不整脈の治療法には、徐細動、ペースメーカー、カテーテル、薬物治療、
等々があります、ペースメーカーなどを使用しますが、
ここでは、そんな心臓の病気の不整脈の治療法について説明しております。

 
◆◇  徐 細 動

直流電流を心臓に与えて、不整脈を正常な洞調律リズムに戻す治療法です。

「心室頻拍」で血行が破綻・血圧が低下しショック状態になっている時や、
「心室細動」が起こったときに使用します。

重篤な不整脈が発生した時に、
強い電流を心臓に流して、不整脈を起こしている電気的な活動を停止させ、
心臓のリズムをもとにもどす方法です。

心臓が正常なら、心筋全体が規則正しいリズムで、収縮と拡張を繰り返すが、
弱った心臓の場合は、心筋の各部分が「細動」状態になることがあり、
「心室細動」が起こると、血液が流れず、放置すれば数分で死に至ります。

「細動」を停止させるには、心臓に瞬間的に強い電流を流すことが必要で、
そのための装置を除細動器といいます。
体外から除細動を行うためには、心臓を挟むような位置に一対の電極を当て、
2~7千ボルトの電圧を、千分の2秒程度加えます。

 
◆◇  ペースメーカー

重症の不整脈があり、細動が起こる危険性が大きい場合には、
ペースメーカーと言う装置を、手術で胸に埋め込みます。、
心臓の拍脈の異常を検知して、人工的に規則正しい電気信号を作り、
自動的に除細動を行う治療法です。

ベースメーカーには、
普通知られる「ベースメーカー」とICDと言われる「植込み型徐細動器」、
CRTといわれる「心臓再同期療法用ペースメーカー」、
CRT-Dの「両室ペーシング機能付き植込み型徐細動器」4種類あります。

・・一般的な普通のペースメーカー
徐脈性不整脈で完全房室ブロックや洞機能不全が適応となります。

詳しくは、別ページ『不整脈とペースメーカーとの関係』で、
説明しておりますのでそちらをご覧ください。

・・植込み型徐細動器(ICD)

ICDは、突然死予防を目的として、「心室頻拍」「心室細動」を感知して、
自動的に徐細動を行うペースメーカーです。

以下のような場合に適応します。
・繰り返し「心室頻拍」が発生し、薬物治療の効果がない場合。
・カテーテル治療を行っても、完全に抑え切れない場合。
・「心室細動」や、その既往症がある場合。

・・心臓再同期療法用ペースメーカー(CRT)

右心室・左心室を同時にペーシングし、収縮の同期性を回復させる方法です。
拡張型心筋症で薬物療法を行っても、頻繁に心不全になってしまう場合に適応となります。

・・両室ペーシング機能付き植込み型徐細動器(CRT-D)

CRTとICDの両機能を、併せ持つペースメーカーです。
重度の心不全・「心室細動」や「心室頻拍」が発症しした上に、、
めまい・失神などの症状の既往があり、EPSで心室細動が誘発された場合に適応になります。

 

◆◇ カテーテル治療

カテーテル治療は、不整脈の原因の心筋組織を焼灼する治療法です。

直流通電法と高周波通電法の2種類があり、
最近は、侵襲が穏やかな高周波通電法が主流となっています。

頻脈性不整脈(WPW症候群・心房粗動・心房頻朴・心室頻拍)の、
根治治療として評価されています。

 

◆◇  薬物治療

不整脈の薬物療法としては、次の3種類に分類できます。

・・不整脈を抑制する、抗不整脈薬
・・不整脈を発生させない、環境を整える薬剤
・・不整脈に関連して発生する、疾患に対する薬剤

抗不整脈薬それ自体が不整脈の原因となる可能性もありますので要注意です。