おたふく風邪の、予防接種の効果はどの様なものでしょうか。
おたふく風邪は、麻疹などの定期予防接種とは異なり、自費負担によって接種する任意予防接種ですが、効果は確実に有りますから、その効果が謙虚に出る時期に、接種することが大切なのです。

ここでは、おたふく風邪の予防接種の効果について、詳しく説明しております。

 

 
☆★ おたふく風邪の感染予防には、予防接種を受ける事。

「流行性耳下腺炎」というのが、おたふく風邪の正しい名称ですが、
この病気に、感染しない様にするためには、今の所では、予防接種を受ける以外は
無いいと言われていますが、実際はどう何でしょうか?。

「流行性耳下腺炎」は、名の如く「耳下腺」が炎症を起こす、はやり風邪の様な、病気で、その予防には患者と接触しないことに越したことはありません。

然し、多くは15歳以下の子供に流行する病気なので、看病にあたる家族の方が、
患者と接触しない訳にはいかないと思います。
ましてや、幼児がおたふくに罹った場合は、尚更のことです。

予防接種を受けてない方や、一度もおたふくに罹ったことのない方は、
患者と接触しても、感染しないようにするためには、その抗体をもつために、
予防接種を受ける以外に方法はありません。

おたふく風邪の予防接種は、健康保険などの公費負担がもらえる、定期予防接種
とは異なり、一部を除き、大部分の自治体では、全額自費負担によって接種する、
任意予防接種となります。

子ども ☆★予防接種は、5~6歳児に

 

 
☆★ おたふく風邪の予防接種の効果はどうなのか。

現時点においては、予防接種の必要性は、それほど高くないと考えられています、と言うことは、あまり効果が期待できないとも取れますが実際はどうでしょう。

必要性がそれ程高くないと言われる理由は、現状では、おたふく風邪の大流行が、無いためであり、決しておたふく風邪が壊滅した訳ではありません。
おたふく風邪に感染する可能性が低くなったためです。

そのために、予防接種を小さいころに受けられた方は、おそらく大丈夫だとは、
思うのですが、予防接種によりできた抗体は、永久的に続くものではなく、麻疹や
風疹などと比べて短いようです。

某薬品会所の調査によると、
例外を除き、接種後8年を経過しても抗体が残っていることの様ですが、
抗体は年数が経つにつれて、と次第に低下していき、おたふく風邪ウイルスに、
羅患する症例が報告されております。

と言うことから、予防接種をしていても、発症するケースは稀にある様です。

尚、大人になってから、おたふく風邪に罹りますと、合併症の頻度が高くなり、
また難聴の頻度が高いことから、出来れば接種してておいた方が良いと思います。

また、おたふくかぜ予防接種には、その副反応に問題点あります。
数年前には、麻疹・おたふく風邪・風疹の3種類の混合生ワクチン、新3種混合
ワクチン(MMR)が導入されました。

ところがこのMMRは、副反応として髄膜炎の発生頻度が、約0.1%と予想外に
高かったことから、日本ではその後、MMR接種が中止されました。

このことから、その効果が謙虚に出る時期、すなわち、5才~6才の子供の頃に、
予防接種するのが一番良いと言われています。

★ 結論は、おたふく風邪の予防接種の、効果は確実に有ります ★