膝の関節の、外側に膝外側靭帯、内側に膝内側靭帯、中心には、後十字靭帯と
前十字靭帯の2本がクロスして存在し、合計4本の靭帯があり、関節が不安定に
ならないよう、それぞれが制動作用を果たしております。

これらの靭帯に、大きな外力がかかってしまい、部分的に、あるいは、完全に切れて
しまうことがあります、これを膝の靭帯損傷とっ言っております。

ここでは、左膝内側側副靭帯損傷について、詳しく説明しております。

 

 
◆◆ 左膝内側側副靭帯損傷の、発症の原因について。 

左膝内側側副靭帯とは、左膝にある靭帯の中でも、内側にある靭帯のことです。

左膝内側側副靭帯損傷の原因は、左膝の外側からの強い力加わることで、左膝が
伸びきってしまい、普段縮んでいる内側側副靭帯が引き伸ばされてしまう傷害です。

損傷の起こし易い、球技系スポーツとしては、サッカー・ラグビー・バレーボール・
バスケットボール・・野球 等があり、球技系以外では、スキーに損傷が多いです。

外力だけではなく、大きく捻ることで内側側副靭帯損傷を起こしてしまうことが
あります。例えばスキーヤーには、膝ごと捻ってしまうことがあり、怪我を誘発して
しまいます。

 

 

◆◆ 左膝内側側副靭帯損傷の、傷害の度合いについて。

靭帯損傷の傷害の度合いは、以下のように三段階に分類されています。

■ 第一度(捻挫)
靭帯が伸びきってしまった、若しくは、軽度の断裂がみられる状態。
具体的には、以下のような症状がみられます。
・膝内側を押すと、圧痛を感じる
・膝の曲げ伸ばし・関節のぐらつき 等の、異常が見られない。

■ 第二度(部分断裂)
靭帯の損傷、若しくは、断裂が多く起きている状態。
具体的には以下のような症状がみられます。
・膝の曲げ伸ばしが、困難になる
・関節がぐらつく 等の、不安定になる
・膝に、強い痛みを感じる

■ 第三度(完全断裂)
靭帯が完全に断裂してしまた状態で、早急な処置が必要です。
具体的には以下のような症状がみられます。
・靭帯が切れてしまっているため、痛みはそれほど感じない
・歩くことができない
・膝関節が、非常に不安定である

 サッカー4 ◆◆ フットサルに多く発症する靭帯損傷

 

 
◆◆ 左膝内側側副靭帯損傷を起こしたら、その処置はどうするか。

内側側副靭帯損傷は、目視することができず、損傷状態がわかりにくいために、
強い外力を受けた後に、痛みを感じる様な場合は要注意です。

膝の違和感があるようであれば、直ぐに専門医での検査診察と診断が必要です。
詳しい問診とレントゲンで状態を判断し、治療方針を決めていくことになります。

応急処置としてRICE療法を、すぐに行うことも重要です。
RICEとは、Rest=安静・Ice=冷却・Compression=圧迫・Elevation=挙上
の4つの頭文字を取って名付けられた治療法です。

R・I・C・E、それぞれに大きな効果があり、受傷後の患者は、緊張と共に脈拍が
上がり血流が速くなるので、これを抑えるために、最適で有効な応急処置です。

RICE療法をいかに早く実施できたかが、早期回復のポイントになります。