「不整脈」と聞くと、病気が原因で起きると、考える人が殆どと思います。
実は、「自律神経失調症」が原因で、不整脈が起きてしまう
という可能性も十分考えられるのです。

ここでは、「不整脈」と「自律神経」との関連性について説明しております、
是非参考にされて、健康管理の知識を高めてください。

 
◆◇ 「自律神経」は、意識していなくても、自然に働いています

生命維持に必要な、呼吸・心臓の動き・血液循環・消化吸収活動など、
すべての機能をコントロールしている、神経のことをいいます。
自分が意識していなくても、自然に働いているのです。

この自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2種類があり、
お互い、対照的な働きをしており神経です。
「交感神経は」は、心身の活動をさせるための神経で、主に昼間働きます。
「副交感神経」は、昼間の緊張をゆるめ、心身を休息させるための神経で、
リラックスしたり、夜眠っているときに働いています。

『昼は活動 夜は眠る』という生活のリズムが、健康の基本と言うのも、
この自律神経のリズムに合わせて、暮らそうという意味なのです。
交感神経と副交感神経が、互いにバランスをとりながら働き、
また、そのスイッチが自然に切り替わることで、疲れた身体と心に休息でき、
機能が修復されるからこそ、私たちの健康は保持されているのです。

 

◆◇ 自律神経失調症とは、どの様な病気か。

自律神経失調症とは、「交感神経は」「副交感神経」の切り替え機能の、
低下が生じ、バランスをとることができなくなる病気のことです。

自律神経失調症になるとこの命令がうまく伝わらなくなることから、
心身にトラブルが起きるようになってしまいます。

たとえば、
頭痛・耳の閉塞感・のどの渇き・動機・めまい、などの症状が起き、
心の方にも、ダメージが起き出してきて、
理由もないのに、落ち込む・不安に苦しむ、等に悩むようになります。

大きな特徴は、「症状はひとつではない」ということです。
いろいろな症状が、一気に同時に現れるのが、自律神経失調症の特徴です。

みなさんは、自律神経失調症という病気を御存知でしたでしょうか。
このように、自律神経失調症は、
心身に、いろいろな病気を引き起こすことが、問題なのでありますので、、
診断された場合は、十分に注意しなければなりません。

 

◆◇ 自律神経失調症と、不整脈との関係について

心臓は、正しい速度でリズミカルな、鼓動をうつからこそ、
健康な状態を維持していけるのです。

自律神経失調症になると、リズミカルな鼓動の、維持ができなくなり、
不規則な鼓動となって、いろいろ悩まされることが増加します。
この場合は、不整脈よりも早く、自律神経失調症の治療が求められます。

自律神経失調の状態で、不整脈の治療をしたとしても、
根本的な原因である「自律神経失調症」を治さない限り、
繰り返し、似たような症状で苦しむことになってしまうからです。

 

◆◇ 自律神経失調症の治療はどの様にして

通常は自律神経失調症の病気は、
ストレスなどの原因が多いことなので、その治療から実施していきます。
心療内科の診察を受け、投薬治療を行いながら、
心の休息を、確りととれるような状態にもっていくことが大切です。

自律神経失調症の治療は、簡単なことではありませんが、
気長に時間をかけて行っていけば、必ず完治できます。

 

◆◇ 自律神経からくる、不整脈に対する治療の紹介

日常の生活環境条件を整え、自然治癒力を発揮させることが重要です。

不整脈には、特に酸素を多く取り込ませることがポイントとなるので、
そのためのドックブレスと言う、早呼吸法が簡単です。
つまり、犬が早く呼吸する方法を、数を数えながら500回行うと、
不整脈がよくなってきますので、試してみてください。