毎年、花粉のが飛散シーズンになると、花粉症に悩まされる方が増えてきます。

花粉症は、鼻水が止まらなくなったり、目が痒くなったり、咳が止まらなくなる
ことあります。

ここでは、咳で苦しむ方のために、花粉症の種類や対処薬をご紹介していきます。

 

 

 

☆★ 花粉症で出る咳が、止まらなくなる理由は何ですか?

鼻水が止まらず痒みがあり、同時に目の痒み 等々、花粉症と疑われる症状が、
出ている上に、咳がいつまでも止まらないと言う事は良くあります。
この様な場合は、早めに呼吸器内科もしくは耳鼻咽喉科を受診して下さい。

この止まらない咳の原因となるのが、ハンノキによる花粉が多く、花粉症で咳が、
酷くなることを、「ハンノキ喘息」とも呼びます。

この「ハンノキ喘息」の症状が、長引き益々酷くなってくると、「咳喘息」へと
進行し、その酷さはさらにひどくなり、本格的な喘息へと進行してしまいます。
ハンノキ花粉のアレルギーが原因で咳が起こるのですが、
どの様なメカニズムによって、「咳」が出るのかを簡単に説明します。

■ 「咳」のメカニズム
花粉への、アレルギーがある場合は、花粉に含む異物を、体外に排出するため
気道を潤している粘液が「痰」として、花粉を絡めとり出すために「咳」が
出る現象は、 健康な身体を、異物から守るための防御反応であるのです。

この花粉を大量に吸い込んでしまうと、防御反応はより活発化し、大量の「痰」
が分泌され、大量の「痰」を排出するために、「咳」が増える事になるのです。
同時に、気道は花粉による炎症反応を起こし、気管支炎を起こしてしまいます。

この炎症で、粘膜がブヨブヨに膨れてしまうと気道が狭くなり、花粉を排出する
「痰」も沢山分泌したために、更に気道が狭くなり、この悪循環が「咳喘息」や
最終的には「喘息」へと進行してしまうのです。

気道が炎症を起こして、一旦でも狭くなってしまうと、元の状態に戻るまでには
相当な時間が必要となるため、長期的な治療を要すことになる場合もあります。

以上が「咳」の長期化のメカニズムになります。

 
☆★ 薬以外の、5つの咳を緩和する方法

咳を緩和するには、きちんと医療機関を受診して処方された薬をきちんと服用することが大切になります。

然し、この薬を服用することで起こる、副作用もありますことから、出来れば、
薬に頼らない、咳を緩和する方法がお薦めしたいものです。

抗生物質

 

花粉症の対処薬と副作用・危険性

■ 抗ヒスタミン剤
鼻水を抑えるには、強力な作用があるうえに即効性もある薬です。
然し反面に、服用することで、眠気が生じる・口が渇く・排尿が困難になる 等
副作用があり、子どもが服用すると、痙攣を起こす危険もあります。

■ クロモグリク酸(インタール)
副作用の心配は少ないですが、効果が弱めなので、症状の酷い方には向きません。

■ ステロイド剤
強力な効果がありますが、長期間使い続けていると、感染症・依存症・副腎機能
の抑制・胃潰瘍・十二指腸潰瘍 等の危険性が高まります。
花粉症には数カ月も服用する場合が多いので、無理に服用しない方がが良い。

■ 血管収縮剤
点鼻薬として処方される事が多い薬ですが、内服薬の場合はとても危険です。
服用すると、全身の血管が収縮する可能性があり、高血圧や脳出血を起こす、
可能性が指摘されています。

■ その他の抗アレルギー剤には
非抗ヒスタミン剤・非ステロイド剤 等があります。
然し、感染症や依存症になりやすく、効果よりも危険のほうが大きいとして、
欧米では、アレルギー性鼻炎への処方は、禁止されています。

 

5つの咳を緩和する、薬以外の方法

■ 過ごす部屋の湿度をしっかり保つ
加湿器や、水をはった洗面器を置いたりして、部屋の湿度が低くならないように 加湿用に、常に軽く絞った濡れタオルを干しておくのもお勧めです。

■ 身体を横にする時は、頭の方を高くする
「咳」は身体を横にすると激しく起こります。
気道が身体を起こしている時よりも圧迫されて、狭くなってしまうためです。

■ マスクを着用する  
喉が乾燥すると「咳」が出やすくなります、乾燥をを防ぐにはマスクが一番です 自分自身の吐息に含まれる水分が、喉を潤してくれます。

咳

■ 喉飴を舐める
飴を舐めることで、液が分泌されて喉が潤せます、喉飴でなくても普通の飴でも
大丈夫ですが、カロリーが気になる方はノンカロリーのものをお薦めします。

■ 水分補給をする  
冷たい水は避け、温かい水を飲むことで潤します、喉を潤すにはこの方法が
一番効果があります。

咳止め効果のある飲み物なら、
「はちみつレモン」「熱い緑茶」「生姜湯」がお勧めです。