簡単に言いますと、睡眠中に呼吸が停止することで、発症する様々な症状を、
総称して無呼吸症候群(SAS)と言っております。

睡眠中に呼吸が止まることだけが、無呼吸症候群(SAS)の問題ではなく「無呼吸」
による睡眠不足・疲労蓄積があることが、仕事中や運転中に、無自覚に居眠りを
してしまうという症状が問題なのです。

さらには、血液中の酸素濃度が低下してしまって、脳や身体にダメージを与え、
それが蓄積することで、身体に様々な悪影響があることです。

ここでは、無呼吸症候群(SAS)の主症状「いびき」を、枕を調整して改善する事について、詳しく説明しております。

 

 
&◆& 「いびき」の原因は、上気道がが狭くなることです。

その人により、音の高さ・大きさ・連続性など「いびき」には個人差があります。
さらに、例え同じ人であっても、枕の高さ・寝る姿勢・その日の体調 等々により
「いびき」の様子も変わってきます。

とは言っても「いびき」が起こるそもそものメカニズムは、皆な同様であります。

「いびき」の主原因は、空気の通り道である「上気道」が何らかの原因によって、
狭くなってしまったことです。

この狭くなった「上気道」を、空気が無理して通過しようとするので、空気抵抗が
大きくなり、呼吸をした際に上気道の粘膜が震えて、振動音が発生するのです。
この振動音のことを「いびき」と呼んでいるおり、管楽器から出る音のメカニズム
とほぼ同じ原理です。

寝ている姿勢が「上気道」を狭めてしまうことの原因に、大きく関係します。

ウトウトと椅子に座り、身体を起こした状態で寝ている時に「いびき」をする方は
余り見られないものですが、仰向けになって寝ている状態ですと、重力によって
軟口蓋や、舌の付根 等の「上気道」の周りにある組織が、喉の奥に落ち込んで、
自然と「上気道」が狭められて「いびき」が出やすくなるのです。

これは、眠っている時には身体がリラックスして、自然と舌や咽頭周りの筋肉が、
緩んだ状態になって来るためで、一層「上気道」は、塞がれやすくなるのです。

この「いびき」の悩みを、枕の調整で改善することができるのです。

熟睡 ☆☆ 熟睡1

 
&◆& 枕の調整で無呼吸症候群を、改善するためには。

睡眠中に「いびき」する方は、中高年になると増えてきますが、今の、枕を換える
ことによって「いびき」の症状は、軽くなることができるのです。
当然、その逆に枕のために「いびき」が、かきやすくなることも有ります。

■ 枕の、高さを調整する。
「いびき」は「枕の高さ」と関係があります。
高い枕で寝ると、気道が圧迫されてせまくなるので、「いびき」をかきやすいと
昔から良く言われています。

枕が高すぎる事は、気道が『くの字』に折れ曲がってしまう事なので、気道が
せまくなります、
これが「高い枕は‟いびき”をかきやすい」と言われる由縁です。

「いびき」をかくのを防止するために、絶対に高い枕はダメかと申しますと、
必ずしもそうとは限ら無いのです、逆に、低い枕に替えると「いびき」を強めて
しまうことも、面白いことにあるのも事実です。

例えば、加齢で喉の筋肉が衰え、舌が気道に沈みやすくなっている場合ですと、
舌が気道に沈んでしまい、その分だけ気道が塞がれてしまうため、「いびき」
をかきやすくしてなります。
この、舌が気道に落ちやすくなるのは「低い枕」を使った時なのです。

■ 枕の高さを、決める方法。
枕の高さ調整で「いびき」が小さくすることは充分可能です。

高さの調整には、まずは普段使っている枕の下に、タオルケットかバスタオルを
敷き、この状態で眠ってみて「いびき」が軽減されるかどうかを確認してみてく
ださい。(録音して確認すればベストです)

「いびき」が少なくなったら、今までの枕が低すぎたということで、その場合は
高い枕を使うようにすればいいのです。

枕を高くしても「いびき」が変わらなかったり増えたりした場合は、低い枕に
換えた方がいいかもしれませんが、「普段使っている枕がすでにベストの高さ」
という可能性も残っています。

予備に低めの枕が無ければ、取り敢えず低い枕を購入して使用し「いびき」が
どの様に変化するのかを、確認するのもひとつの手です。

■ 最優先は、枕の素材は「形が崩れないもの」。
「いびき」改善軽減のための枕選びは、「眠っている間に変形しにくいもの」
を選ぶのが最優先です、眠っている間に高さが変わら無いものが重要なのです。

このことを考慮すると、羽毛・羊毛・ポリエステル綿 等々の柔らかい素材は、
あまり良くありません、頭が沈み込みやすいので、簡単に高さが変化します。

プラスチックチップ・そばがら・小豆 等々の、硬めの素材は、重みがかかって
も高さが変わりにくいで、「いびき」対策には良い素材と言えます。
但し、詰め物の量が少なくて袋の中で移動しやすい場合、高さがすぐに変化する
ので注意が必要です。

一時期、流行しました低反発のまくらはどうでしょうか。
詰め物が移動しない利点はありますが、柔らかいウレタンフォーム素材の物は、
頭が沈みこみます。
硬めのウレタンフォーム素材なら、いびき対策には有効と考えます。