母指に横方向の強い力が加わると、靭帯が断裂します。
母指MP関節靭帯損傷とは、転倒した場合に親指の先から2番目の関節が、外側に
強制的に曲げられたときに、靭帯に損傷が起こって生じる障害を言います。

損傷程度については、指を横に曲げてみて判定し、治療の方針を決定します。
軽度の場合には、「保存療法」を選択し、過度に横に曲がってしまう場合には、
「手術療法」により、切れてしまった靭帯を再建します。

ここでは、母指MP関節靭帯損傷について、詳しく説明しております。

 

 

◆◆ 母指MP関節靭帯損傷を、もう少し詳しく説明します。 

母指MP関節靭帯とは、中手骨と母指の基節骨を結ぶ靭帯です。

母指のMP関節を押した時や、動かした時に痛みが起こり、レントゲン撮影では、
靭帯が付いた小骨片がみられることもあります。
横方向への力を加えたストレス撮影では、関節の不安定性がはっきりします

母指MP関節部の、つき指や指の付け根の捻挫は、バレーやスキーい、良くみられる
疾患で、決して珍しいものではありません。

然し、捻挫と思い安易に放置してしまうと、いつまで経っても指の痛みが引かず、
力も入りにくいということが、長く続くことがあります。
この場合は、捻挫ではなく、「母指MP関節靭帯損傷」を、疑る必要性があります。

母指MP関節靭帯損傷は、母指の付け根で、先から数え二番目の関節の、人差し指に近い側の側副靭帯の損傷のことを指しております。

急性期では、母指のMP関節に腫れと痛みが出現し、物をつまむ時・蓋を開ける時、痛くて力を入れることが出来ません。

 

 
◆◆ 母指MP関節靭帯損傷の、検査と治療。

母指MP関節靭帯損傷は、母指に対して外側方向への力が、強く加わった時に生じ、
この場合、横方向に力を加えた状態での、レントゲン撮影での検査が必要です。

靭帯損傷には、損傷の程度により、次のように3分類しております。
・第1度・・・靭帯の微細損傷で、関節は安定している。
・第2度・・・靭帯の部分断裂で、軽度の関節不安定性がある。
・第3度・・・靭帯の完全断裂で、関節不安定性が著名にみられる。

母指MP関節靭帯損傷で、第1度・2度の場合は「保存療法」が可能ですが、
第3度になると、殆どの場合「手術療法」が適用されるので、受傷した際は、
早期に専門医師に受診されることをお薦めします。

靱帯の完全断裂が疑われる場合は「手術療法」にて、靱帯の縫合を行う必要があり、
「保存治療」を行ったとしても、痛みがあり安定性が悪い場合は、靱帯の再建手術が必要となります。

スキー無題  スキーは靭帯損傷を起こし易い ◆◆

 

 
◆◆ 母指MP関節靭帯損傷の、治療後の固定とリハビリについて。

親指の靭帯損傷(捻挫)は、日常生活が不便でとてもつらいものです。

人間の組織は、使わないものは不要と判断して、筋肉も関節にしても、どんどんと
退化・萎縮・拘縮が間違いなく進行してしまいます。

この進行は、怖ろしい程のスピードで、固定していたために、筋肉が萎縮したり、
関節が固まることが起こります。
この様な筋肉や関節の機能を、再び獲得することがリハビリ主眼になります。

固定期間が長ければ長い程、リハビリによる回復はますます困難となり、骨折部に
プレートを埋め込んだして、関係のない関節を出来るだけ動かせる様に配慮したり、固定期間を可能な限り短縮させたり、といった努力が続けられます。

それでも、ギプスから解放された手足は、思っている以上に衰えてしまうますので、
固定をしている時期に、無理な負荷が損傷個所にかかってしまうと、せっかく修復し
かけた組織が再び損傷してしまうため、軟性装具やテーピングで患部をサポートするのが大切です。

スポーツ活動で、がっちり固定するならば、ホワイトテープが必要になりますが、
いちいちテーピングするのも大変ですので、リハビリやスポーツ復帰の際には、
痛めた指を隣の指と一緒にテーピング固定する、バディサポートという方法が、
一番合理的な様ですです。