膝の関節内にある「十字靭帯」ですが、
「前十字靭帯損傷」は手術適応になるのが多く、リハビリの期間も非常に長くなり、「後十字靭帯損傷」は、リハビリで治していくことが一般的です。

このように治療方法が変わってくる原因は何なのでしょうか。
このページでは、後十字靭帯損傷の病態について、詳しく説明してます。

 

 
◆◆ 後十字靭帯損傷は、どんな原因で起きますか。

後十字靭帯損傷は、膝裏の後十字靭帯が、何らかの原因で引き伸ばされてしまい、
傷ついてしま傷病です。

後十字靭帯は膝の内部にある、比較的太い靭帯で、靭帯損傷を起こす原因の多くは、
前方方向から膝下に外力が加わることで起こります。
膝関節にズレが生じたことで、後十字靭帯が引き伸ばれてしまうのです。

スポーツをしている人であれば、ラグビーでのタックル時に受傷することがあり、
一般では、思わぬ転倒や交通事故などで、膝下を激しくぶつけてしまうと、後十字
靭帯損傷を起こしてしまうこともあるようです。

 

 
◆◆ 後十字靭帯損傷の、症状と治療について。

後十字靭帯損傷を起こしてしまうと、どんな症状が起こるでしょうか。

靭帯損傷を起こすと、膝関節の安定性が低下してくるので、階段の昇り降り 等で、
強い違和感を感じます、損傷が酷い方の場合は、痛みを感じるかもしれません。
症状がさらに進行すると、膝の皿(膝蓋骨)にまで痛みを感じる様になります。

どこかに膝をぶつけてしまって、違和感や痛みがあるようでしたら要注意です、
後十字靭帯損傷を起こしている可能性があるので、病院で診察を受けてください。

後十字靭帯損傷の治療については、周辺靭帯と比べ後十字靭帯は太い靭帯ですので、
受傷したとしても、生活の影響は少ないといわれています。
それに、血行が良い位置にあるため、損傷しても回復が早いという特徴があります。

症状が軽く、生活上での支障が出てなければ、治療する必要はない様ですが、
重度の場合には、膝下が陥没したり、大きくズレルといった症状がみられますので、このような場合には、専門医による早急な治療が必要です。

手術での治療でて、身体の一部から腱を採取し、膝内部に移植する術式を行います。

サッカー5 ◆◆ サッカーも靭帯損傷が多い

 

 
◆◆ 後十字靭帯損傷を放置する危険性。

後十字靭帯損傷を放置しておくと、重篤な「変形性膝関節症」招くことになります、
これは、慢性的な膝の負担によって、関節が磨耗して、膝関節の形が大きく変形、
してしまうという病気です。

膝への負担を吸収する、軟骨にも深刻なダメージを与え、症状が進行すると歩行が、
できなくなる人もおり、この段階になると、骨の矯正術が必要になります。

チョット膝をぶつけた程度の些細なことであっても、放置してしまうと歩行困難を
起こしてしまうことがあり、特に高齢者に於いては、十分な注意が必要です。

膝への継続的な違和感があるようなら、早めに病院に相談するようにしましょう。
大事なのは、早期の治療ですので、くれぐれも注意をいておくことです。