正しい洗髪方法として、大まかな5つの洗髪の手順が有ります、そのポイントを紹介します。

特にシャンプー選びには気遣いが必要です、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶことが重要です。

生活に欠かせない洗髪にも関わらず、その洗髪の手順をよく知らない人が多いです。
基本的な洗髪の手順・方法をここでは学んで頂きたいと思います。

 

◆◇ 正しい洗髪方法 大まかな5つの手順とそのポイント

洗髪の手順とは言っても、こうでなければればいけないと言う決まりが有るわけではないですが、効果的な洗髪のためには基本的な手順を知って置くことが必要でしょう。
その基本を知った上で自分なりにあなたの好きな方法でもかまいません。

①予洗い…シャワーで頭皮を濡らします(最低1分)この段階で8割方の汚れは落ちるそうです。
②シャンプー…量は5百円玉程度の大きさが適量です。軽く泡立ててから洗うのがコツです。
③洗髪…髪の毛ではなく頭皮をしっかり洗います。指先の腹を使います、爪を立てる方法はは絶対禁止です。
④すすぎ…すすぎは1分半程度が目安です。つい手を抜く人が多いので注意してください。また、すすぎすぎも良くありません。
⑤乾燥…ドライヤーを頭から20cmくらい離して髪全体を乾かします。髪を濡れたまま放置しないこと、完全に乾かしすぎ無いこと。

 

◆◇ シャンプー選びのコツは

「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。 やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。

もう一つ、自分の頭皮の状態を知り、その状態によってシャンプーを選ぶこと正しい洗髪の仕方には重要です。

基本的には次の3点を基本に選ぶことをお勧めします。

①、頭皮が乾燥している、潤いがない人向けには
頭皮が乾燥しやすい方は要注意です。頭皮から潤いが失われると髪が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまいます。
また、特に冬場で外気が乾燥していたり、夏でもクーラーなどで乾燥しているとより一層頭皮は乾燥します。
頭皮が乾燥していてもシャンプーすることで汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用するとますます頭皮は乾燥しやすくなります。

②、頭皮が脂でベタベタ、固まりが出来る人向けには
頭皮が脂の分泌過剰でベタベタであったり、頭皮をこすると脂の固まりが取れる、というような方は、まず頭皮の脂を落とすことが重要です。
シャンプー選びの際は「洗浄力が強いこと」、それでいて「頭皮に優しいこと」を条件に選ぶ必要があります。

③、頭皮の状態に特に問題がない人向けには</p>
頭皮の脂の分泌量に問題ない人は、頭皮を清潔にして髪が生えてきやすい環境を作ることが大切です。
育毛剤選びも重要ですが、毎日使うシャンプー選びも重要。汚れを落とさなければいけませんが、刺激の強いシャンプーを使用すると頭皮はダメージを受けてしまいます。

すなわち、個々人の頭皮の状態に最適なシャンプーを選ぶべきで、家族共通ではないことを知るべきです。

特に何でも良いとする中年以上の男性には注意が必要でしょう。