毎年、花粉症の季節になると、とても憂鬱な気持ちになる方が、沢山おられます、
これらの方は、花粉症対策として、薬を使用している事が、多いと思います。

確かに、辛い花粉症には、薬に頼らざるを得ないのも現実です。
ここでは、花粉症に関する薬の強さについて、纏めましたので紹介いたします。

 
☆★ 花粉症の薬を、強さの順に整理してみました。

まずは、強さベスト3については、以下の通りです。

■ アレロック

「アレロック」は、花粉症 等の、アレルギー性鼻炎をはじめとして、蕁麻疹や
皮膚のかゆみなどにも有効な薬です。

アレルギー症状の原因となる、ヒスタミンの受容体をブロックすることにより、
症状の出現を防ぎ、花粉症には効果が得られます。

但し、副作用として、眠気・口の渇き 等が挙げられますので、眠気対策と水分
補給を確りと行うことが大切です。

花粉症の症状が出現する前から、服用することができるので、事前に耳鼻科を
受診して、処方してもらい服薬しておくことで、発症を防ぐことが可能です。

■ ジルテック
「ジルテック」をご存知の方は、以外に多いことと思います、比較的昔から鼻炎
に使用されてる薬で、市販薬として有名なのが「コンタック」だと思います。

即効性があって、花粉症の辛い症状にも良よく効きますので、何処の家庭ででも
使用していた事でしょうが、眠気が強く感じると言う、副作用がありました。
仕事中や運転する際の服用は、十分に注意してください。

■ アレジオン
「アレジオン」は効力が期待できますので、CMCMなどで知名度が高いです。
花粉症 等の、アレルギー性鼻炎・皮膚炎・湿疹 等に効果的とされております、
1回/1日だけの服用で、十分効果が得られます。

市販薬としては、「アレジオン」がありますが、副作用も感じにくいうえに、
大きな効果もあります。

病・花粉症  ★ 花粉症で悩む男性

 

 
☆★ 効き目の強さ、ベスト3以外の花粉症の薬について。

「強さ」ベスト3以外の花粉症の薬については、以下の薬が有りますので、
参考に紹介致します。

ザイザル・エバステル・タリオン・アレグラ・クラリチン 等々です。

これらの薬を選ぶ際には、効き目の強さで選ぶことも、大切な選択肢の1つでは
ありますが、強い薬にはそれなりの強い副作用がある、こともご承知ください。

花粉症の薬には8っつの副作用があり、それは以下の通りです。
眠気・頭痛・倦怠感・口の渇き・便秘・下痢・めまい・生理不順

罹り付けの医師と良く相談し、副作用のことを踏まえたうえで、自分に合う薬で、
花粉症対策をとる様にしてください。