”空腹 ”になると、低血糖を起こす病気や条件があるようです。

例えば、何も食べないで大量のアルコールを飲んだりすると、

肝臓に蓄えられている糖の放出を、アルコールがを妨げますし、

 

肝臓疾患者は(ウイルス性肝炎・肝硬変・肝臓癌など)、

充分に肝臓に糖を蓄えられなくなります。

 

乳児や小児に場合、糖消費を制御する酵素系に異常がある子ですと

空腹時低血糖になりやすいのです。

 

食後や空腹時にめまいがする場合は、低血糖症を疑ってみる必要があります、一度専門医に診てもらうことをお勧めします。

 

めまい症状は、空腹時にアドレナリンなどのホルモンが、分泌され血管が収縮して一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

 医師・検査

 

 

 

 

 

 

◆◇ 空腹時に低血糖を起こす幾つかの病気や条件がある。

 

血糖値が低いと、多くの器官の機能が妨げられてしまいます。

 

”脳 ”の場合は、糖を主なエネルギー源としておりますので、

低血糖の際には、特に敏感に反応します。

 

通常の範囲を超えて大幅に血糖値が低下してしまうと、

これに反応した”脳 ”は、

 

副腎を刺激してアドレナリンを、膵臓を刺激してグルカゴンを、

下垂体を刺激して成長ホルモンを、それぞれ放出させます。

 

これらのホルモンは、全て肝臓から血液に糖を放出させます。

 

多くの尿病患者の場合、よく低血糖を経験することがありますが、

糖尿病でない人には、低血糖症状はめったに起こりません。

 

それは、運動量が多かったり、

糖尿病の薬を服用後、普段より食べる量が少なかったりした場合、

薬の作用で血糖値が低くなりすぎることがあるからです。

 

空腹時低血糖は、

食事なしで時間がたつと適度な血糖値を維持できなくなります。

 

健康人であれば、長時間の空腹や、長時間の激しい運動でも、

絶食後であっても、低血糖を起こすことはまず無なさそうですが、

稀に、空腹時低血糖を起こすことがあります。

 

大量のアルコールを、何も食べずに飲んでいると、

肝臓に蓄えられた糖の放出を、アルコールが妨げてしまいます。

 

ウイルス性肝炎・肝硬変・肝臓癌などの肝臓疾患者は、

肝臓に糖を十分に蓄えられずに、

糖消費を制御する酵素系に異常がある乳児や小児は、

空腹時低血糖になりやすいです。

 

以上の様に、糖尿病でなくても低血糖疾患を起こし易い人は、

通常の一日3食だけでなく、少量の食事を何回も摂ることで、

低血糖が避けられますので、是非試してみて下さい。

 

酒宴

 

 

 

 

◆◇ 食後や空腹時に起こる、”めまい ”の場合

 

食後や空腹時に”めまい ”がする場合は、

低血糖症を疑ってみる必要があります、

一度、専門医で診断されることを推奨します。

 

普通、一般の医師は低血糖と言いいますと、

糖尿病患者のインスリン打ちすぎた時だとか、

インスリノーマ(インスリン産生腫瘍)などの、

特殊な病態で起きること程度でしか認識していません。

 

然し、”めまい ”など、そうではない原因で、

低血糖状態と言うのは、頻繁に起きていると考えるのが正解です。

 

この場合の低血糖状態と言うのは、糖を基に「エネルギーを作る」

私たちが生きていく上で非常に重要な機能が、

上手に働かなくなってしまうという、

いわゆる「代謝異常」の状態を意味します。

 

このような

「血糖の調節が機能的にうまくいかず、血糖が下がってしまう」

と言う病態を「機能性低血糖症」と呼んでいます。

 

低血糖症では、あらゆる症状が起こりえます。

 

例えば

めまい・耳鳴り・目のかすみ・体のどこかに痛みが起きる

・一時的に視野が狭くなる・一時的に顔面の感覚が無い等々、

現代医学的にも説明がつきにくい症状が起こることがあります。

 

これら”めまい ”等の症状は、血糖値が下がってしまった時に、

アドレナリンなどのホルモンが分泌されるため、

血管が収縮して一時的な血行障害が起こるためと考えられます。

 

こういった症状に対して、

「CT」や「MRI」などの高度な検査を行ったとしも、

何も異常所見が出る様なことは、当然にありません。

 

こういう方に対しては、

適切な栄養素の補給と食事の改善を行うことで、

”めまい ”等の症状が改善していく事を理解してください。

 

笑う2