成人で健康的な方の平熱は、一般的に、36.5℃~37.0℃とされてますが、
最近では、最も体温が高くなる日中であっても、35℃レベルの方が意外と多く、
「低体温」と言われる方が、増加いる様で、この「低体温」が免疫力低下の原因
となり、問題となっております。

ここでは、免疫力と体温との関係について、詳しく説明しています。

 

 
◆◇ 免疫力と体温との、密接な関係を知りましょう。

体温と免疫力の関係について、整理してみました。
「低体温」になる要因を知り、それが免疫力の低下と病気になり易い身体になる、
そのメカニズムを知ることは、健康生活の維持には、大切な知識で有ります。

現代人は「低体温」の方が増えていると言われております。
一般的に健康的な人の平熱は序文に書いた通りですが、最高でも35℃台の方が、増えているのです。
これは、運動不足や食生活の変化 等、様々な環境の変化が原因と考えられており
さらに、加齢によっても「低体温」になり易いものです。

外気温が、暑くても寒くても、人間の体温は、平熱を保っておるのが通常です。
人間はこの平熱より5℃高い、41.5℃まで発熱しても、直ぐ死ぬ様なことは、ありません、逆に5℃低い、31.5℃までに低下すると、体内の代謝活動 等が、阻害されてしまうため、生きていくことができません。

人間の身体は、体温低下には非常に弱いものといえます。
身体が冷えていると、冷えている部分の代謝活動が落ち、大切な栄養素や老廃物を運ぶ血行も悪くなってきて、そのために、心筋梗塞・脳卒中・ガン・アレルギー・鬱などの精神病・婦人科系の病気 等々、あらゆる疾患の発病に影響を与えます。

 
 

◆◇ 低体温と「リンパ球」「自律神経」との関係も知りましょう。

■ 低体温と「リンパ球」の関係
実は、低体温が免疫の働きを、弱めてしまっている事を、ご存知でしたか。
体温が低くなると、リンパ球の活性が下がってしまうのです。

体温が1℃下がると、免疫力は、何と30%も下がると言われるので、体温管理
には、十分注意をる必要があります、逆に体温が高いと、リンパ球の数も増え、
活発になるために、免疫力は高まります。
繰り返しますと「低体温が続くと、免疫力は低下する」事を認識してください。

■ 低体温と「自律神経」の関係
体温と密接な繋がりを持つ、もう一つは、交感神経と副交感神経の「自律神経」
が有ります。
ストレスを感じると、交感神経が優位となって、この時に体温が低くなります。 「低体温」はリンパ球の減少を招き、免疫力を低くします。
ストレスが続き、交感神経の優位が継続する様なことになると、リンパ球の減少
がダブルパンチで、みままれる事となるのです。

逆に、副交感神経の優位状態が続いた場合でも、「低体温」になる可能性が有る
ことも事実です。
この場合は、交感神経の優位状態とは逆に、リンパ球が過度に増えるために、
アレルギー疾患などに罹り易くなると言う違いが有ります。

体温1◆◇ 体温の管理に十分な注意を

 

 

◆◇ まとめ

整理しますと、私たちの身体は、過度のストレスは「低体温」を招いてしまい、
リンパ球の減少を導き、免疫力低下と繋がってくるシステムが成り立っています。従って、「低体温」を引き起こす、ストレス過度・運動不足に成らないような、
生活習慣をつけ、環境の変化・食生活の変化には、十分な注意が必要です。