清潔感の維持には、欠くことのできない洗髪、洗髪に適度な温度をご存知でしょうか。洗髪の手順とともに、温度の管理は洗髪の大切な要素です。
洗髪温度は必ず適温に守って欲しいものです。特に老人の方には確り管理してほしいものです。

適温より高くても低くても、洗髪効果が無いばかりではなく、頭皮の老化などの弊害が生じます。

 

◆◇ 洗髪の適度な温度について

清潔感を維持するに欠くことのできない洗髪、はご存知でしょうか、まさか水では洗ってはいないと思いますが、意外と適温を知らない方が多いようです。

ここではその洗髪の適度な温度について学んで頂きたいと思います。

洗髪温度は、35度以上42度以内が適温です、特に老人の方には確り管理してほしいものです。
但し、お湯の温度はシャワー本体の『温度設定』の『目盛』はあてになりませんから、正確な温度設定が出来ません・・・必ず自分自身の肌で確かめて下さい。

・・高温の場合のマイナス
皮脂同士は非常に癒着し易く、空気酸化も起し易いです、お湯の温度が高い方が、皮脂が乳化し取れ易いのは事実ですが、肌が老化しては意味が有りませんし、酸化皮脂膜はお湯は高温度でも取れません。
42度以上の温度で洗髪すると、毛穴が開く状態になります。

『毛穴が開いた』部分の肌を見ると、一見丈夫そうな毛穴の様に見えますが、実際は老化した肌なのです。

老化ですから脱毛の症状が出始めます、脱毛は早い方で3ヶ月、遅い方で2年以内に『毛穴が開いた』部分が脱毛するといわれますので注意が必要です。

・・低温の場合のマイナス

逆に温度が低すぎる(35度以下)で洗髪しますと、酸化皮脂膜や排気ガス等の外的汚れが完全に除去されず、頭皮はオイル焼けに…髪の汚れが『落ち損ない』になります。

 

◆◇ 洗髪の正しい方法について

参考に、正しい洗髪方法として、大まかな5つの手順とそのポイントはいかのとおりです

①予洗い…シャワーで頭皮を濡らします(最低1分)この段階で8割方の汚れは落ちるそうです。
②シャンプー…量は5百円玉程度の大きさが適量です。軽く泡立ててから洗うのがコツです。
③洗髪…髪の毛ではなく頭皮をしっかり洗います。指先の腹を使います、爪を立てる方法はは絶対禁止です。
④すすぎ…すすぎは1分半程度が目安です。つい手を抜く人が多いので注意してください。また、すすぎすぎも良くありません。
⑤乾燥…ドライヤーを頭から20cmくらい離して髪全体を乾かします。髪を濡れたまま放置しないこと、完全に乾かしすぎ無いこと。