低血糖の発作が出た場合の対応としましては、

「動悸」「発汗」などの、明らかな低血糖症状がある場合には、

早急に糖質をジュースやペットシュガーなどで糖分を摂取します。

 

軽度の低血糖が疑われる様な場合には、

自分で血糖値の測定を行っている方であれば、

まず、血糖を測り血糖値が低くなっておれば補食します。

 

意識を消失した場合には、

ブドウ糖の注射が必要ですので、通院しなければなりません。

 薬4

  

□■ 低血糖時の対応は、「糖質を摂って安静にする」

 低血糖になってしまった時は、「糖質を摂って安静にする」、

これが基本ですが、「低血糖発作はどんな症状か」を、

知って置くことが大切です。

 

軽いものであれば「生あくび」や「空腹感」程度の症状ですが、

重くなってしまうと「麻痺」「こん睡」場合によっては、

「死」に至ってしまうこともあり、決して侮れない病気なのです。

 

低血糖症状は、個人個人起こり方に法則がありますので、

具体的には、自分の低血糖症状・法則を知っておく必要があり、

処置の仕方も違ってきます。

 

それに加えて、血糖値は低くはなっていなくても、

高血糖からの血糖降下で、低血糖症状が現れることもありまので、

血糖値だけで判断できない事も、理解して置く必要があるのです。

 

 

□■ 低血糖の症状が、発症する要因について学習します。

 処置説明の前に、どんな時に低血糖が起こるかを調べてみました、

是非、下記を参考にしておいて下さい。

 

それでは、どんな時に低血糖が起こるのでしょうか?

 

◆食事量が少なかったとき

◆食事時間が遅れてしまったとき

◆食事をとらず、アルコールばかり飲んでいたとき

◆下痢・嘔吐がひどいとき

◆空腹時やインスリンの効果が強い時間帯に

ハードな運動を行ったとき。

◆解熱剤・鎮静剤などの、インスリンの作用を増強する

薬を飲んでいたとき。

◆インスリン量が多すぎるとき

◆勝手にインスリン量を増やしたとき

 

軽い低血糖の症状としては「生あくび」や「空腹感」ですが、

重い低血糖の症状は「麻痺」や「こん睡」場合によっては、

「死」に至ることもあり、決して侮れない甘く見てはいけない、

「低血糖」と言う病気であるのです。

 

腹痛4

  

 

□■ 低血糖の発作時の処置について詳しく学習します。

低血糖の症状は、個人個人起こり方に法則があります、

自分の低血糖症状・法則を、具体的に知っておく必要があり、

それに応じて、処置の仕方も違います。

 

また、血糖値それ自体が低くはないものとしても、

高血糖からの血糖降下で、低血糖症状が現れることもありまので、血糖値だけでは判断できない事も、知って置く必要があるのです。

 

さて、其の発作が起きたの場合の処置としては、

発汗や動悸など明らかな低血糖症状がある場合には、

有無を言わさず、即 糖質を摂取しなければなりません。

 

軽度の低血糖で、自己血糖測定を行っている方は、

まず血糖を測り状態を数理で確認する事です。

 

血糖値が低いのであれば補食をし、意識を消失した場合には、

ブドウ糖の注射が必要ですので医者に行かなければなりません。

 

さらに、外出先で、低血糖発作が意識障害を起こした時に備え、

自分が糖尿病であること・氏名・自宅住所・主治医の連絡先を、

記したIDカードを、常時携帯しておきましょう。

 

いざという時に、必ず役に立ちますので、

どうぞ、主治医に相談して入手しておきましょう。

 

 ◆◇ こちらもどうぞご覧ください。

http://www.byoukiness.com/hossa/