子供の低血糖は、心にも大きな影響をもたらす原因にもなります、

脳の働きが低下するとされる「低血糖」は、

集中力や忍耐力が低下して、無気力状態になり易くなります”

 

赤ちゃんにとって、非常に大切なエネルギー源となるぶどう糖が、

少ない状態のことを、「低血糖」という意味になります。

 

子ども

□■ 子供が、低血糖になると・・・・・

低血糖になると脳の働きが低下します、集中力や忍耐力も低下し、

無気力状態になりやすくなるものです。

 

その様なことから、子供が低血糖になってしまうと、

その子たちの心にも、大きな影響をもたらす原因にもなるのです。

 

下がった血糖値を上昇させる為に、アドレナリンが分泌されると、

気分がえらく高揚して、時には攻撃的になってしまったりもします。

 

アドレナリンというホルモンは、「攻撃ホルモン」ともいわれます、

例えば、お腹が空いたときには、誰でもが「イライラ」したり、

「怒りっぽく」なったことの、経験が有ると思います、

 

その状態というのが、血液中の糖分が不足していることに対して、

アドレナリンが、働きだし始めた証拠なのです。

 

この様にして、糖分を摂りすぎてしまった子供は、無気力の状態と、

キレやすい状態を繰り返す、困った子供になってしまいます。

 

糖分のとり過ぎだけが、子供たちの心の異常の原因であるとは、

当然言い切れませんが、「低血糖症が生む症状」と言うのは、

「引き篭もり」や「登校拒否」から、「家庭内暴力」などの、

問題行動に至る、現代の子どもたちの特徴と同じと言えます。

 

そのような、悪い状態に至らないための対策として、

ジュース・お菓子 などの、糖分が大量に含んだ食品を、

飲食する習慣を、頻繁にさせない様にする事が大人の責任です。

 

米・パンなどの消化時間の遅い穀類で、確りとカロリーをとり、

野菜の他 様々なな食材を使った バランスのよい食生活を,

心がけることが大切です。

 

親の多忙を理由に言い訳して、食事代わりにお菓子を与える、

なんて言うことは、間違っても絶対にやってはいけません。

 

赤ちゃん5

□■ 赤ちゃんの、低血糖症とは・・・・・

血液はぶどう糖を、身体のエネルギー源として運ぶ役割を持っています。

ぶどう糖は赤ちゃんにとって、非常に大切なエネルギー源なんですが、

赤ちゃんの低血糖症とは、この血液の中のぶどう糖が少ない状態、

即ち「血糖値が低い」ということを意味します。

 

2つの、「低血糖になる原因」について説明します。

 

一つの原因は、小さく生まれてしまたっために、

自分の身体を維持する、エネルギーが不足している場合です。

 

もう一つの原因は、

お腹の中にいるとき(妊娠中)に、血糖値の高い状態が続いていたために、

血糖値を下げる働きをするホルモン(インスリン)が分泌していた事も、

上昇している場合です。

 

 

落ち着かなかったり・元気がなかったり・皮膚の色が悪く見えたり・

呼吸が乱れたりする場合が、低血糖の程度によりあらわれます。

 

低血糖を放置しておくと、脳に障害を起こてしまい、

将来的に発達や発育に問題が、発生してしまう場合もあります。

 

このような症状が出たような場合は、

無条件に赤ちゃんを入院させて、治療しなければなりません。

 

その場合は、ぶどう糖を含んだ点滴をするのが治療方法です。

 

さらに、ぶどう糖の点滴だけでは不十分な場合は、

血糖値を上昇させる、血糖上昇ホルモン剤を使用する事になります。

 

身体の状態と血糖値とが、ある程度までに安定したところで、

糖分補給の点滴から、哺乳または細いチューブによる胃への、

直接注入へと治療方法を移行していきます。

 

血糖値が安定してきて、

ぶどう糖の点滴が不要になって初めて、退院の通知が出されます。