、手のつき方によっては手のひら側にずれることもあります。

また、骨が弱くなっている高齢者の場合の「橈骨遠位端骨折」は、単純な折れ方ではなく、とても複雑な折れ方をする場合があります。

 

◆ 手首の骨折の治療について

手首骨折の治療法としては、「ギプス固定治療」と「手術的治療」があります。
この、選択については、
少しでも手術をしないで、不安定な骨折部分を安定させる方法があれば、「ギプス固定治療」が患者さんに対しては負担も少なく、有効な治療になると考えられます。

固定療法での治療に可能性がある限りは、手術療法と言うのではなく、患者に負担のかからない「ギプス固定治療」を選択して、治療を進めることが大切なことだと思います。

 

◆ 手首の骨折の治療後のリハビリについて

手術をする、しない、に関わらず、ギプスなどによって手首を固定していると、手首の動きが硬くなったり、力が弱くなりますから、ギブス内で力を入れる訓練をし無くてはなりません。

ギプスが外れたらリハビリを開始ます。手首という大事な所ですから、できる限り痛みを残さない、動きが悪くならない、力が弱くならないように治療してゆきます。
具体的なリハビリとは、
手首に限らず骨折の治療は、患部を長期間固定して行いますので、その結果として患部の周辺の筋肉が衰え、固定していて動かせない関節部分も硬直してきます。

つまり、リハビリによって治すのは骨自体ではなく、骨折治療によって衰えた筋肉や固まってしまった関節を、もとの状態に戻すことがりはびりの本来の目的となります。

よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリによって骨を強くするのだと勘違いされる方もいらっしゃいますが、そうではなく、骨折後のリハビリによって、骨折した周辺筋肉と関節機能を元の状態回復させるのであることをご理解下さい。