今年も、花粉症のシーズンがやってきまして、只今真っ盛りと言うところで、
毎年、症状に悩まされる方にとっては、憂鬱でつらい季節であると思います。
最近、私もその一人となってしまいました。

花粉症の主な症状としては、鼻水・鼻づまり・目の痒み・目の充血 等で、
鼻と目に出てきます。

これらの症状は、鼻や目に花粉が付着し、刺激物となってアレルギー反応を
起こすのですが、花粉症の症状には、他にも、頭痛・咳・吐き気などの、
二次的な症状もあり、発熱もそのひとつでもあります。

花粉症からくる、発熱は風邪とよく似ており、見分けるのが難しいために、
花粉症であることに気づかず、間違った処置をてしまうことがあり様です。

ここでは、花粉症で寒気がして、熱がでる原因と、その対処法について、
詳しく説明しております。

 

 
☆★ 花粉症で、寒気がし発熱が起こる原因には、何があるか。

発熱の起こるメカニズムは、風邪と花粉症とでは、基本的には異なります。

体温が低い状態ですと、風邪のウイルスは、繁殖しやすい性質があります。

体内にウイルスが入り込んでしまうと、身体はウイルスを追い出そうとして、
発熱して、体温を上げる仕組みになっており、いわば発熱は防御反応なのです。

一方、花粉症で発熱する理由としては、主に以下の通りです。

■ 鼻づまりによる、脳が酸欠状態に陥り、頭痛や発熱が起こる。
■ 花粉症の症状からくる、体力の消耗・免疫力の低下。
■ 花粉を、体内から追い出す防御反応。(ここが風邪と同じです)

寒気は、発熱に伴って起こるものです。

身体に侵入した、花粉などの異物を排除するために、身体の体の防御反応として、
発熱は起こるのですが、このときの脳は、身体が「熱い」とは認識せずに「寒い」と認識してしまいます。

「寒い」と認識することで、身体は体温を上げようと発熱しるので、発熱初期に。
寒気を感じるのはこのためです。

花粉症の風邪との違い

特に初期の段階では、花粉症と風邪は見分けづらいものです。まずは、症状の違いをしっかり確認しましょう。
花粉症と風邪のもっとも大きな違いは、目の症状であります、目の痒み・目の腫れ目やに、などの症状が出た場合は、花粉症を疑って間違いありません。

花粉症の発熱では、高熱が出ることはないのが、風邪との大きな違いです。

体調不良              ☆★ 止まらないクシャミ

 

 

☆★ 花粉症での発熱と寒気の治し方に、何があるか。

花粉症で発熱が有ることは、前項で、説明しました。
さらに、花粉症の発熱や寒気は、「風邪薬」を飲んでも改善はしません。

体内に侵入した、花粉と言う異物を、体外へ排除するために、
過剰に攻撃を仕掛けて引き起こるのが花粉症であるのです。

対策ですが、花粉症の場合は医師の処方に委ねることになると思いますが、
自分でできる花粉症対策もしっかり行なっていくのが良いと思います。

■ 花粉症対策は、食事の改善から。

花粉症になる体質は、食べ物による影響が十分考えられます。

花粉症というのは免疫異常です~、この免疫は腸内環境と深く関わっており、
腸内環境が整えば免疫機能も正常化し、花粉症の改善ができるということです。

腸内環境を整える食べ物としては、
乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・納豆・みそ・しょうゆ・ぬか漬け・酒粕などの
発酵食品があります。

花粉症になる様な方は、便通の良くない人が多い傾向にありますので、
食物繊維のある野菜を、多く摂ることも効果的です。

あと食べると良くないものとしては、
甘いものや刺激物が炎症を助長することになりますので、チョコレート・ケーキ・
とうがらし・わさび・からし、等々のの摂り過ぎには注意が必要です。