従来は、慢性気管支炎肺気腫と分けて、呼んで7いた疾患を、今では、POCDと言い、日本語にすると「慢性閉塞性肺疾患」と言っております。

ここでは、COPDと肺気腫の違いについて、詳しく見てみましょう。

 

 
■□ COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、世界的に、死亡者数の大変多い疾患です。

COPDの発症は、咳・痰・息切れ 等の、ごくありふれた症状から始まるので、
割合に見逃されがちな疾患です。

COPDに罹る人は、最近年々増えてきているうえに、死亡する方も増加しており、
なんと、日本人の死亡原因では、第10位にランクされてる程に、疾患者が多く、
40歳以上の日本人の、約1割の人が、この疾患の疑いがあるそうです。

COPDによる死亡者数は、世界的にも増加傾向で、WHO(世界保健機関)は、
2030年には、死亡原因の第3位になると、予想している怖い疾患です。

 

 
■□ COPD(慢性閉塞性肺疾患)の疑いあり、その症状は

咳・痰・息切れ 等をは、良く有る症状なので、、軽く見て、放っておりませんか、
しつこく長引く様なら、要注意です。気管支や肺の病気の可能性があります。

まず、以下の症状がでる様な場合は、罹りつけの医院に、診てもらいましょう。

①体調がすぐれず、風邪がなかなか治らない。
②坂道や階段を上ると、良く息切れがする。
③歩く速さは、同年代の人と比べて遅い。
④咳が、何時までも止まらない。
⑤痰が絡んで人前に出にくい。

COPDだったりすると、気管支や肺が障害されてきて、次第次第に、正常呼吸が、
できなくなり、酸素吸入のお世話になることになります。

かかりつけ医院の、問診と胸部X線撮影で、COPDの疑い有りと診断されれれば、
専門の呼吸器内科医を紹介してくれるでしょう。
こちらで、詳細の検査を受けてください。

 

 

■□ COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、放っておくと進行し、元には戻りません。

COPDは、進行性の疾患で、治療をせずに放置しておくと、症状の悪化が進行し、
風邪などの増悪をきっかけに、次第に重症化していきます。

以下の様な、”いつもと違う症状”があれば、増悪を疑った方が良いようです。
①、咳がひどくなった。
②、痰の量が多くなった。
③、痰の色が濃くなった。
④、息苦しさや胸苦しさが増した。

COPDに罹った患者は、増悪の繰り返しで、どんどん重症化が進行し、
日常生活は、著しく制限され、息苦しさのために、外出はおろか、
入浴・洗面などもできなくなってしまいます。

早期の発見と、早期の適切な治療で、重症化の進行を遅らせることが大切です。

 

 
■□ 肺気腫とCOPDとは、何が違うのかについて。

簡単に考えると、肺気腫と慢性気管支炎を、合わせた総称が、COPDであります。
然し、この表現は、かなりくだけた、言い方であって、厳密には違います。

どちらが先かは別として、肺気腫と慢性気管支炎は、後に両方が合併するために、
この概念が確立されました。

と言う事なので、肺気腫とCOPDの違いは、と言いますと、
肺気腫には無い、慢性気管支炎特有の、”気道の狭窄”の症状が入り交じったもの、
が、COPDであると、解釈しても良いと思います。
参考までに、COPDとは、
〝Chronic Obstructive Pulmonary Disease〟お略称です。