肋間神経痛とは、何らかの原因で、肋骨に沿って走る神経が痛む症状のことで、
あくまで症状のことで、病名では有りません。

ここでは、肋間神経痛の症状になる、様々な原因について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛の、症状になる原因は、不明なものが多いです

何の前触れもなく、突然に訪れる肋間神経痛、その原因とは一体何でしょう。

肋間神経痛とは、肋骨に沿った痛みを指して呼ぶ、神経痛の一種です。
簡単に言いますと、神経の圧迫による神経痛が、肋間神経痛であるのです。

原因は、とても様々であり、素人判断では、中々解るものでは無いので、
必ず、医療機関で、検査・診察をして、確認するようにしなければなりません。

何故かと言いますと、素人判断してしまうと、そこに潜む原因に重い病気が、
肋間神経痛を発症している可能性が考えられるからです。

原因の中には、感染症によるものや、腫瘍とか心臓病に係わる関連痛も、
発症してしまう恐れお考えられるからです。

肋間神経痛は脊髄神経が、圧迫されている状態で、初めて痛みが伴います。
神経を圧迫する可能性がある要因は以下の種類ですので、参考にして下さい。

・・骨 折
高齢の骨粗鬆症患者は、重いものを持ったり、運んだり、前に体勢を傾けたり、
尻持ちをついた時に、圧迫骨折を起こすことが良くあります。
骨折で出来た骨片が、神経を圧迫することもあるので、骨折の際、神経痛が
発症した場合は、肋間神経痛かもしれません。

・・腫 瘍
筋肉や骨に発生した腫瘍が、肋間神経を刺激してしまい、痛みが発生します。

・・血 腫
内出血を起こした際、その出血した血液が、内部で固まり、その塊が
肋間神経を覆って、痛みが発症してしまう可能性があります

・・脱 臼
小さな子供の場合は、簡単に脱臼してしまいますが、もし脱臼した場合は、
骨のズレが、脊髄神経の刺激をしている可能性があります。

・・椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアで有っても、背骨の中で起きているヘルニアで神経を圧迫する、
可能性が良くあります。

・・感染症
トイレで力んだり、普通にくしゃみをしたとき、両側に症状が出たら
脊髄病変の可能性があります、 病院での診察と的確な判断が必要です。
脊髄病変が悪化すると、上位運動ニューロンへと症状が進行しますので、
支配筋の麻痺を起こます、早い段階での検査が必要です。

 
★◇★ 肋間神経痛の症状は、ストレスが一番の原因ですか?

肋間神経痛は、とても激痛荷なりますが、しかし数分経つと治ることがあるので、
病院へ行くほどではない、ことも多いと思います。

ここからは、肋間神経痛はストレスが原因ある、実例の紹介です。

肋間神経痛の経験がある患者の話ですが、
ある日、胸部が激しい痛みに襲われ、また肋間神経痛だろうと思いながら、

しばらく我慢していたのですが、痛みはいつもより激痛で、最近この痛みが頻発
するので、通院した時のこと。

総合受付で症状を話すと、内科に回され、レントゲンを撮り、画像診断の結果、
整形外科へ回され、整形外科での受診結果は、思った通り、肋間神経痛でした。

整形外科での医師からは、ストレスでも肋間神経痛になることを言われました。
まさかストレスが原因とは、思ってもいなかったので、驚いたとの話でした。

ストレスで、円形脱毛症や神経性胃炎になることは、聞いたことがありますが、
肋間神経痛で原因がストレスだなんて本当にびっくりしたとのことでした。

やはり、ストレスは身体には、どんなことにも良くないのですね、
ストレス解消法を積極的に取り入れ、健康な毎日を過ごして戴きたいと思います。