肺気腫は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の一つで、進行性でしかも完治不可能な、
非常に怖い疾患と言われています、
この病気に、罹った場合は、どの様に対処すれば良いのか、不安で一杯です。
ここでは、肺気腫に罹る原因について、少し詳しく見てみましょう。

 

 

■□ 肺気腫と言う疾患は、いったいどんな病気ですか。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)と呼ばれる、病気の一種が、肺気腫であって、
気管支の先にある「肺胞」が、何らかの原因で壊れてしまう病気です。

肺胞が壊れてしまうと、息を吸ったり、吐いたりする、機能の効率が低下して、
身体に充分な、酸素を取り入れることが、非常に困難となってしまい、
息切れ・咳・痰が、出る事が多くなります。

症状が進んできますと、途中で休憩を入れながらでないと、歩行困難となり、
さらに進行すると、衣服の着替や、入浴 等でも息切れが、するようになります。

この様なことから、日常生活するにも、支障が出ることになってしまいます。

肺気腫と言う病気は、日本では500万人以上が、罹患していると推計されており、
推計の罹患者は、糖尿病と同様に相当多いのですが、実際に治療を受けているのは、
2005年の厚生労働省統計では、わずか約22万人程と、かなり少数なのです。

肺気腫で問題なのは、ある程度の進行ていないと、自覚症状が現れないことです、
さらには、完治は不可能な疾患で有る上に、進行すると息切れが多くなることから、
日常生活に支障を来します。

更に進行すると、重症化し、入院して治療までになり、最後には死亡に至ります。

従って、早期診断・早期治療が、如何に重要な病気であるかが、解ると思いますし、
適切に治療したとしても、進行を遅らせることが、精一杯であるのが現状です。

 
■□ 喫煙が最大の原因であるのが、肺気腫と言う病気です。

喫煙が、肺気腫の最大の原因ですので、禁煙するのが最大の治療法と言えます、
症状が出てなくても、一刻も早く、喫煙は完全に中止すべきです。

肺気腫患者の、95%は喫煙経験者で、70歳過ぎて、喫煙歴のある人の半数が、
肺気腫になる危険ある、とさえ言われています。

現在での患者は、男性に多い病気ですが、最近は若い女性の喫煙者が増加して、
いることと、男性よりも女性の方が、統計上は肺気腫にかかりやすいことが、
解っていることから、将来は女性患者は、急増するだろうと、推測されています。

肺臓の、成長期は18歳位までといわれております、成長しらない年代時に、
タバコのような有害物質を、吸う習慣が身についてしまうと、肺気腫の発症は、
さらに早まりますので、充分注意して生活することを喚起しておきます。

また、たばこ煙を吸うことが、肺気腫の最大の原因ですので、吸わない人にも、
受動喫煙で肺気腫を起こす可能性がありますので、子を持つお母さんの喫煙も、
とても気になるところです。

肺気腫が、別名を「たばこ病」とも言われているのが、以上の様な由縁です。
肺気腫に罹りやすく、進行しやすいと言われていまするのは、
・・・1日の喫煙本数が、多い人ほど、
・・・喫煙始めた時の、年齢が若い人ほど、
でありますので、喫煙経験者は一度検査して見たらいかがでしょうか。

参考までに
日本でのたばこ消費量は、昭和初期から1970年代までは、増加傾向が続き、
その後、約30年遅れて、肺気腫死亡者数の増加傾向がみられています。
これは、50歳を過ぎると、肺気腫の発症が、謙虚になるとの根拠でもあります。

JT製造の、タバコのパッケージに、記載されるようになった注意書は、
まさに、それを物語っていると、言えるのではないでしょうか。

それと、「受動喫煙」による、肺気腫罹患の恐ろしさを考えれば、喫煙者は、
吸わない人への、十分な配慮をお願いしたいものです。
■□ タバコの他に、肺気腫の原因として、考えられているもの。

喫煙・受動喫煙の他に、肺気腫の原因と考えられるものは、以下の通りです。

・大気汚染
・職業的な塵埃
・化学物質
・遺  伝
・若年性肺気腫症
・リンパ脈管筋腫症

身近なところに、原因となるものが、意外と多いものですね。