胸部X線検査のことを、一般的に、レントゲンと写真と言っており、
一般診療や定期健康診断などで、広も実施されている、単純撮影を指しております。

X線には、人体を通り抜ける性質がありますが、
骨のように、通り抜け難いところがあるため、X線写真を画面に写すと見ると、
濃淡ができます、この原理をを利用し体内の様子を、写し見ることができるのです。

X線検査の中でも、胸部X線検査は、最も簡単な検査方法ではありますが、
肺・心臓・肺の間の縦隔 等々の、器官の病気について、画像から様々な情報を、
得ることができるので、今でも、幅広く医療に利用され、役立っております。

 
■□ レントゲン写真とは、どんな方法で撮影しますか。

最低でも一回以上は、定期健康診断などで、レントゲン写真を撮った経験は、
殆どの皆さんは、お有りのはずと思います。
肺気腫の診断も、レントゲン写真を、活用して行います。

普通、レントゲン写真は、立ったままの姿勢で、正面像・側面像、を撮ります、
必要に依っては、側臥位(検査台に寝て横向き)像を撮影することもあります。

胸側にフィルムを置き、背中側からX線を照射しするのが、正面像撮影です、
正面像では、判定が困難な変化を見つける為に、身体を横に向きを変えて撮影する
側面像の写真も。を同じようにして撮影します。

正面像写真では、重なって写ってしまう、肺・心臓・横隔膜・助骨などを、
側面像写真で、補うことで、適切な診断ができるのです。
側臥位撮影は、胸水が疑われる時に行なうもので、画像をみれば一目瞭然に、
胸水の溜まり具合がよく判定することができるのです。

撮影時の注意する点としては、
画像のブレ防止のために、大きく息を吸い、動かずに確りと息を止めることです。

 

 

■□ 胸部X線検査(レントゲン写真)で、何がわかりますか。

胸部X線検査(レントゲン写真)は、肺の病気の診断には、大変有用で有ります。、
画像に、白い影として映っていれば、肺がん・肺結核・肺炎などの異常を疑います。
黒く映っていれば、肺内の空気が多いことで、気胸・肺気腫 等の病気を疑います。
他には、気管支拡張症や胸水なども、レントゲン写真で指摘されます。

一方、心臓や大血管も、同時に映ることを活用して、
心臓弁膜症・拡張型心筋症・心筋梗塞 等、心臓病を見つけることもできます。
また、心不全が悪化していると、肺水腫になったり、胸水が貯留したりすることも、
レントゲン写真で解ります。

もう一度、整理して申しますと、レントゲン写真で、異常が発見された場合には、

・ 肺 … 肺気腫・肺結核・肺炎・気管支炎・肺癌・気胸・胸膜炎・胸水
・心臓… 心肥大・心拡大・胸部大動脈瘤

などの病気を疑うことが出来るのです。
胸部X線検査(レントゲン写真)レントゲン写真

 

■□ レントゲン写真からの、検査結果の判定について

胸部X線検査(レントゲン写真)では、
健康の人の、肺は黒く写り、中心部の、心臓などは白っぽく写ります。

肺に、腫瘍や炎症がなどの病変があると、白い陰影になって写り、
肺がんなどは、不整な円形に近い、白い影となり、
肺炎・肺結核などは、境界が、ぼやけた不明瞭な白い影となります。
また、胸膜に空気が溜まる気胸では、肺の縮んだ様子が写ります。