低血糖症という病気は、今すぐにでも改善してゆきたいものです。

 

「多糖類」を多く取ることが、その改善には効果があると、

調べて解りましたので紹介します。

低血糖症の疑いのある方の、検査についても調べてみました。

 

低血糖とは、血糖値が正常時と比べ異常に低くなる状態を言い、

約70~110mg/dLの範囲内が、正常とされる血糖値です。

 

糖尿病の特徴には、血糖値が正常値よりも高いことですが、

糖尿病の多くの人は、低血糖をときおり経験してしまいます。

 

一方、糖尿病でない人には、低血糖はめったに起こりません。

検査で、低血糖と診断された方は、早速改善に努めてください。

医療・体重計

 

◆◇ 低血糖の検査とは、どの様にして・・・

低血糖の症状は、血糖値が60mg/dLよりも低くならなければ、

めったに起こらないものです。

 

血糖値が、この数値より少し高くても、

血糖値が急激に低下した場合には、症状が現れる人もいますが、

この数値よりずっと低くなるまで、症状が現れない人もおります。

 

それでは、低血糖をどのような方法で、検査をするのでしょうか。

 

まず、最初に行うのが血糖値も測定です。

低血糖の典型的な症状があって、さらに血糖値が低くあり、

特に、1回でも症状が明らかに低血糖値と関連して出現すれば、

糖尿病でなくても「低血糖症」の診断が確定されます。

 

その場合、糖分を摂取して数分以内に血糖値が上がり、

症状が解消すれば、その診断は確実に裏づけることになります。

 

糖尿病患者ではなくても、低血糖に陥りやすい人は、

食事は、通常3食摂るところを、少量の食事を何回に分けて摂る、

所謂、空腹状態を作らない様にすることで低血糖は避けられます。

 

低血糖を起こしやすい人は、

医療関係者にたいして自分の状態を知らせるために、

医療識別のブレスレットやタグを身につけるか持ち歩くべきです。

 

笑う4

 

 

 

 

 

◆◇ 低血糖症の改善は、どんな方法で・・・

 

「多糖類」の飲み物を摂ることを、低血糖症の改善にお薦めします。

 

糖類には「多糖類」と「単糖類」の2種類がありまして、

通常飲食する大部分の糖類は「単糖類」の白砂糖が代表例です。

 

其の「単糖類」という糖類は、

摂取すると直ぐに血糖値が上がるのですが、直ぐに下がるので、

慢性的に摂るような結果になることになってしまいます。

 

さらに、内臓にかかる負担も大きく、糖尿病になったりします。

 

一方「多糖類」という糖類は、

手軽に入手できるの「てんさい糖」がその代表例ですが、

価格も普通の白砂糖と大差がなく味も殆ど一緒ですので、

口にしても、特別に不満はでないものと思います。

 

その他には、自然の野菜・甘味のあるジュースで作る事も有り、

低血糖を治すには、カボチャ等の甘い野菜を使った食事が有効で、差し当たて「単糖類」の糖分摂取を控える事です。

 

再度、繰返して言いますと、

「単糖類」は消化・吸収される際は、簡単に分解されるために、

その効き目が早いですが、そのかわりに落ち込みも早いのです。

 

一方「多糖類」は、

分解も吸収も進行が徐々にであり、体に優しいということです。

 

女性特有の特徴として、夕方になると気分の落ち込みが大きく、

デザートなど甘いものが欲しくなるようです。

 

その様な時には、「単糖類」の甘いものばかりを食べていると、

直ぐに気分が高揚しますが、反面、その後に落ち込みますので、

繰返し甘いものが欲しくなるという、悪循環になりやすいのです。

 

そうなると、本格的に色々な病気になったりし良くはありません、

従って、糖分を摂るなら「多糖類」が良いのです。

 

低血糖の改善を目指すとするならば、

野菜等の「多糖類」の摂取に努めることが大切と言えます。

 

 

 

◆◇ こちらもどうぞご覧ください。

http://www.byoukiness.com/mujikaku/