靭帯損傷を起こす人には特徴があります。
野球選手のピッチャーは、継続的な投球が負荷となり、肘への負荷が大きいため、
肘内側側副靭帯損傷を起こす人が多い特徴があります。

大リーグでも、肘内側側副靭帯損傷は非常に多く、日本人では、松阪大輔選手が、
受傷して長期の治療を受けていたことはご存知のことと思います。

ここでは、肘内側側副靭帯損傷のことについて、詳しく説明しております。

 

 

◆◆ 肘内側側副靭帯損傷の原因と発症について。 

肘の靭帯には、一方向以外に肘が曲がらない様にする役割が有ります、その役割を
担っているのが、側副靭帯です。

側副靭帯には、「内側側副靭帯」「外側側副靭帯」の、二つの靭帯がお互いに左右
から固定することで、腕は機能的に動かすことができるのです。

側副靭帯の損傷には、転倒などの怪我によるものの他、スポーツによる繰返しでの、
ストレスに因るものがあり、特に肘内側側副靭帯は、反復的に投球動作を重ねる
ことにより負荷が加わる野球の投手に、テニスのサーブや、陸上競技の槍投げの
動作でも、同様の負荷が加わってしまい、損傷しやすくなります。

強い力による靭帯損傷は、高齢者ほど要注意で、高齢者は足腰が弱く転倒しやすい
ため、もし転倒して肘を突いてしまったのであれば、念のため検査を受けて下さい。

肘内側側副靭帯の損傷は、MRI検査等で正確に診断ができますし、次の症状が有る
場合は、肘内側側副靭帯損傷を疑ってみる必要があります。

・投球時に痛い。
・肘の内側を押すと痛い。
・関節がはずれる様に感じる。
・肘の曲げ伸ばしをすると痛い。

野球少年3      ◆◆ 肘内側側副靭帯損傷し易い少年野球

 
◆◆ 肘内側側副靭帯損傷の治療方法について。

肘内側側副靭帯損傷の治療に前に、単純レントゲン撮影の他、超音波検査を行い、
損傷した患部の状態を精密に診断し、次の治療方法と目標を決定します。

■投薬固定・物理療法・・・・・・・・・・・・患部の炎症を抑え、安静を図る。
■装具・テーピング療法・・・関節の不安定性を軽減し、動作時の負担を減らす。
■運動療法・・・・・安静中の患部外トレーニング、周囲筋の柔軟性・筋力強化。
■スポーツ動作指導・・・・・・・・・・・・・投球動作などのチェック、指導。
■損傷の程度が大きい存療法では改善しない・・・・・・・・・靭帯帯再建手術。