花粉症予防・花粉症対策の第一歩は、花粉を体内に入れないことです。
この対策を、早め早めに講じることで、発症を防いだり、症状を軽減させたり
することができます。

2月中頃にもなると、花粉症シーズンが近いことから、薬局やスーパーなどの店頭に、対策グッズのコーナーが設置され始めます。

有効なグッズを上手に使って、早め早めに対策をうち、今年こそ悩まないで快適に
済ませたいものです。

ここでは、花粉症の対策に使われる、グッズについて、詳しく紹介しております、

是非参考にされて、花粉症に打ち勝って欲しいと思います。

 

 
☆★ 花粉症の予防対策に、代表的で有効な7つのグッズ。

いよいよ、花粉症の季節がやってきます。

患者さんにとっては、毎年この時期は、クシャミ・目目の痒み等で、とても憂鬱で集中力が続かず、イライラすることも良くあると思います。

花粉症予防の予防で一番有効なのは、鼻・目への花粉付着を防止することなので、
外出を極力避け、家にいる間は窓を閉めきる、のが最大の予防になります。

然し、全く外出しないという訳にはいきません、そんな時に対策グッズを活用し、
体内に侵入する前に、花粉を確りとブロックしたいものです。

通常のマスクと、メガネを着用するだけでもかなりの効果が見られますが、

有効な花粉症対策の、7つのグッズを以下に紹介します。

■ マスク
花粉症の予防と対策に、最も効果的なのは、マスクの着用です。
沢山の種類の「花粉症用」マスクが市販されていますが、必ずしも「花粉症用」
マスクを使う必要はありません。

通常のマスクを着用するだけでも、体内に入る花粉の量を、1/3以下に減らす
ことができるそうです。
湿ったガーゼをマスクに挟み込むと、水に付きやすいスギ花粉には、さらに効果
が増すことが解っております。

 

■ メガネ
目の痒みに悩まされる患者も多いと思います。
目に入る花粉を防ぐためには、メガネが非常に有効です、視力に問題がない人も
この時期は「伊達メガネ」を着用することも良いでしょう。

尚、コンタクトレンズを使用している人は、レンズと結膜との間で花粉が擦れ、 炎症を起こす原因になることがありますので、できるだけメガネを着用するように、
注意が必要です。
 
■ 化学繊維の服
外出して服に花粉がつくと、家の中に花粉を持ち込んでしまうことになります。 ウールなど、表面がふわふわした衣類は、静電気が起きやすく、花粉症シーズン
は着用を避け、ポリエステルなどの化学繊維や綿など、表面がツルツルしていて
静電気が起きにくい素材を着用する様心掛けてください。
玄関先では、花粉を服から払い落すのを忘れずにしてください。

 

■ 帽 子
花粉が付着しやすい、顔・頭・髪に付いた花粉を、払い落とすのが困難です。
帽子をかぶることで、頭の花粉付着は避けられますので、長い髪の方は、つばの
大きめの帽子で、頭をすっぽりと覆うと安心です。
おしゃれや防寒効果もあり、新たな気分で出かけてられると思います。

 

■ 花粉防止クリーム
鼻の穴に塗ることで、体内への花粉の侵入を防ぐクリームです。
このクリームには、花粉症の症状を軽減させる成分は、含まれていませんが、
粘膜に花粉が直接付着するのを防ぐ効果があります。

マスクを通り抜けてしまった花粉の、侵入を止める最後の砦ともなります。
薬効成分を含まないため、副作用の心配もかなり少なくなっていますので、
酷い花粉症に悩まされている方は、早め使用してみると良いかもしれません。

 

■ 静電気防止スプレー
化学繊維のツルツルとした、素材の服を着様すれば、花粉の付着自体は少ない
ですが、ウールや毛皮の服を着たい日は、静電気防止スプレーを、吹きかけて
おきましょう。
静電気さえ防止すれば、花粉の付着はかなり防止できます。
洗濯の際に、柔軟剤を使用するのも、静電気防止に有効です、柔軟剤には服を
柔らかくする以外に、繊維同士のすべりをよくする働きがあります。

 

■ 人工涙液
目の表面に付着した花粉を洗い落とすときには、人工涙液の使用です。
涙で覆われている目の表面は、水道水で目を洗うと、涙を洗い流すだけでなく、
目の細胞を傷つけてしまいます。

人工涙液とは、塩化ナトリウム・塩化カリウムを含む点眼薬で、ドライアイの
治療などにも用いられます。
涙と似た性質を持つため、目を傷つけずに花粉を洗い流すことができるので、
外出から家に帰ったら、洗顔・うがい・鼻をかむ、人工涙液で目を洗うのを
習慣にしましょう。

咳

☆★ マスクは、手軽な花粉症グッズ

 
☆★ 詐欺犯罪が増加する、花粉症グッズの、ネット販売に ”ご用心 ”

例年、花粉症シーズンともなると、対策グッズのネット販売詐欺が、横行します。

花粉が飛散し始まると、決まって、マスクやメガネ関連だけではなく、空気清浄機などの、高価な家電製品も含まれ、商品の多様化が、サイトに目立ちます。

詐欺サイトとは、商品の購入代金を振り込んでも、商品が届かないだけではなく、不正なプログラムを仕込まれ、自分が気付かないところで、クレジットカード番号や銀行口座へのログイン情報が、盗まれる危険性もある様です。

他にもこの時期は、入学・就職・引っ越しのシーズンで、春の新生活を迎える方が多い時期でもあり、これを“ネタ”にした、安売りやセールなどの詐欺サイトで、毎年被害者が増えております。

ネット詐欺は、一向に無くなる様子はなく、細心過ぎるくらいの注意を払う事で、
自衛するしかありません。
何の疑いもなく、安易に購入しようとする行為は、禁物です。

アロマ・キャンドル

 

☆★ 花粉症対策で、効果が期待できる、アロマオイルもあります。

花粉症予防対策は、グッズだけに頼るのではなく、

アロマオイル効果も並行して、活用する対策も良いようです。

アロマオイルの中には、花粉症の症状の緩和効果のあるものが、色々とあります、
ここでは、代表的なものを紹介します。

■ ユーカリ
ユーカリは、鼻スッキリするので、のど飴などによく配合されており、 鼻や喉に 良い植物として古くから珍重されています。

■ ペパーミント
鼻づまりや咳を鎮め、偏頭痛にも効果が あります。
ペパーミントは、目の粘膜を刺激することがあるので、注意が必要です。
使って下さい。

■ ラベンダー
清潔感のある香りのラベンダーは、炎症を鎮めて呼吸を楽にします。
こちらもご参考にご覧ください。

http://www.byoukiness.com/kfn-kfn/