肋間神経痛になった場合、この治療期間はどのくらいなのか、気になります。
その答えは、個人差が大きくて、はっきり断定することは難しいです。

ここでは、肋間神経痛の治療に要する期間について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛は、治療期間の目安はありますか。
肋間神経痛が、治るまでに要する、治療期間はどのくらいなのか。
そもそも、肋間神経痛自体にも、様々な症状の出方をするねで、難しい質問です。

普通、2週間位を目安に、痛み止め・抗炎症剤の貼り薬・飲み薬を使ったり、
注射をするのが、一般的な取り敢えずの治療法です。

この、治療法で、患者の身体に合うか合わないか、まずは試して見るのです。
2週間経ってから、病院を再診して、薬を増量したり、変更したりします。

一旦は治っとしても、冬の寒い季節になると、毎年ぶり返す人もいますし、
きっかけらしいきっかけがなかった人は、治療期間が、2週間以上たっても、
はっきりしない、傾向にあります。

まずは、治療期間の目安は、2週間と自分として考えて置いてください。

帯状疱疹ウイルスの場合は、あくまで目安なのですが、痛みのピークは、
帯状疱疹が出た2週間後、一ヶ月後には大体治っていることが多いようです。

帯状疱疹が治ったとしても、痛みだけは残っているということもあります。
肋骨骨折なども、骨折の部分が治っても、肋間神経痛が残る場合もあるので、
はっきりとは言いきれません。

原発性肋間神経痛の場合は、特に原因がはっきりしないので、
短期間で治る場合もありますが、何十年も症状が、出たり出なかったりという、
人も居るようです。

治療期間を云々するよりも、どうしたら治るかと、考えてみては同でしょう。

 

 

★◇★ 肋間神経痛の予防は、ストレスを溜めないこと

肋間神経痛として多いのが、原因がはっきりしない、原発性肋間神経痛です。

ここで言う原因不明というものは、レントゲン・CT・MR 等で検査しても、
肋骨骨折も、神経にも、異常が無いと言うという場合です。

体の異常が無いものの、肋間神経痛の症状は出ている・・・?
ここで、考えられることは、原因は、ストレスと・・・?と言うことになります。

肋間神経痛と言うものは、一度掛かってしまうと、治せば、完全に治るという、
ものではない場合が多く、永く痛みと上手に付き合っていく人が多い様です。

特に、ストレスが原因となる場合、ちょっとした疲れで、ストレスが溜まって、
くると、肋間神経痛の症状が現れるようになってしまうことが多いです。

ですから、肋間神経痛になる前の予防として、ストレスを溜めない生活をする、
習慣を身に着けることです。

人それぞれ、ストレス解消法には、違いがあると思いますので、
自分独自の、ストレス解消法・気分転換法を、見い出すことが必要です。

肋間神経痛に、ならない為にも、適度な気分転換をするなどして、

ストレスを溜めないように心がけて置きたいものです。