脳出血とは、高血圧で、脳内血管が破れて出血するという病気ですが、
場所が脳であるだけに、病気自体は完治しても後遺症があり厄介です。

ここでは、脳出血の好発部位とその症状について、詳しく見ていきます。

 
★☆ 脳出血の発症し易い部位とその症状どの部位でしょうか。

脳出血には、発症し易い部位、所謂、好発部位があり、それぞれの症状は、
どんなものなのかについて、説明しています。があります

ます、好発部位とは、ある症状や病変が、良く発生しやすい臓器や組織のこと、
当然、脳出血にも、好発部位があります。

脳出血の場合は、いわゆる、出血しやすい部位を指しています。

高血圧脳出血の、好発部位とその割合は以下の通りです。

被 殻 出 血    40% から 50%
視 床 出 血    30%
大脳皮質下出血        10% から 15%
小 脳 出 血        10% から 15%
脳 幹 出 血     5% から 0%

なんと、被殻出血と視床出血が脳出血の7割を、占めることになっています。
脳出血の、好発部位別に、どんな症状かについては以下のとおりです。

被殻出血・・レンズ核線条体動脈外側枝から出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、半盲、失認・失行

視床出血・・後視床穿通動脈および視床膝状体動脈から出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、眼瞼下垂、視床痛

大脳皮質下出血・・大脳が障害されるため出血する。
(症状)片麻痺、感覚障害、失語症、半盲、失認・失行

小脳出血・・小脳が障害されるため出血する。
(症状)運動失調、回転性のめまい、嘔吐

脳幹出血・・脳幹が障害されるため出血する。
(症状)四肢麻痺、意識障害、呼吸障害(死亡率は高い)

 

 

★☆ 高血圧性脳出血に、なぜ、好発部位があるのでしょうか。

高血圧性脳出血は、被殻・視床・小脳・脳幹・大脳皮質に好発しますが、
出血の源は、脳の深部にある、穿通枝と呼ばれる、細い血管となっています。

また、脳出血の発症原因は、高血圧と動脈硬化であり、
脳内細動脈で、発生した動脈壊死と、それを基盤とする、小動脈瘤の破綻に、
よるものと考えられています。

その訳は、
小動脈瘤は、レンズ核綿条体動脈内・外側枝・視床への穿通動脈に、多発する
と言われているからなのです。

穿通動脈というものは、
脳血管撮影では、とても細くいので、出血血管を鮮明な確認はできません。
穿通動脈での症状としては、頭痛・片麻痺・意識障害などがあります。