再発率の高いとされる、脳出血は、治療後は気をつけて生活をしてください。

脳出血が再発した場合、本人も家族も経験がある事ですので、その対処対応は、
迅速で的確なものと、思いますので安心です、治療成功率は高までしょう。

しかし、一度脳出血を発症した人は、再発し易い条件を備えていると言う、
ことなのですから、このことを十分に理解して生活していくことです。
ここでは、脳溢血の再発率や再発原因と症状について、説明しております。
★☆ 脳出血を再発のは、再発する可能性のある方で、あったのです。

脳の内部で、出血する症状のものは、すべてを脳出血と言っています。

基本的には、血管というものは、身体のどこであっても、同じでなのですが
個々人の、身体の場所により、弱っていたり、負荷が多くかかっていたり、
といった条件があるので、出血するかしないかは、意外に決められません。

ということは、前と同じ箇所で発症することが、脳出血の再発ではなく、
脳出血の経験患者は、別の場所でも、同じ事が起こる可能性ある状況なのです。

脳出血の発作というのは、患者にも、家族や周りの人にも、予想もしない
突然の出来事で、まさか、こんなことが起こるとは思っていなかったのに、
突然倒れて、命の危険にさらされることなのです。

時間がキーワードとされる、脳出血の治療は、発症後から、如何に早く治療が、
開始できるかが勝負で、その後の回復にも影響すると言います。

最初の時は、ただ騒ぎ、慌てふためくだけで、貴重な時間が経過します。
落ち着いて、かつ迅速な行動が、必要なのは、頭では解っていのにです。

裏を返せば、再発するというのは、最初の脳出血からは、それでも助かった
のですが、出血のダメージが大きかった、可能性が十分に考えられます。

①回復は何とかできたが、治るまでに思った以上に、時間がかかった。
②精一杯の治療はしたのだが、完全には、元通りにならなかった。

とかの、後悔はそれぞれおありと思います。
だからこそ、再発防止に備えて、色々と用心することがあったのです。

 

★☆ 脳出血の再発率は? 再出血の原因は?

脳出血という病気は、
発症後、4人に1人が、1年以内に再出血する、と言うデーターがあります。

【 脳卒中の経過年毎の累積再発率 】

1年     5年   10年
脳 梗 塞  10%  34%  50%
脳 出 血  25%  35%  55%
くも膜下出血 32%  55%  70%

くも膜下出血まで、ではなくとも、
脳梗塞以上に、脳出血も再発率の高い病気でもあ事を現わしております。

やはり高血圧が、再出血の原因で、最初の脳出血原因と変わらないのです。
発症後の血圧コントロールが、上手くいかないから、再出血してしまうのです。

既に、脳出血を起こしている経験者は、動脈硬化が進行しており、
血管がもろくなっています、出血しやすい状態と、なっているからです。
★☆ 脳出血の再発予防は、定期検査で血圧上昇に抑制努力が必要

確りと、血圧を下げる治療を行っていれば、再発率の50%は減少ができます。

具体的な方法は、まずは、検査を定期的に行うことです。
脳出血自体は突発的な病気ですが、既往症患者は、脳出血になりかけている、

という条件・状態は、X線・CTでチェックしておく必要性は有ります、
毎年の定期健康診断の検査で、危険な兆候の有無は、十分に確認は可能です。

これだで、再発未然防止が、十分可能な訳ではありませんが、
少なくとも、患者本人は当然、家族や周囲の人を含めて心の準備はできます。

脳出血が再発すると、本人は倒れ意識を失い、何もできなくなってしまうので、
周りの人が、病院へ搬送とか、救急車の手配 等を行う必要があります。

突然のことでもあり、なかなか手際よくは、でき無いでしょう、
然し、事前に、心の準備や連絡先などの、条件を整理しておくことで、
いざというときは、慌てずに迅速な、対応は可能です。

災害と同様に、普段から万一の場合に備えておくことは、大きな力でもあり、
脳出血が再発した場合でも、被害は最小限にくい止めることができます。