今、苦しまれてる咳・痰は、実は風邪では無く、花粉症の悩みでありませんか?
もし、1週間以上も続いているならば、花粉症の咳の可能性が高いです。

季節の変わり目に、咳が出たり、のどが痛いと感じる様ならば、花粉症の可能性大
ですし、咳・喉の痛み以外にも、鼻水・くしゃみ・目の痒みはありませんか?
花粉症の症状のなかで、のどに異常を感じる人は、80%近くもいるそうです、

ここでは、花粉症で咳や痰がでる方の悩みについて、詳しく説明しております。

 

 
☆★ 花粉症で、咳や痰は、何故出るのか?

花粉が飛び散る時期に、「咳が止まらない」「痰がよく出る」こういった症状を、
経験されたことはありませんか?

これは、季節の変化時の風邪ではなく、実は花粉症の症状であることが多いです、
花粉症と言うと、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状を、閃いてしまいますがちに、
なりますが、咳と痰がでることもあるのです。

次の理由から、花粉症で、喉にダメージ・咳・咳・喉の痛みが出てきます。

・喉に、花粉の成分が付着してしまって炎症が起こり、花粉症の症状として
鼻が詰まってしまうことで口呼吸となり、唾液の分泌がが減少して、
喉を痛めてしまうことで、咳が出やすい状態となります。

・鼻づまりが原因で、のどが乾燥してしまって、のどの粘膜が壊れてしまう。
加湿器を使い、のどにやさしい状態を作ってあげることも良いです。

・口呼吸をすることで、だ液の量が減ってしまうことも一つの原因です。
のど飴をなめると喉に水分を与えて喉の痛みをやわらげてくれます。
黄色い痰が続く様な場合には、単なる花粉症の症状ではない可能性もあります、
気になる方は、早急な医師の受診をおすすめします。
黄色い痰については、次項で説明してます。

症状緩和対策としては、細目のうがい、加湿器やのど飴を使って、乾燥を防ぐことが大切です。

 

 
☆★ 黄色い痰が続くのは、花粉症の症状とは違うことが多い。

喉に違和感があり、さらに黄色い痰がでる、という症状は、花粉症の症状のひとつ
としても見られるものですが、黄色い痰がでる症状が続き、さらに悪化すると
「肺炎」「気管支炎」「気管支拡張症」に進行する可能性が高くなります。

黄色い痰がでるというのは、体内で白血球と細菌が戦っていると言う証拠であり、
痰を黄色く変色させているのは、細菌の死骸なのです。

黄色い痰とともに、関節痛・頭痛・発熱 等の、他の症状が伴う場合には、風邪を併発していることも充分考えられます。

痰の色は、病気によっても変わってくるので、病院での診断の際には、どの様な
痰が、ごの位の期間、でているのかを確りと伝えることが大切です。

朝に黄色い痰がでる場合は、副鼻腔炎(蓄膿症)を発症している危険があります。

纏めますと、身体は異物を外へ出そうとして、痰がだしていることになるので、
それが多かったり、黄色だったりするのは、通常の健康状態でないのは確かです。

痰の出る感じ方が、いつもと違うな場合であれば、何らかの異常が有る事なので、
はやめに、医師に相談し適切な処置を受けることが大切です。

咳    ☆★   痰の絡む咳

 

 

☆★ 花粉症による、咳止めには、どんな薬はが良いのか?

薬を使って、咳を止める方法はありますが、少し注意が必要となってきます。

花粉症の咳であると分かっている場合は、
辛い花粉症の症状そのものがアレルギー反応で起きるものであるため、たんなる
咳止め薬では効果がありませんので、「抗アレルギー薬」が必要です。

市販薬でも、効くという薬はあるにはありますが、出来るならば医師や薬剤師と
相談しながら決めることがいいと思います。