「無自覚性低血糖」と言う病気の名は聞いたことがありますか?

どんな症状の病気で、その原因・対策について調べて見ましょう。

 

「無自覚性低血糖」とは、

自分の身体は、既に低血糖状態になっているにも関わらず、

名称どうり、低血糖であることを、自覚をしておらないために、

 

ある低血糖値を超えたため、一気に昏睡状態となるケースがあるのだそうです、それが無自覚性低血糖と言う病気だそうです。

 

朝

 

 

 

□■ その病気の症状・その原因・予防策について

「無自覚性低血糖」と言う病気は、

どんな症状で、原因・予防策についていったい調べて見ましょう。

 

低血糖になると、普通の場合は、動悸・冷や汗・震え・頭痛等の、

いわゆる「低血糖症状」が出るものですが、

 

「無自覚性低血糖」の場合、何らかの原因でそれらの発症が無く、

そのまま低血糖状態に移行してしまうことがある様です、

れを「無自覚性低血糖」と呼んでいるのです。

 

患者当人が、低血糖であることを自覚しておらず(できず)に、

身体は既に低血糖状態になっている訳ですから、

それにも関わらず、ある低血糖値を超えてしまったために、

一気に昏睡状態になってしまうと言うケースがあるのだそうです。

 

高所作業・クルマを運転等々をしている場合などには、

重大事故を引起こす可能性が高く、極めて危険な病気と言えます。

救急車

 

 

□■ 低血糖症状は自律神経症状と中枢神経症状から成り立つ

一般に、低血糖症状は自律神経症状と中枢神経症状から、

成り立っているのですけれども、

 

「無自覚性低血糖」は、

糖尿病の合併症による、自律神経障害がある患者に起こし易く、

さらには、罹病期間が長ければ長いほど「無自覚性低血糖」が、

多く発症することが知られているそうです。

 

その対策としては、携帯する事が出来る砂糖を常に持ち歩き、

もし途中で低血糖になったら 直ぐにも食べられるように、

して置くことです。

 

また、周囲の人にも自分が低血糖になる可能性を伝えて置いて、

低血糖になったときには、直ぐ少量の砂糖を食べさせて欲しいと、

伝えておく事もとても重要なことです。

看護師1

 

 

□■ 「無自覚性低血糖症」をもつ者の運転免許について

平成14年6月に、警視庁交通局運転免許課では、

「無自覚性低血糖症」患者が免許を申請した場合の、

警察側窓口における処理対応のガイドラインを作成しました。

 

① 診断書作成にかかる医師の要件

「無自覚性低血糖症」の主治医は、

糖尿病の診療に熟達した経験豊富な医師であることが望まれる。

 

② 適性検査および適性検査にかかる医師の要件

例え医師といえども、一回の診療でそれまでの、経過・病歴・

治療内容等と切り離して「運転を控えるべき」か否かの判定は、

決して容易なことではない。

主治医からの情報提供を受けて総合的に判断するのことが、

必要不可欠であります。