日常生活に置いて絶対欠かせないものの一つに洗髪があります。ここでは洗髪の時間について説明したいと思います。
時間にも二つが有ります、洗髪にかける時間・洗髪の時間帯の二つです。

結論は朝シャンは避け、夕方から22時頃の時間帯にに、5分以上の時間をかけて洗髪することが効果のある洗髪時間と言えるでしょう。

日常生活に置いて絶対欠かせないものの一つに洗髪がある。
然しながら正しい洗髪の方法がよく知らない読者が多い、正しい洗髪の仕方・時間・シャンプーなどを、ここでは学んで頂きたいと思います。

 

◇◆ 洗髪の仕方と時間について

シャンプーなどとは言っても、こうしなければいけないと言う、決まりが有るわけではないので、基本的には読者の好きな方法でもかまわないのですが、より効果のある洗髪とするためには、やはり「やるべき事」「やってはいけない事」を知って置くことが大切と思います。
其の事を念頭に入れてお読みくだされば幸いです。

・・・まずは洗髪にかける時間について

洗髪時間は、5分以上が理想です。

洗髪の第一は、お湯でしっかり「事前洗い」をし、次にシャンプーでよく洗い、場合によっては2度洗いします。

その後しっかりとすすぎ、タオルドライ・乾燥となります。丁寧に乾かすことも洗髪における重要な要素です。
特に夏場は、自然乾燥にまかせこれが意外とおろそかにされている方が多いのではありませんか。

濡れたままの紙を長時間放って置くと雑菌が住み着いてしまうことになりますので、せっかくの洗髪も無駄となってしまうことを忘れないでください。
洗髪時間と同時に、シャンプー選びも正しい洗髪にとって重要です。

シャンプー選びのコツは、「頭皮をキレイに出来ること」と「頭皮に負担をかけないこと」です。
やはり高級アルコール系ではなくアミノ酸系がよいでしょう。
・・・次に洗髪をする時間帯について

「朝シャン」は、朝の時間帯に洗髪すること、この言葉が使われ出したのは80年代後半です、特に女性では今でも朝にシャンプーする人が結構します。

確かに、学校や職場で女性の髪から、シャンプーの良い香りがするのは悪い気はしませんねし、高印象を与えることでしょう。
しかし頭皮にとっては朝シャンはよくないのです。

それは、髪が最も成長する時間帯は10時から14時の間といわれています。
髪が成長するこの時間帯は頭皮環境が整っていません、毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態では、毛根に十分な栄養分が届かず、成長を邪魔します。

いくら育毛剤や発毛剤をつけていたとしても、土壌が整っていないこの時間に洗髪しても全く意味がないのです。

さらに朝の時間に洗髪をすることで、皮脂が全て取り除かれてしまった状態で紫外線に頭皮がさらししまいます。
適度な皮脂で髪の毛をコーティングして、守らるべき状態もくずしてしまうというもう一つの悪条件を引き起こします。

髪を洗う理想的な時間帯は午後10時までに洗うことなのです。