肋間神経痛は、肋骨に沿って走る神経が、何らかの原因で痛む症状のことで、
病名では無く、あくまで症状のことです。

ここでは、肋間神経痛になる原因について、詳しく見ていきます。

 
★◇★ 肋間神経痛の、症状になる原因は、不明なものが多いです。

肋間神経痛の症状の原因は、不明なものが多いですが、考えられる原因としては、
不自然な姿勢をとった時・運動不足・疲労で、神経が骨や筋肉に、はさまれて、
突然的に起きるのが、一番多い様です。

また、帯状疱疹ウイルスが、原因となり、痛みを生じる続発性のものもあります、
ウイルスに感染すると、通常であれば疱疹が現れるのですが、
稀に現れない場合がある。

この場合、発作的症状の度合とは、著しく異なり、痛みが非常に激しくなります。

4861706277_cd96c8b66c_m
★◇★ 肋間神経痛の、症状の特徴について。

肋間神経痛の症状には、姿勢を変えたとき・呼吸するとき・物を持ち上げるとき、
痛みが現れるのが特徴であり、発症中に、くしゃみ・咳 等の、生理現象から、

外部の、チョットした力を、加えられて、肋骨が骨折する危険性もあるのです。
特に、骨粗鬆症の症状が表面化しやすい中年女性に多く見らえる様です。

肋間神経痛は、がんの転移・胸椎の圧迫骨折、によっても起こります。
これは、脊柱部分に変化が現れるために、他の病気の診断中に発見され易いです。

がんの転移による発症となると、痛みの影響で、横になって眠ることが出来ず、
そのために、夜間でも椅子にでも座って眠るしかありません。

 
★◇★ 肋間神経痛の治療について。

一般的な、肋間神経痛の治療は、鎮痛薬の服用・患部に湿布塗布 程度お治療で、
様子を見るしかありません。

外傷による発症の場合の治療は、肋骨を固定するための、器具を使用します、
長引く様ならば、局所麻酔薬を使用して神経を、ブロックさせる事をします。

東洋医学療法の、鍼治療・低周波治療 が、有効とされる場合もあります。
注意しなければ為らない事は、狭心症と間違えられる、可能性がある事です。

これは、狭心症にも、似た様な痛みが有るからで、永く肋間神経痛の治療を、
続けていながら、一向に快方に向かわず、痛みが周期的に継続する場合は、

狭心症、若しくは他の臓器系疾患と疑って、早期診断を受けるべきであります。