手は、スポーツをしたり、遊んでいて転んだりして、ひねったり(捻ったり)、くじいたり(挫いたり)することが多いものです。

日常生活の中で、手首はよく使うし、使わないことにはいかない場所でもあり、手首を捻挫してしまうと、日常生活をするうえで、制限されることが多くなり、非常に不便になってしまいます。

捻挫したときは応急処置を行いますが、軽い捻挫だろうと思っても手首は、骨と靱帯が複雑に構成されていますので、整形外科や接骨院に行くことが、治療の長期化を防止する意味で大切なことです。

手首の捻挫は、やっかいな怪我で、外見上は軽症とは見えても、骨折をしている可能性も高いので、接骨院だけではなく、最初は必ず整形外科に通院して、レントゲンを撮撮り診断を仰ぐ必要があります。

「ひねった」てしまったら、その「ひねった」箇所を動かないよう固定して、安静にしておく必要がありますが、手首は、日常生活上どうしても使うことは多くなりがちで、捻挫が完治していないうちに、無理をしてしまうと、同じ箇所を、また痛めてしまう可能性がありますので、無理をしないような工夫と努力をすることが大切です。

 

◆ 手首を「ひねった」・・・その時の症状は

「ひねった」程度によって、症状の強弱や出方は変わってきますが、「痛み」「腫れ」「内出血」などが、手首の捻挫の主な症状です。

「痛む症状」
捻挫をすると、本来の動きをするときに痛みが走り、時間が経つにつれて痛みは増してくるのは危険信号です。

これは、「ひねって」痛めた関節が、本来の機能を失っているために起きるもので、特に、捻挫の原因となった時と同じような向きに捻ったり、捻挫で損傷した靱帯部位を、押したりしたときにも痛みは走ります。

出来るだけ動かさないように、「ひねった」部位を固定しながら、すぐに病院に向かいましょう。

「腫れる症状」
捻挫をした手首が腫れることは、よくあります、左右を見比べてみて、明らかに「ひねった」方が腫れている場合は要注意です。

これは、捻挫のほとんどのケースであって、関節包靱帯を損傷しているからためです、関節包靱帯の内面にある滑膜層が、炎症を起こして腫れてしまうのです。

腫れの発症を起こす成分は、滑膜層から分泌される液状の物質で、関節の可動範囲を狭めたり、痛みを引き起こしたりします。この時の腫れの治療が不適切だったりすると、腫れが慢性化して関節軟骨の変形に繋がることもあるので注意が必要です。

「ひねって」から、時間が経つほど症状が悪化する場合は、必ず専門の医療機関を受診することです。接骨院や整骨院はレントゲンなどの検査が出来ないので、はじめに受診するのは整形外科医院にすることです。

「内出血の症状」
「ひねった」程度が酷い捻挫の場合は、内出血が起こります。関節包靱帯や側副靱帯などが断裂して、そこから内出血をしてしまうのです。

内出血を起こしているときは、捻挫個所が青黒くなり、皮下出血班が広がっているので、目視で簡単に確認できますから、内出血を起こしているのを確認したら、きちんと固定する必要があります。

この固定するのを怠たると、関節が動くたびに傷口が開き、靱帯の再生を妨げ、関節の修復にも時間を要することになりますので十分な注意が必要です。

 

◆ 「ひねった」手首・・・その応急処置は 

熱をもっているのは、患部が炎症を引き起こしている証拠ですので、放置せずに応急処置を施す必要があります。
『応急処置が適切で、早かったので、怪我が軽く済んだ』というケースは数多く見られるので、適切な応急処置で、捻挫が悪化するを防止しましょう。

「ひねった」時の応急処置の原則は、手首だけではなく、捻挫全てについて同じです。R(安静)・I(冷却)・C(圧迫)・E(拳上)の4原則が基本になってきます。 手首に特化した情報を加えながら、説明したいと思います。

・R(安静)
机のように腕の体重を預けられる所で、安静にできる姿勢を取りましょう。この時に氷水を入れた袋を準備しておきます、氷嚢があるとベストです。

・I(冷却)
捻挫は炎症なので、アイシングをすることです。

良く間違えていることは、、コールドスプレーだけで対処してしまうことです。コールドスプレーは一瞬しか表面しか冷やせないので、必ず氷水の入った袋でしっかりと冷やしましょう。
「氷」ではなく、必ず、氷の入った「氷水」であることを間違得ないでください。0℃であることが絶対条件で、冷たくし過ぎは、良くないからです。

・C(圧迫)
最低でも20分以上は「氷水」で冷やしながら、病院に向かうと良いでしょう。

その際は、ハンカチなどの柔らかい布をあてて、その上からきつく巻き過ぎないように包帯を巻くとベストです。

・E(拳上)
患部は、心臓より上に保ち、血液が患部にいかないようすることが大切です。

手は普段、下におろしていることは多いので、ついつい下ろしたくなってしまいますが、内出血を防ぐためにも心臓より上に保って置く様に注意しましょう。