「脳溢血」は、何の前触れもなく、突然に発症する、とても怖い病気です。

脳の病気は、脳溢血に限らず、、重篤な後遺症を引き起こすことがあるため、
しっかりとした予防対策が必要であり、それがとても重要となるのです。

それには、病気の起こる原因を、確りと理解認識する必要が有ります。、

ここでは、脳溢血を引き起こす主原因である高血圧について、理解を深めていただきたいと思います。
■□ 高血圧について詳しく知りたい

まず、高血圧とは何でしょうか・・・そしてその基準は・・・

あらゆる加工した食品には、塩分が含まれております。

塩分の取りすぎは「高血圧」に繋がりやすく、
「高血圧」を放っておくと「脳卒中」「脳溢血」「心筋梗塞」などの、
動脈硬化を起因とする、様々な病気の発症の原因となります。

高血圧患者は、国内に約3千万人以上いるとされてる、国民生活病の一つです。

高血圧は、良くないということはわかっていても、
どういう仕組みで、高血圧になるのか、どうして高血圧が怖いと言われるのか、
詳しく知らない方が、多いのが現実かと思います。

ここで、高血圧に対する知識を深め、高血圧を予防しましょう。

・・・高血圧になる、仕組みについて

身体全体に血液を運ぶ動脈に、汚れがついて、流れが悪くなると、
心臓は、ポンプ圧を高めて、末端の血管まで血液を流そうとします。
その結果として、高血圧の症状が出てきます。

つまり、高血圧とは、血圧が高すぎる状態のことをいいのです。

高血圧を放っておくと、糖尿病などの合併症を起こし易いと言われるのは、
高血圧と糖尿病の危険因子(肥満・運動不足・喫煙 等)が同じだからです。

高血圧を予防することは、脳卒中や心筋梗塞などの、予防にもなるののです。

・・・高血圧の数値(基準)は以下の通りです。

最大血圧が、135~140mmHg以上
または、
最小血圧が、90mmHg以上 であること。

従って、最大・最小どちらか一方だけでも、高血圧と判定します。
特に注意すべきは、最小血圧が高い、高血圧の場合です。
・・・高血圧の症状には、以下の様なものがあります。

頭痛(後頭部から肩にかけての痛み)
肩こり・めまい・耳鳴り・手足のしびれ・吐き気・動悸 等が見られます。

 

 

■□ ・高血圧予防を知ることが、「脳溢血」予防につながります。

・・・高血圧の原因となるのは、以下のようなものです。

塩分の摂りすぎ・過剰なストレス・大量アルコール摂取・タバコの吸いすぎ・
そして、運動不足と肥満です。

遺伝や生活習慣にも、高血圧の原因があると、考えられています。
特に、遺伝的に高血圧を持っている方は、
日頃からの、生活習慣には、注意怠らず、予防につけ目ることです。

また、遺伝的性質を持っていない方であっても、悪い生活習慣が続くと、
高血圧になる可能性は十分にあるので、注意は必要です。
・・・高血圧予防には、生活習慣の改善が必要

高血圧を予防する生活習慣の改善とは、
①肥満を解消する。
②血圧が急激にあがる、寒さ(寒暖の差)に注意する。
③自分に合ったストレストレス解消法を見つる。
④規則正しい睡眠で、身体を休める。
⑤タバコを控える、出来れば禁煙する。

 
■□ 高血圧が脳溢血の原因となる、その理由

高血圧は、血液を押し出す力が強く、血管に負荷がかかっている状態です。
継続的な高負荷状態が、長く続くと、血管が硬くなり、破れやすくなります。

高血圧のために、弱くなった脳内の血管が破れ、出血しまうことが、
原因となり、脳溢血が発症するのです。

 

 

■□ 脳溢血の予防策

脳溢血の原因とされる、高血圧・動脈硬化に、ならないための、
予防策三っつを紹介します。

①:食事の改善・・・塩分を控えることです。
塩分は、高血圧の誘発に起因し、心臓等の、様々な臓器に影響を与えます。
普段生活で、塩辛いものを好む方は、
唐辛子・山椒といった、他の調味料で塩分調整をすると良いでしょう。

②:運動習慣・・・2回/週は景雲王をやろう。
運動は、身体の代謝を向上させ、血液の循環を円滑にしてくれます。
体に溜まった老廃物を回収して、体を健康に保ってくれる効果があります。
運動をしている方は、していない人と比べ、脳溢血発症リスクが半分です。

③:定期的な検査・・・自分の現状の確認しよう
脳溢血は、ある日突然症状が現れる特徴があります。
自覚症状なく進行するため、予測することは難しいのです。
健康診断を、定期的に受けることで、常に身体の状態を確認できます。