筋肉疲労や筋肉痛は、背中の痛みを引き起こす原因であることは、すでにご存じのことと思います。

じつは、筋肉痛・筋肉疲労だけが、背中の痛みを引き起こす原因ではありません、他にも、骨の異常・内臓疾患 等、原因として考えられる、あまり良く理解されてない、病気や疾患があるのです。

背骨や身体の「ゆがみ」・胃・肝臓・腸・椎間板ヘルニアなどなど、背中の痛みの原因は、多種多様、実に様々考えられます。

ここでは、背中や背骨の痛みを引き起こす、原因として考えられる、主な病気の症状について、纏めてみましたので以下に紹介します。

 

■□ 単純ではない、背中の痛みと背骨への影響

背中の痛みの症状で、内臓原因による痛みが、一番怖いのはですが、背骨を中心に左右の痛みによっても、その原因が大きく違いことです。

例えば、右側にが痛みの症状がある場合には、肝臓ガン・肝炎・胆石症・胆嚢ガン・胆嚢炎・十二指腸潰瘍・腎臓結石 の病気が原因であることが考えられます。
逆に、左側が痛いと感じた場合に、疑うのが、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・急性膵臓炎・慢性膵臓炎・狭心症 などの病気が原因と考えられます。

左右いずれの背中が痛くても、その痛みを発信するのは、危険なシグナルと警戒・行動を起こす必要が出てきるのです。
単純に分ければ、右は肝臓、左は心臓 を中心に疑念を抱いてみることです。

以下、詳しくまとめてみました。

 

■□ 筋肉疲労による、筋肉痛

背中が痛むことの原因の一つとして、一番多くみられるのが、「筋肉疲労」による、背中の「こり」や「筋肉痛」です。
この場合、背骨が痛むということは、まずありません。

様々な要因によって、緊張したり、負荷がかかることで、背中の筋肉は疲労し、その「筋肉疲労」が蓄積することで、背中にコリや痛みの症状が現れてきます。

背中の筋肉を疲労させる要因としては、
「背筋運動」「悪い姿勢」、肩こりや腰痛に伴う背中の筋肉の「負担増」や「姿勢の崩れ」、「長時間の同姿勢での緊張」などがあります。

、痛みの症状や強さも様々であり、時には、寝返りもうてないほどの、激痛を感じることもあるようです。

一時的な疲労による、急性なものであったり、慢性的で数年に亘るようなものまで、色々とあるのです。

 

■□ 歪み・ズレのある、背骨の異常

背骨の「ズレ」や「歪み」によっても、当然に背中の痛みは、引き起こります。

これは、背骨や首の骨の変形が原因で、背中の神経や血管が圧迫され、痛みを感じるもので、肋骨や背骨にひびがはいったり、骨折したりして、背中が痛みます。

その病気としては、椎間板ヘルニア・頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症 等々があげられます。

また、大きな事故などで、頭・腹・腰・尻・手足 等々 背中以外のところに、衝撃を受けたり、打撲や捻挫をしたりして、身体に歪みが生じ、その歪みから背中の痛みにつながことも多く見られます。

 

■□ 背中の痛むことのある、内臓疾患

背中の筋肉・背骨には、直接損傷・ダメージが無くても、背中が痛みを感じることが良くあるものです。

この場合の痛みの原因として考えられるのが、「内臓器官の疲れ」や「内臓疾患」によるものです。

この病気としては、胸膜炎・肺炎・狭心症・心筋梗塞・腎結石・尿管結石・胃潰瘍・十二指腸潰瘍 等々があげられます。

 

■□ 首の筋肉・腱・筋 などの、捻挫・炎症

「むち打ち症」「寝違え」「筋違い」といった、首周りの筋肉・腱・筋 などに、捻挫・炎症が発症した場合にも、背中の痛みは良く起こります。

これらは、首だけの痛みではなく、首から背中の上部にかけて痛むことがありますが、背骨に痛みを感じることは有りません。