おたふく風邪の感染を防ぐには、今の所は、予防接種を受ける以外は無い様です。
然し、おたふく風邪予防接種の問題点は、その副反応にあることです。

今は、接種は任意となっておりますので、副反応の起こるのが低いとされる、
6才頃までに予防接種を受けて置くが、一番良いと言われています。

特別な場合を除き、予防接種をすることで、その後、おたふく風邪に罹ることは、
生涯ナイトされております。

ここでは、おたふく風邪の予防接種について、詳しく説明しております。

 

 
☆★ 予防接種を受ける理由は、おたふく風邪に感染しないため?

おたふく風邪に感染しないためには、今の所は、予防接種を受ける以外はないと、
言われています。この辺のことについて少し詳しく説明してみます。

「流行性耳下腺炎」がおたふく風邪の正しい名称ですが、
この病気は、名の如く「耳下腺」が炎症を起こす、はやり風邪の様な病気です。

予防には、患者と接触しないことに徹することに、越したことはありませんが、
15歳以下の子供に、流行する病気なので、家族の方が患者の子供と接触しない
訳にはいかないと思います。
ましてや、幼児がおたふく風邪患の場合には、なおさらのことです。

もし、患者と接触しても、感染しないようにするためには、一度もおたふく風邪に罹ったことのない方は、予防接種をして抗体を持つ以外はありません。

おたふく風邪の予防接種は、公費負担で実施されてる、定期予防接種とは異なり、
自費負担で接種する、任意予防接種といわれるものですので、現時点においては、
接種の必要性はそれほど高くないと考えられていますが、成人期にかかりますと
合併症の頻度が高くなること、また難聴になる頻度が高いことから、予防接種は
任意でも、出来れば受けておいた方が良いと思います。

然し一方で、おたふくかぜ予防接種の問題点が、無い訳では決してありません。
その問題点のひとつが、「副反応」があることです。

数年前には、麻疹・おたふく風邪・風疹の3種類の混合生ワクチン、いわゆる
MMRと呼ばれる「新3種混合ワクチン」が導入されました。

ところがこのMMRは、副反応として「髄膜炎」の発生頻度が、約0.1%と
予想外に高かったことから、日本ではその後、接種が中止されました。
このことから、5才ないし6才頃に予防接種するのが一番良いと言われています。

子ども   ☆★ 予防接種は子供のうちに

 

 
☆★ 予防接種で、おたふく風邪再発の可能性が「ゼロ」とは言い切れ無い。

一昔前までは、おたふく風邪は一度罹ると、免疫が出来て生涯にわたって亘再発
はしないと考えられてきました。

当時は、おたふく風邪のウイスルが、頻繁に蔓延しておったため、再びウイルスが身体に入ってきても、免疫で保たれていたものです。

然し近年では、おたふく風邪に罹り身体の中に、免疫が出来ていたとしても、
長い間体内にウイルス入って来なくなり、自然と免疫力は落ちてきて、ふたたび
感染する様な方が、出で来る様になってしまいました。

このために、おたふく風邪は一生に一度の感染症では無くなってしまったのです。

おたふく風邪の免疫は、一生涯持続するものではなく、一度おたふく風邪に罹っても、ウイスルが体内に入ってくることがないままに、長く期間が空いてしまうと、おたふく風邪を再発してしまう、可能性も有るということを覚えておいて下さい。