百日咳に罹った大人は、自然治癒で大丈夫ですと、は言いますが、
それでも、治療薬に頼らざるを得ない、場合もあると思います。

ここでは、百日咳の治療方法ついて、詳しく見ていきます。

 
★★ 百日咳の、治療薬としては、抗生物質が用いられます。

百日咳の治療に用いる抗生物質は、マクロライド系が有効で、
「エリスロマイシン」「クラリスロマイシン」などが百日咳に良く効きます。

服用は、カタル期に開始すれば、痙咳期まで進行せず、軽快できるのですが、
然し、カタル期に百日咳の診断を確定することは難しく、痙咳期からの治療開始
になることが殆どです。

この時期から飲んでも「発作性痙攣性咳嗽」は、治まりませんが、
2週間程度の内服で、菌を体外に排出する、除菌効果は、十分に期待できます。

学校は、「発作性痙攣性咳嗽」が取れるまでは、休ませる事になっていますが、
百日咳菌自体は、内服5日間で除菌できますので、それを考慮します。

百日咳の治療法として、一般的な、咳止めはまず効きません。

強い咳止めの中には、呼吸抑制作用がある薬品もあり、乳幼児に使用すると、
呼吸停止することがありますので、使用すべきではありません。

市販薬に含まれている、リン酸コデインなどがこのような薬です。
百日咳に限らず、普通の咳止めとして、この薬は内服しない方が良いです。

 

★★ 治療法を、語る前にの前に、大切な事、定期的なワクチン接種です。

ワクチン接種をしたとしても、10年ほどで効果がなくなってしまうため、
大人は、それ以降も、定期的にワクチン接種を受ける必要も有ると思います。

百日咳の、咳はずっと、出続けることになりますので、
他人に、菌をうつしてしまわないように、マスク着用は義務と言えます。
マスクで、菌が、空気中に飛び散ってしまうのを、防ぐことができるのです。

体内に、細菌増殖するのを抑えるためにも、きちんと薬を飲むことが大切です。

咳が出始め、それが何日も続き、一向に治らない場合は、即、病院で診断です。
若しかして、百日咳にかかっている可能性が、あるかも知れないのです。

素人判断で悩んでいるよりも、百日咳の診断は病院へ行き、 検査を受けることで、
確定診断をしてもらえるのです。