背骨の「ずれ」は、その神経に沿って、頭・首・背中・手足に「痛み」・「しびれ」を引き起こします。

首の骨(頸椎)の「ずれ」が原因で、首の痛みだけではなく、「頭痛」や「めまい」を引き起こすこともあり、また、肩や手に「コリ」や「しびれ」も起きます。

背中の骨(胸椎)の「ずれ」は、胸郭・肋骨・胸の痛みを引き起こし、猫背・側弯症・悪い姿勢の原因となり、もし、原因のわからない胸部・肺部・心臓部に痛みがあり場合は、背骨の「ずれ」によることが多いです。

腰の骨(腰椎)の「ずれ」は、よくある「腰痛」や「ギックリ腰」の原因となっており、「ずれ」をそのまま方っておくと、知らぬ間に背中や足の筋肉が弱くなり、「腰痛」「ギックリ腰」になってしまうのです。を起こします。

坐骨神経痛と呼ばれる、足の「しびれ」は、腰の骨が「ずれ」から起きているのですし、「椎間板ヘルニア」も腰の骨の「ずれ」の長期の放置が原因となっています。

ここでは、背骨の「ずれ」が引き起こす、「脊椎分離症」や「脊椎すべり症」について、紹介したいと思います。

 

■□ 脊椎の基本構造を理解しよう。

「ずれ」のない健常な背骨は、1つ1つの椎骨がきちんと積み重ねられた状態になっています。
椎骨の前側(腹側)には円柱状の椎体があり、その後ろ側(背側)には椎弓と椎弓根のほか、上関節突起、下関節突起、棘突起、横突起と言った突起があります。

そして、この椎骨は、椎間板・靭帯・椎間関節でつながっており、これが背骨の基本的な構造であります。

 

■□ 脊椎分離症・脊椎すべり症の症状

身体に、次の症状が現れた場合は、「脊椎分離症」や「脊椎すべり症」でしょう、但し、まったく症状が現れない、脊椎分離もも良くありますので、注意が必要です。。

・腰 痛
この腰痛は、どちらにでも現れる症状で、多くは慢性腰痛で、腰の周囲に鈍痛が生てきます。
長時間の立ち作業り・同姿勢の座り作業・歩き続けたり、重労働を行ったりした場合に、痛みがひどくなる様です。

・下肢の痛み、しびれ
脊椎分離症は、椎骨がすべることで、脊髄から枝分かれする神経の神経根に刺激が加わるようになります。
脊椎すべり症は、疲労骨折で分離した部位が肥厚することで神経根を刺赦します。

・間欠性跛行
椎体の後方には、神経の通っている脊柱管があります、脊椎のすべりが大きくなると、脊柱管狭窄が起こり、下肢を支配している神経が圧迫され、間欠性跛行が起こります。
これは、ある程度の、距離を歩くと脚が動かなくなり、座って休んでいると、また歩けるようになる症状です、間欠性跛行に伴って「会陰部の不快感、膀胱障害、直腸障害」などが現れることもあります。

・脊柱の変形
腰椎には、もともと前弯(自然な前方凸のカーブ)であるのですが、脊椎すべり症になると、椎骨がすべるためにこの反りが強くなります。
さらにひどくなった場合には、脊柱が階段状に変形してしまうこともあります。

 

■□ 「脊椎分離症」について

腰部の椎間関節の、上関節突起と下関節突起の間に、分離が起こる病気が「脊椎分離症」です。

この、分離される原因は、生まれつき分離している人も、稀にあるのですが、ほとんどは子どもの頃、スポーツなどで長期間繰り返し負荷掛けた結果に起こる「疲労骨折」と考えられています。
少年期からスポ少やクラブ活動などで、熱心に活動しすぎた経験がある、という方には多く見られます。

脊椎分離症は日本での、発生頻度は4~7%、ですが、エスキモーの人達では、27%にもなるそうで、何らかの先天的要因が関係しているとも考えられています。

 
■□ 「脊椎すべり症」について

「脊椎すべり症」は、脊椎の分離が原因の「分離すべり症」と、老化の変性が原因の「変性すべり症」と、先天的な骨の形成不全が原因「先天性すべり症」の3つがあります。

正常な身体なら、脊椎がはきちんと積み重ねられた状態になっていますが、前方あるいは後方へ「ずれ」を起こしてしまうのが「脊椎すべり症」です。

背骨には自然な弯曲があるのですが、何らかの原因により支えが弱くなると、椎骨のすべりが生じます。
特に、第4腰椎と第5腰椎が、すべりやすく「ずれ」の起こる場所と、いわれておりますので、この腰椎ののすべりには、特に注意が必要でしょう。