リハビリは、基本的には患部の状態がある程度、回復・安定してから行いますが、
足首靭帯損傷の初期に、自宅で行える「冷却療法」「温熱療法」の処置があります。

ここでは、足首靭帯損傷に関する初期の処置について、説明しています。

 

 
◆◆ 足首靭帯損傷(捻挫)した場合の症状について。

足関節の靭帯損傷(捻挫)を、大きく分類しますと「内反捻挫」と「外反捻挫」の
2種類に分類されます、なかでも発生率は高いのは「内反捻挫」の方になります。
以下に、2種類の捻挫について、少し詳しく説明しますと、

■ 「内反捻挫」
足首を内反した際に、かかる外力が強いと、骨折を起こすことも良くあります、
こうなった場合は、手術によって治すしか方法は有りません。
この捻挫で損傷され易いのは、主に、前距腓・前脛腓・二分・踵腓の、靭帯です。
なかでも、問題になるのは、前距腓靭帯と前脛腓靭帯を損傷した場合です。

■ 「外反捻挫」
足首を外反した場合は、外力の加わり方が「内反捻挫」に比べ、強いために、
捻挫 は済まず、大きな骨折や脱臼を起こしてしまうことが、少なくありません。

これらの靭帯は、足関節の安定性を保つための、非常に重大な役割を担っており、
損傷した靭帯のまま、適切な処置を行わないで放打って置くと、足関節の不安定感が起こりますので、注意が必要です。。

靭帯損傷したとしても、受傷直後は痛みの症状が軽いために、無理してそのままに、
運動を続けてしまい、ある程度の時間が経ってから、激しい炎症を起こししまって、
歩くことも出来なくなることがよくあります。

テニス2 ◆◆ テニスも足首の損傷が多い

 

◆◆ 足首靭帯損傷の、損傷程度による分類について。

「内反捻挫」「外反捻挫」どちらも、重傷度合いで1度・2度・3度の3種類に
分類されています。

■ 1度の症状とは、捻挫。
靭帯の一部が瞬間的に伸ばされたのみで、靭帯の損傷は少なく、機能的な損傷
が見られないものです。
痛み・腫脹は軽度であり、 内出血は無いか有ったとしても軽微です。

■ 2度の症状とは、部分断裂。
靭帯が部分的に断裂している症状です、
足関節の外くるぶしの周りに、痛み・腫脹・内出血が起こって、 関節の不安定な
感じも起こります。

■ 3度の症状とは、完全断裂。
靭帯の、完全断裂している症状です。
受傷後の痛み・腫脹がとても強く、足関節外側部全体に見られる、関節の不安定

な感じが強い上に、痛みによって歩行困難となります。
場合によっては手術が、必要になることもあります。

 

 
◆◆ 足首靭帯損傷の、治療とリハビリテーション。

靭帯の損傷直後の急性期は、まずは、RICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)で、
患部の炎症・出血等を抑制するのが基本となります。

その後の回復期では、患部の血行を促して、損傷部位の回復を図る事が重要です。

損傷した靭帯などの、軟部組織がある程度修復するまでの間(急性期-回復期)は、
患部の固定をする事が必要不可欠です。

リハビリについては、基本的に患部の状態が、ある程度回復・安定してきてから、
行いますので、上記のような状態では通常はリハビリ行いません。

ここでは、初期(急性期-回復期)に於ける、自宅で行える処置を説明します。

■ 「冷却療法」
靭帯損傷した直後に、行う治療です。
急性期での、痛みや炎症を和らげる効果があり、治療全体に用います。

運動やリハビリの後に、負担をかけた患部の刺激症状を、軽減するためにも
役立ち、サッカー選手が足首や膝に、野球の投手が、肩や肘を氷で冷却している
のもこれに基づいて行っているものです。

受傷直後の場合は、患部を冷やして痛みが麻痺した状態のままで、足関節を
動かすことにより、患部の関節の動きが固くなる事を、最小限に抑えて競技への
早期復帰を目指すことが出来ます。

足関節に関しては、第1度~第2度までの靭帯損傷に限り、 骨折 等がある場合
は微細なものでも、早期の運動は「禁忌」としてます。

専門医を受診し、通院している場合は、専門医の指示に従ってください。

■ 「温熱療法」
靭帯損傷後、3日以内での「温熱療法」行うのは、基本的に「禁忌」です。

患部からの出血が治まってから「温熱療法」を開始し、患部の血行の促進を、
図ります。 血行を促進することで、痛めた組織の修復に必要な栄養素がより
早く患部に行き渡ることになります。

また、温めることによって、筋肉や靭帯などの軟部組織を、より柔軟にした上に、
関節を軟らかくする事もできます。