背中を、真っ直ぐ伸ばして姿勢を正す、たったこれだけで、身長を高くすることができるのです。

「あともう少し身長を伸ばしたい?」「あともう少し背が高ければ?」等と悩んだことはありませんか? あるいは、「もう身長は伸びないだろう…」と諦めてしまいますか?

牛乳を飲んでカルシウム? 成長が止まった現在の貴方に、カルシウムは骨には良くとも、身長伸びることはありません、成人を過ぎると、骨の成長は、ほとんど止まってしまいます。なので、

然し、人には数センチの「隠れ身長」があるのはご存知ですか? 普段の姿勢の悪さで、身体が縮まってしまい、隠れている身長の事です!

例えば「猫背」であれば、背筋を少し伸ばすだけで目線が上がり、身長は確実に数センチですが高くなりますし、「反り腰」であれば、お腹を引っ込めて、背骨を真っ直ぐに姿勢を良くするだけで身長は確実に高くなるはずです。

イスに座って長時間、猫背ままでのデスクワークで、背骨を曲げてしまってる人も多いです、自分では猫背とは気づいていない人も多いです。

そんな方は、以下に紹介する簡単な5つのストレッチを、毎日継続して実践してみて下さい、「隠れ身長」を実際の身長に変えるのに役立つはずです。

 
■□ 「背中」のストレッチ

「猫背」の悪い姿勢で、縮んだ背中の筋肉を、伸ばして緩めるストレッチです。

方法は、両手・両膝を床について、四つ這いになります。
両手は肩の真下、両膝は股関節の真下に来るようにします。そこから両手と両膝で床を押すようにお腹をへこませて背中を丸めて下さい。

猫の背伸びと同じで、背骨を曲げて背中全体をストレッチしするのです。呼吸をしながら、何回かゆっくりと繰り返して行ってください

 
■□ 「もも裏の筋肉」のストレッチ

骨盤から繋がっている筋肉を伸ばして、背筋を真っ直ぐにするストレッチです。

方法は、胸を張って床に座り、背筋を伸ばします。次に、臍を膝に近づけるように前傾し、両手で足の爪先を持ちます。
ももの裏の筋肉が、伸ばされてるなぁと感じたところで、それを数秒間キープします。

ポイントは、上体を倒す時に、猫背にならないように注意ながら、反動は付けず、ゆっくりと行うことです。

 
■□ 「股関節の筋肉」のストレッチ

身体の前についている、股関節の筋肉が縮まっている「反り腰」の場合の、股関節の筋肉のストレッチです。

方法は、両足を前後に大きく開いて、後足を床に着けます。前足の膝を、90°位に曲げて、体重を真下にかけながら、後ろ足を伸ばして股関節を前後に開きます。
前足の方の、股関節の付け根の筋肉が、伸びているなぁ感じたところで、数秒間のキープです。

これを、左右両方行います。ポイントは、反動は付けずに、深い呼吸をしながら、ゆっくりと行う事です。

 
■□ 「ぶら下がり」のストレッチ

ついた名前の通り、「鉄棒」や「うんてい」などにぶら下がるストレッチです。

自分の体重を利用して、背骨を伸ばして、身体を真っ直ぐに戻す事が出来きるので、効果抜群です。
かなりスッキリした、気持ちになりますので、人目を気にせず、公園や学校の校庭で、是非実施してださい。

 
■□ 「バランスボール」でのストレッチ

大きめのバランスボールを使います。ボールの傾斜を利用しながらゆっくり仰向きで乗ります、両足はしっかり床に着けてバランスをとります。

可能ならば、両手を頭上に伸ばし、背中全体のストレッチをします。
かなり背骨を反らしますので「猫背」で背骨が硬くなった方には、かなり苦しい態勢の、ストレッチかもしれませんので、様子を見ながら、上手に加減をして実施してください。

バランスが取れない、背中が痛くて伸ばせないという方も居られるかもしれません、その場合は、敷布団などを、丸めて「かまぼこ状」にした物の上に、仰向けに寝転ぶのも良いかもしれません。