手荒れが酷くて、いつもお悩みを抱えている方が多いなかで、手が荒れたときは、ハンドクリームが唯一の対応策となります。

半面「手マネキン」と言われ、綺麗な手をお持ちの職業の方も居られます、
この様な方は、どんなバンドクリームをお使いなのでしょうか、

手荒れ用のハンドクリームは、何でもいいというわけではありません。
ご本人の体質と合うものを選ばなくては、効果が出ないどころかかえっても、
悪化する可能性すらあります。

ここでは、ハンドクリーム選びのヒントは何かについて、詳しく説明します。

  ハンドクリーム  ☆★ ハンドクリーム

 
☆★ 手荒れの敵は、乾燥が一番です。

手荒れの一番の原因は、皮膚のバリア機能がボロボロになってしまい、
肌の水分が無くなってしまう、乾燥が一番の敵なのです。

その乾燥を防ぐために、皆さんハンドクリームをお使いの事と思いますが、
ハンドクリームは、どれでもいいという訳ではありません。

一般的なハンドクリームは、すごくベタベタする感じです、
ベタベタは油分中心のクリームで、ただ手をコーティングしているだけなのです。

手荒れ予防は、コーティングだけではなく、保湿も物凄く大切ですので、
保湿効果のあるハンドクリームを選ばなければなりません、
顔への化粧と同じと考えてください。

一口にハンドクリームとは言っても、用途別に様々な種類のものがあります。

単純に荒れてしまった手の、皮脂の代わりをするためのものから、
ひび割れ・出血に対応した、薬効入りのもの、
かゆみ止め・鎮痛剤入りのものもあり、要と別にねらぶ必要があります。

確かに、用途別となってはおりますが、最も重要なのは、皮膚との相性です。

一人一人、人の皮膚には違いがあり、誰にでも合うという万能のクリームは
存在しません。
下手すると逆効果で、アレルギーが出てしまうことすら、あるかもしれません。

当初は、ハンドクリームなんか気休めだと、半信半疑でいたのに、
つけて、手荒れが解消したというようなものに、巡り会えたら最高です。

反面、幾らつけても全然効果がないとか、むしろ痒くなってしまったいうものは、
相性が良くない訳ですから、即時に使うのをやめて下さい。

基本的に何が合っているのかは、使ってみなければ解らないのですが、
お店の方に相談すれば、ある程度は相性にあったものをの選別はできます。

とりあえずは、使ってみることが、最適なハンドクリーム選択の唯一の道です。