食べ過ぎの生活習慣は、肥満をもたらし、現代病予防には、特に要注意です。
この食べ過ぎが、度を過すことで、身体の負担が増し、
心臓に負担をかけることになり「不整脈」を起こすことも有り得るのです。

生活習慣に関しては、「高血圧」も有名な病気です。
血圧が変動するのは、「不整脈」の発症かれ、ということではありませんが、
逆に「高血圧」のために「不整脈」が出る事が有りますので、
血圧の管理には十分な注意が必要です。

ここでは、「不整脈」と「高血圧」との関連性について説明しております、
是非参考にされて、健康管理の知識を高めてください。

 

◆◇ 「不整脈」と「高血圧」とは、関連性が有ります。

不整脈と血圧は、無関係のように思いがちですが、
実際は、高血圧が不整脈を発症させるという、事例が沢山有るのです。

血圧が不整脈を、直接発症させているのではありませんが、
『 強い圧力で、身体内に、血液を送る 』と言うのが、高血圧であり、
このことが、不整脈の一つの原因となるのです。

高血圧が続いている事は、心臓の肥大や負荷の増大が重なっていることであり、
その結果として、不整脈が発症しやすい事になるのです。

不整脈のうち、「心室細動」とは、
心臓の動きに乱れがあり、正常に血液をに送り出せない状況です。
つまり、それはポンプ圧がゼロになることなので、急激に血圧が下がります、
放置してたら、数分で死に至りことになります。

この状態は、「低血圧」と言う病気では無いので、
心臓病発作から、発症した不整脈による、血圧の低下という、
捉え方をは、すべきではありません。

「心室細動」が発症するときは、同時に「心不全」に陥ってしまいます、、
そして、ほとんどの患者が亡くなってしまうからです。

つまり不整脈とは、脈拍が有るという条件の下で、発する症状であります。
とは言っても、脈拍が乱れるとしたら、血液の圧力に無関係ではありません。

「不整脈」は「症状」で、「血圧」は「状態」としてとらえるべきです。
「不整脈」「血圧」どちらも、それ自体が何らかの「異常」というよりは、
「原因」による「結果」ですから、
「原因」を抜きにして、関連性を語ることは出来ません。

 

◆◇ 高血圧を治すには、生活習慣を治す事からスタートです。

不整脈の患者は、高血圧の症状も患っていることが多く見られます。
高血圧を放っておく事は、致死性の不整脈を引き起こしたり、
最悪の場合には、死に至ることもあるますで、注意が必要です。

高血圧患者は、生活習慣の改善をすることが大切です。

「血圧」とはその名の通り、血液を身体内に送り出す際の圧力を指しており、「心拍出量」と「血管抵抗」という医学用語があります。

「心拍出量」とは、心臓が送り出す血液の量のこと、
「血管抵抗」とは、血流に対する抵抗のことをいうのです。

「高血圧」の状態は、
この「心拍出量」や「血管抵抗」が高い状態の事を指しているのです。

「高血圧」状態が恒常的に続いていると、
心臓は疲弊するだけではなく、動作にも異常が生じてきます。
この動作の異常が「不整脈」の症状になって現れて来るのです。

致死性の不整脈には「心室細動」などがありますが、
「心室細動」を引き起こすことで、心機能の低下が生じ、
身体へ血液を送ることができなくなり、死亡するケースもあるのです。

不整脈や高血圧という症状は、大体が生活習慣の中に原因が隠れています。
アルコール・喫煙・暴飲・暴食・運動不足 等々、これらは以前から、病気を引き起こす大きな原因といわれています。

定期健康診断で「不整脈」「高血圧」と診断された場合の、
今までと同様の生活していては、治る事はまずありません。
今の生活行動を変える以外、健康への道はないと思わなければなりません。