絶食の記事一覧

手軽で、安全で、効果的な方法とされる「一日絶食」がありますが、絶食後の食事すなわち「回復食」には注意が必要です。
特に、絶食後食べてはいけない物は何かについてを知っておくことが大切です。

 

■■ 絶食後の食事 = 回復食 について

絶食した後の患者の胃腸は、空っぽで、何も入っていない胃腸で、生まれたばかりの赤ちゃんの胃腸と同様と例えることができますます。

回復食とは、絶食後の赤ちゃんの胃腸から、安全に通常の大人の胃腸に戻るまでの食事のことです。

もし、赤ちゃんに刺激のある物や油物を食べさせるとどうなるでしょう、間違いなく体調を壊し、最悪の場合には死んでしまいます。

大人でも同じことが言えます、絶食後すぐに、唐辛子やニンニクなどの刺激物・焼肉や唐揚げなどの油の多いものを食べたり、お酒を飲んだり、したらどうなると思いますか。

そうです、当然体調を崩し、折角絶食し健康体をつくったとしても、何にもなりません、かえって不健康な身体になってしまいます。そのために回復食を摂るのです。

赤ちゃんが、ミルクから普通の食事になるまでの離乳食と同様に、回復食は大人の離乳食とも例えることができると思います。

 

■■ 正しい回復食について、理解しておくことは重要です。

一日絶食の場合、その方法は、「絶食前夜」「絶食当日」「回復日」の、3日間の期間が必要とします。

【絶食前夜】絶食前夜の夕食は、量を少なめに摂ることです。これは、今から絶食に入るぞと、まず自分自身の体に言い聞かせるような自己暗示でもあります。

【絶食当日】食べ物は摂らずに、飲み物だけで一日を過ごします。出来れば仕事を休んで実施するのが良いでしょう。

【回 復 日】絶食後の翌日は、一日断食で一番大切な「回復日」となります。

一日絶食したら一日かけて普通の食事に安全に戻していくことが大切で、一日だからといって甘く考えてはいけません。
■■ 絶食後の危険性がある回復食。

急に食べると胃に負担がかかりすぎてるので、食べてはいけないものは、特に動物性食物(肉や魚)や脂っこもの、甘いお菓子などは厳禁です。

具体的には、肉・魚・揚げ物・チーズ・バター・マーガリン・落花生・、塩分の強い物・甘い物・塩辛い物・味の濃い物・刺激の強い物は食べてはいけません。

飲み物で言えば、アルコール類・牛乳・コーヒー等でしょう。

その食べてはいけない期間はかというと、最低でも絶食した日数分は食べてはいけません。

 

■■ 正しい回復食について、理解しましょう。

絶食後の回復食として、何を食べれば良いかともうしますと、胃に負担をかけないように、柔らかいもので味の薄いものを食べるようにしましょう。

具体的には、お粥・パン・豆腐・野菜スープ・みそ汁などで、消化の良いものから少しずつ食べ始めます。

この回復食の期間は、絶食を行った同じ日数分必要です。たとえば、「一日絶食」を行ったとすれば、朝はお粥、昼にはお粥の量を少し増やし、夕飯時には普通に戻すと良いでしょう。

絶食

絶食は英語ではどのように訳するのでしょうか、医学的な用語もあるのでしょうから、詳しく調べてみました。
■■ 絶食を英語では「fast」 と訳します。

実際の会話では、単に「fast」と言わずに、次のように使い分けます。

「絶食すること」=「the act of fasting 」

「絶食する」=「the act of abstaining from food」

「絶食して病気を直す」=「fast an illness off」

「絶食療法」=「a starvation cure」

「絶食期間」=「fasting period」

「絶食状態」=「fasting state」

「絶食ダイエット」=「The Fast Diet」

 

■■ 実際の使い方

実際はどのように使われるかを、以下に例文で紹介します。

「私は絶食をしている。」
=「I’m fasting.」

「数日は絶食するようにしてください。」
=「You must not eat anything for a few days.」

「絶食するほかなかった。」
=「There was nothing for it but to go without food.」

「3日間は絶食しなければなりません。」
=「You must not eat anything for three days.」

「胃カメラ検査の前には、絶食しなければならない。」
=「You must fast before a stomach camera examination.」

絶食

健康診断前に、夜8時以降は絶食するよう言われたりした経験は、みなさんおありのことと思います。
絶食とは、言葉だけでは「食を絶つ」すなわち「物を食べない」事とは思いますが、実際はどうなんでしょうか。

 

■■ 「断食」とも言いますが、「絶食」と「断食」別のものです。

「絶食」「断食」ともに、一定期間、食物を絶つことは同じでも、断食と絶食は違った別の意味・目的があります。

まず「断食」とは、宗教的行為です。

全ての食物あるいは特定の食物の摂取を、一定の期間絶つ宗教的行為である事です、断食では食事は断つものの水だけは飲む場合もあります。

宗教や抗議・祈願などの主義主張があって、食物をとらないことで、主義主張の表現・修養が目的となっています。

一方、「絶食」とは、医学的行為です。

一定期間食物を摂らないことは絶食と同じですが、宗教的な事ではなく医学的なことで行う医療法なのです。

絶食は、健康上の理由によって食物をとらない(とってはいけない、とることができない)ことで、健康管理・回復が目的です。

 
■■    絶食療法が生活習慣の改善に効果を発揮

現代の生活環境・生活習慣の見直し改善の一つとして絶息療法が有効であることが解ってきました。

現代人の多くは、長時間労働・ストレス・偏食・過食・運動不足・などの不自然な生活を送っているとされ、体調不良や慢性疾患になやみを持つ人が増えております。

この悩みの体調不良や慢性疾患を克服するためには、 私たちを取り囲む環境要因(衣・食・住)を見直しが必要であるとともに、食生活・運動・休養などの、も大変重要なことなのです。

この生活環境・生活習慣の見直し改善の一つとして、一定期間絶食を行う絶息療法が、非常に有効なことが解って来たのです。

大変効果があるとされる絶食療法ですが、対症療法・薬物療法を中心とした現代医学では、まだ注目されていないのが実情であることは誠に残念です。

のある、この「絶食療法」を別記事でこの詳しく説明しておりますので、そちらをお読みくださることをお勧めします。

絶食

家庭で手軽に、そして安全に出来る効果的な方法とされる「一日絶食」ですが、簡単で週末を利用してできることから「週末絶食」とも言われてますが、本当に痩せることは可能でしょうか?

 

■■ 「一日絶食」の期待される効果。

たった「一日間」飲水は制限せずに食事だけを我慢するというのが「一日絶食」という絶食方法です、一旦内臓機能を休ませその後健康的に回復させる、ということを目的としております。

「絶食」飲み食いを我慢し続ける、辛く苦しいイメージが浮かんでくることと思います。

「一日間」というのがポイントで、一般的にはダイエット法の一つとしても考えられていることが多く、気楽に実施できますので勧めです。

週1回の一日絶食を、月に二回、継続して行うことで、短期集中型の六日間絶食に匹敵するほどの効果があると言われています。

この気軽な「一日絶食」の期待効果としては、1年後には見違えるほどに、体が引き締まり、より健康になったことを実感出来るとされており、体質改善に効果があると言えます。

 

■■ 「一日絶食」の方法

一日絶食の方法は、おおまかに「絶食前夜」「絶食当日」「回復日」の、3日間の期間が必要です、その流れを簡単に説明します。

「絶食前夜」絶食の前夜の夕食の量を少なめに摂ることです。これは、今から絶食に入るぞと、まず自分自身の体に言い聞かせるような自己暗示ともいえるものでしょう。

「絶食当日」固形物は摂取しないで、飲み物だけで一日を過ごします。出来れば仕事を休んで実施するのが良いでしょう。

「回  復  日」絶食の翌日は、一日断食で一番大切な「回復日」となります。

一日だからといって甘く見てはいけません。一日絶食したら一日かけて普通の食事に戻していくことが大切です。

急に食べると胃に負担がかかりすぎてるので、特に動物性食物(肉や魚)や脂っこもの、甘いお菓子などは厳禁です。

お粥など消化の良いものから少しずつ食べ始めます。昼にはお粥の量を少し増やし、夕飯時には普通に戻すと良いでしょう。

絶食

ここでは、一定期間中、水だけで生活をして健康回復を狙う、絶食療法の考え方や効果について説明しております。

 

■□ 絶食療法の歴史

絶食療法は、精神病患者の治療として、1950年代にソ連のモスクワで初めて取り入れられた食事療法の一つで、副次的に高血圧や内臓疾患にも効果があることが判明されました。

大規模に研究されたのは、1970年代からで、絶食することで、体にストレスがかかり、その結果として、人間本来の抵抗力や治癒力が高まることが解ってきました。
その後は、ぜん息治療にも絶食療法が活用されその効果を上げております。

今では、絶食療法はロシア国内では絶食療法が医療の一部として認知されております。

ドイツ国では2割もの国民が絶食療法を経験しているといわれます。3週間程度の絶食療法を実施し、肝臓肥大・肝臓機能回復などの症例が数多く、報告されております。

一方、日本国の医療に導入されたのは約50年前で、婦人科で自律神経失調症の治療を対象としたのが最初といわれています。その後は心療内科領域を中心に行われてきました。

絶食療法を現在の形に確率したのが、東北大学のグループであり「東北大学方式」と呼ばれております。

 

■□ 絶食療法はどのように?

絶食療法は 10日から3週間の絶食を行います、 口にするのは「水」だけです。病気の重さや病歴よって絶食期間を延長することもあります。

口にするのは水だけなので、空腹感が生じ辛いことも有りますが、三日ほどで空腹感は無くなります。

頭痛や倦怠感が生じる事が多いので、事前に医師が検査を行った上で実施します、場合によっては絶食を中断することも有ります。
■□ 絶食療法後の回復食が重要です。

絶食は自己管理に任せきりでは、大変危険なので、重要なのは「医師」の管理下のもとで実施しなければなりません。

絶食療法後は、回復食を正しい取らないと、体に悪影響がでる場合があるので、厳重な管理で回復食を摂取する必要がある。
■□ 絶食療法で栄養失調等の心配はないの?

絶食中に栄養失調にはならないか信お会いのことと思いますが、1週間程度の絶食で栄養失調になることはありません。

ビタミン類等、いくつかの物質が体内から減少する場合もありますが、重大な不足になることはありません。

ただ、注意事項として、血液の酸性度が上がり、疲労感、吐き気、頭痛などが出る症状(アシドーシス)が出る場合がありますが、これも1週間も過ぎれば緩和されます。

 

■□ 絶食療法の効果

絶食療法の効果としては過敏性腸症候群・不定愁訴症候群・慢性胃炎などの心身症・うつ病・不安障害に有効とされ、他には、肥満・軽糖尿病にも効果があるそうです。

 

■□ 絶食療法

現代社会では、多くの人が、ストレス・偏食・過食・運動不足・働き過ぎなどの不規則生活を送っており、体調不良・慢性疾患に悩む患者が増えております。

その克服のためには、私たちを取り囲む 衣・食・住 の環境要因のを見直しが必要で、食生活・運動・休養などの、生活習慣の改善も重要視されています。

この生活環境・生活習慣の見直しの一つとして絶息療法が有効なことが解って来ましたが、現代医学は、対症療法・薬物療法が中心としており、あまり注目されていない実情です。

絶食

医療法に、一定期間、食物を絶つ「絶食」と言うものがあります。これは、健康上の理由によって、健康管理・回復を目的に行うものです。
その絶食の一つに「プチ絶食」と言うものがあるそうです、ソノプチ絶食について詳しく調べてみました。

 

■■ 「一日間」食事を我慢し、飲み物だけで生活する、絶食方法です。

「絶食」飲み食いを我慢し続ける、辛く苦しいイメージが浮かんでくることと思います。

「プチ絶食」は、たった「一日間」食事を我慢しますが、飲み物だけは飲める、という絶食方法で、一旦内臓機能を休ませその後健康的に回復させる、ということを目的としております。

この「一日間」というのがポイントで、一般的にはダイエット法の一つとしても考えられていることが多いようで、気楽に実施できますので勧めです。

 

■■ 「水だけ絶食」「砂糖水だけ絶食」など、様々な種類の絶食方法があります 

プチ断食では、一般的には「一日間」飲み物だけで我慢するのですが、「水だけ絶食」「砂糖水だけ絶食」などの様々な絶食方法があります。

共通ルールとしては、固形物は口に入れないという方法により、内臓を休ませるという事が最大の目的に行うことなのです。

 

■■ 「プチ絶食」の方法

プチ絶食の方法は、おおまかに3日間の期間が必要です、その流れは以下の通りです。

「準備期間」として、断食の一日前の夕食の量を少なめに摂ることです。これは、今から絶食に入るぞと、まず自分自身の体に言い聞かせるようなものでしょう。

「絶食当日」は、固形物は摂取しないで、飲み物だけで一日を過ごします。仕事を休んで実施するのが良いでしょう。

「回復日」、絶食翌日は、プチ断食で一番大切な「回復日」となります。

朝食から固形物を口に入れても良いのですが、急に食べると胃に負担がかかりすぎてるので、お粥など消化の良いものから少しずつ食べ始めます。

昼にはお粥の量を少し増やし、夕飯時には普通に戻すと良いでしょう。しかし、脂っこい物は避けるようにしたほうが良いでしょう。

 

■■ 「プチ絶食」は「回復日」である三日目の管理が大切

三日目の「回復日」は、空っ腹になっていますから、たくさん食べたいと気持ちになってしまいます。

しかし、ここで沢山食べてしまうと、胃に負担がかかり健康上良くはありません。、それに、せっかく絶食で小さくした胃を、逆に大きく膨らませてしまい、余計に太ってしまうという事にもなりかねません。

徐々に量を増やすことが大切です。普通の食事量に戻すには、二日位かけて食事の量を増やしていくという方法も良いと思います。

絶食

イスラム教徒の絶食は断食といいますが、一般人はまだしも、スポーツ選手にとっては相当辛いものと思いますが実際はどうなのでしょうか。。

 

■■ 断食中は、基本的には水も飲みません。

断食とは、宗教的行為で、一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ行為であります。

イスラム教ではラマダーンといいますが、国や解釈によって多少違うかもしれませんが、水分は取りませんし、唾をも飲み込ま無い人もいるようです。煙草もだめですし、音楽も聞かない様にする人もいるとききます。

日の出よりかなり早い時間に食事をすませ断食に入ります。日中は飲食が駄目ですが、日没後はすぐに食べて良いこととされています。

 

■■ ラマダーン

イスラム教では、ラマダーンの月の間、日の出から日没まで断食が行います。イスラム教徒の信仰で最も重要な活動の一つで、断食中は飲食が禁止されますが、断食は単に飲食断つだけが目的ではないと考えています。

断食は、嘘・騙す・下品な話・口論・喧嘩・淫らな思考をしないことも意味し、つまり、断食中は良い振る舞いをすることの考えなのです。

また、断食によって貧乏で空腹な兄弟が感じるものを共感し、連帯感を生む事を狙っているともいえます、その上、ラマダーンの月は進んで寄付を施します、そして日没後に共に食事をすることになっています。

世界中のイスラム教徒が、ラマダーン中に同じ試練を共有することから、ラマダーンはある種の神聖さを持つ時期であるとみなされております。

絶食

■■ 断食と絶食は別のものです。

一定の期間、食物を絶つことは同じでも、断食と絶食は違った別の意味・目的があります。

断食とは、
一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を絶つ宗教的行為である事です、断食では食事は断つものの水だけは飲む場合もあります。

宗教や抗議・祈願などの主義主張があって、食物をとらないことで、主義主張の表現・修養が目的です。

絶食とは、
一定期間食物を摂らないことは絶食と同じですが、宗教的な事ではなく医学的なことで行う医療法なのです。

絶食は、健康上の理由によって食物をとらない(とってはいけない、とることができない)ことで、健康管理・回復が目的です。

絶飲食というのなら水分摂取も禁止ですが、健康診断だけの絶食でしたら、食事だけで水分摂取は構わない様ですので、水、お茶、果実の入らないジュースを飲むのはよいですが、牛乳は脂質があるのでやめておくべきです。

 

■■   絶食療法

ハイテク社会・クルマ社会・グルメ社会・ストレス社会などといわれる現代お社会では、多くの人が、ストレス・偏食・過食・運動不足・働き過ぎなどの不自然な生活を送っているとされ、体調不良や慢性疾患になやみを持つ人が増えております。

そのような体調不良や慢性疾患の克服するためには、衣・食・住 私たちを取り囲む環境要因を見直しが必要であるとともに、食生活・運動・休養などの、生活習慣の改善も重要です。

この生活環境・生活習慣の見直し改善の一つとして絶息療法が有効なことが解って来ました。

然しながら、大変効果があるとされる絶食療法ですが、現代医学の中心である、対症療法・薬物療法ではあまり注目されていないのが実情です。

別記事でこの「絶食療法」を詳しく説明しておりますので、そちらもどうぞお読みくださることをお勧めしています。

絶食