絶食の記事一覧

必要性にかられ、一週間で痩せなければならない事、面接・結婚式・旅行・海水浴・スポーツ競技 等々、様々な理由があると思います。
それには、強いモチベーションと正しいダイエット方法が必要です、その方法について説明してみたいと思います。

 

■◆ 具体的な目標設定が必要

ただ何となく痩せたいから、一週間ぐらいの絶食をしてみようか』、では、目標達成どころか3日も続かないと思います。

自分自身の現状を認識し、何K減量したいかの目標を明確にすることです、例えばBMI指数を18.5~25.0の普通値を目標にすることです。

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求めますが、この指数が「22」のときが最も病気になりにくいとされています。

まず、ご自分で計算して、無理せずにBMI指数を「22」の目標体重に設定して見てください。

 

■◆ 一週間絶食でダイエットの「3つのポイント」

一週間絶食で痩せたい方は、当然、健康・美容が目的のはずです。
そのためには、以下の3つをポイントを抑えて実施することで、一週間で確実に痩せると思います。

① むくみの改善
② 基礎代謝のアップ
③ 摂取カロリーの削減

この3ポイントを意識して、一週間絶食を行わずに、ただもの絶食して摂取カロリーを減らすだけでは、間違いなくリバウンドしますし体を壊してしまいます。

一週間で痩せる方法で3ポイントを効率良く考慮した「プチ断食」が、女性に限らずお勧めです。

 

■◆ 「プチ絶食」の方法

プチ絶食の方法は、おおまかに3日間の期間が必要です、その流れは以下の通りです。

「準備期間」として、断食の一日前の夕食の量を少なめに摂ることです。これは、今から絶食に入るぞと、まず自分自身の体に言い聞かせるようなものでしょう。

「絶食当日」は、固形物は摂取しないで、飲み物だけで一日を過ごします。仕事を休んで実施するのが良いでしょう。

「回復日」、絶食翌日は、プチ断食で一番大切な「回復日」となります。

朝食から固形物を口に入れても良いのですが、急に食べると胃に負担がかかりすぎてるので、お粥など消化の良いものから少しずつ食べ始めます。

昼にはお粥の量を少し増やし、夕飯時には普通に戻すと良いでしょう。しかし、脂っこい物は避けるようにしたほうが良いでしょう。

絶食

急に下痢が始まり、それがいつまでも続くのでとても辛く、主治医に見てもらいましたら、「ウィルス性胃腸炎」だと診断されました。
人によっては、嘔吐の症状も出ることもあるそうなので、絶食して治そうかとも思っていますが、少し調べてみましたということです。

 

◆ 胃腸炎について

胃や小腸・大腸の粘膜に炎症が起きるのが「胃腸炎」という病気です。
普通「胃腸炎」と言った場合は、感染によって起きる「感染性胃腸炎」のことを指しており、次の2種類の「感染性胃腸炎」があります。

「細菌性胃腸炎」
主には、夏場に流行する胃腸炎で、サルモネラ菌やO157など細菌の感染から起きる胃腸炎です。

「ウイルス性胃腸炎」
主には、冬場に流行する胃腸炎で、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス感染から起きる胃腸炎です。
胃腸炎の9割りは、ウイルス性の胃腸炎であると言われています。

 

◆ ウィルス性胃腸炎の原因と治療法について

・ウィルス性胃腸炎の原因
先にも書きましたように、ウィルス性胃腸炎の大部分は、「ノロウィルス」「ロタウィルス」が感染して起きる胃腸炎です。
基本的には、この「ノロウィルス」「ロタウィルス」は、腸内で増殖し、汚染された便によって感染してゆくものです。

集団感染している場合は、家族間や職場で、嘔吐したものにも「ノロウィルス」「ロタウィルス」が含まれていることもあり、この嘔吐物から感染することもあります。

・ウィルス性胃腸炎の予防
「ノロウィルス」「ロタウィルス」の感染を予防するうえで大切なことは、患者の介護前後・調理・食事 前には、必ず石鹸で丁寧に手を洗うことと、うがいを忘れずに行うことが大切です。

・ウィルス性胃腸炎の治療
ウィルス性胃腸炎の治療の方法は、基本的には、下痢・嘔吐は止めないようにする事です。
これは、身体の防御反応として、ウィルスを対外に排出するのは、下痢・嘔吐なのですから理由は解ると思います。

下痢が長く、血便や高熱が続くのであれば、「細菌性胃腸炎」の疑いも考えられますので、医院での検査・診断が必要でしょう。

 
◆ ウィルス性胃腸炎での「絶食」について

ウィルス性胃腸炎での食事のことですが、以前は症状が完全に回復するまでは「絶食」が基本でした。

現在の治療での基本は、食事をしないで腸の働きが弱らせると、回復が遅れる、との考えから、無理に「絶食」をせず、食事は摂れるようになったら、重湯・お粥・うどん 等、消化の良いものを少量づつ、積極的に摂ることとされております。
とは言っても、吐き気がひどいときは、無理に食事を摂ると、吐き気が更に酷くなるので、十分注意が必要です。

絶食

初めて子を持つお母さんは、乳幼児が嘔吐や下痢の症状が出た場合、どの様にして治したらよいかつい迷ってしまいます。
大人なら絶食して安静にしておれば良いのですが、乳幼児はそうは簡単にいきません。
その迷いを少しでも解決できるように、以下にまとめてみましたので参考になさってください。
★ 乳幼児の嘔吐下痢の症状について

乳幼児の嘔吐下痢の症状は、ウイルスによる胃腸炎で、突然の嘔吐で発症し、他人にも感染するので、注意が必要です。。
「乳幼児嘔吐下痢症」と言います、またの名を「冬期下痢症」とも言われています。。

嘔吐と同時か少し後に下痢が始まり、便は、 酸っぱい匂いがする黄色・白・クリーム色で水溶性のものになります。「米のとぎ汁」のような完全に水状態の便になることもあります。
下痢は、一週間位長く続きこともありますし、熱もでます。ねつは、38度~40度位で、乳幼児としては、あまり高熱ではありません。

 

★ 心配なのは「脱水症」なのです。

嘔吐や下痢の症状が出たら、絶食するのが適切な方法ですが、「脱水症」にならないように確りした管理での治療が大切なのです。

嘔吐や下痢で、体内の水分と一緒に消化液を失ってしまうと、塩分などの電解質が失われ、「脱水症」に罹るからですからです。

嘔吐の仕方には、何時間かの間にドバァーと吐いてしまうタイプと、毎日少しずつ3日間位かけて吐くタイプがあります。

嘔吐が止まっても安心は出来ません、元気がなくなって「脱水症」となり、輸液を必要とする乳幼児が意外と多いのです。

 

★ 乳幼児の嘔吐下痢の治療について

嘔吐する場合は、嘔吐止めを使用すれば、必ず止まりますので嘔吐が止まるのを待ちます。この間は絶食することです、水も与えません(与えても吐くだけです)

嘔吐がなくなり、飲めそうになったらスプーンで少しずつ、スポーツ飲料水・軽い塩味のコンソメスープ・飴湯・果汁などを与え、脱水症になるのをを防ぎます。

普通の硬さの便で白くなることもありますが、嘔吐・下痢がなければ、ほとんど絶食などの治療は必要ありません。

絶食

風邪をひいた時は、絶食をすると治りが早いと聞きますが、果たして本当でしょうか?
動物は、身体の調子の悪いときには、殆ど食べずに治るのをじっと待つ事が多く、それと同じで、人間も絶食をするほうが自然治癒力の効果は高丸と言われます。

 

■■ 風邪に絶食は、どの様な作用が働きますか。

風邪は、体内にウイルス・細菌が侵入して免疫力が低下しております。
この免疫力の低下で、免疫機能の多く存在する胃腸は、格段に消化能力・吸収能力が衰えており、そんな身体の状態で普通に食事しても、当然、普段の消化力・吸収力は期待できません。

風邪で、胃腸の負担がより多くかかっているうえに、未消化物からは毒素が排出され、身体に循環されていき、さらに低下している免疫力に低下を重ね、風邪の治りが遅くすることになります。

だからこそ、風邪のときには無理に胃腸を働かせずに、絶食して衰弱した胃腸を休養させることが必要というわけになります。

絶食して、風邪をひかない様にするのではなく、風邪をひいても直ぐに回復出来る、身体づくりをするというのが絶食効果なのです。

 

■■ 「風邪に絶食」での注意点

何でもかんでも、絶食をすれば良い物ではなく、予備知識もなく、風邪=断食 すれば、免疫力アップどころかむしろダウンしてしまい、風邪が引き易い身体になってしまいます。

断食は、医療行為ではなく、あくまでも民間療法であることを理解したうえで、風邪で断食をする際の、注意点について簡潔に説明します。

1、水分・塩分の補給は必須条件
必要なな水分補給・塩分補給がないと、筋肉痙攣や循環器管に異常をおこすことになります。
特に風の場合は、医師の指示がない限り必ず補給することです。

2、風邪の長期化に注意すること
風邪に絶食がいいからと言っても、安易に長期間するのは危険で、特に風邪などで弱った身体にはよくありません。
絶食をしても風邪の症状が治まら無い場合は、絶食を止め、胃腸に負担がかからない、お粥を食べて栄養補給することです。

3、絶食後はゆっくり慣らす
絶食の反動は、食欲が増すことですが、急に普通食に戻すことは、胃腸・肝臓などの内臓に負担がかかり危険です。
胃腸に、負担のかからないものを、時間をかけて、少しずつとることが大切です。
4、無理に絶食は続けない
風邪は、胃腸が弱り食欲が無くなりがちですが、回復し食欲が出てきてからも、無理に続けることは良くありません。
胃腸に優しい、重湯からお粥と少しずつ食事をとっていきましょう。

絶食

断食は、逆流性食道炎の簡単な治療方法です。然し、あくまでも応急処置なので、完全に治癒したわけではありませんので、無理は禁物です。

 

★ 逆流性食道炎とはどんな症状・原因ですか?

逆流性食道炎と言う疾患は、胃酸・腸液が逆流して、食道の粘膜に炎症を起こす病気で、胃食道逆流症のひとつとされおります。

報告によると、胃酸が逆流しても、食道に炎症を起こさない状態も多いことから、「逆流性食道炎」になってはいなくとも、最近では「胃食道逆流症」と診断して、治療行うのがというのが常識です。

逆流性食道炎には、以下の症状が見られます。胸焼けなどの胸部の違和感・過度のゲップ・度重なる嘔吐、などがです。

その原因には、ストレス・過飲食・喫煙・飲酒のような生活習慣的なもの、妊娠・肥満・便秘・運動で腹圧上昇など、多岐に渡り、明確でない場合が多いです。

纏めると、脂肪分の多く含む食物や刺激の強い食物を、多量摂取し、即横臥する生活が最も危ない食生活習慣であることです、そして、胃が本調子でないと感じたら、夕食は軽めにし、胃の負担を低減するすると良いでしょう。

 
★ 絶食が逆流性食道炎の個人的な治療になります。

逆流性食道炎の個人的な治療には、比較的簡単にできるのが「断食」ですが、あくまでも応急処置であることを認識しておく必要があります。

食べ過ぎが原因である場合には、断食が簡単な治療法になります。腹圧を減らし、胃を縮小させることにより、食欲減退を施し再発を防ぐのです。

断食とは言っても、全然食べないで過ごすことは逆効果であり、別障害をに至る可能性があるので、最少限の水分補給、お粥などで最低限の栄養は補うように十分に注意が必要です。

逆流性食道炎の一番の原因がストレスの場合、断食をすることで、余計ストレスがたまる可能性がありますので、出来れば専門医師と相談しながら慎重に行うべきです。

 

★ 絶食以前に、食事での注意すべきこと。

逆流性食道炎は脂肪分の過剰な摂取が原因となっています。逆流性食道炎の症状を改善させ、克服するためには、普段の食事の内容や習慣に注意することが物凄く大切なのです。

食事内容については、肉類などの脂肪分の高い食べ物、コーヒー・紅茶・香辛料・アルコール・柑橘類 などの刺激の強い食べ物をなるべく控えることです。

食事習慣については、食後しばらく(1~2時間程度)は横にならないことです。食事後は、消化促進のために胃酸が分泌されます、直ぐ横になると胃の中の胃酸が傾き、食道へ流れ出す可能性もあるからです。

纏めると、脂肪分の多く含む食物や刺激の強い食物を、多量摂取し、即横臥する生活が最も危ない食生活習慣であることです、そして、胃が本調子でないと感じたら、夕食は軽めにし、胃の負担を低減するすると良いでしょう。

 

絶食

便秘には、絶食が効果がある、というのを聞いたことがある反面、「便秘になるのは、たくさん食べないから」というこも聞いたことがあります。
相反するように聞こえますが、どちがも正しいことなのです。

 

■■ 「便秘解消には、絶食を」について

便秘になったら、その解消には絶食が良いことにつて説明いたします。

起床して直ぐコップ一杯の水は、寝ている腸に刺激に与える事ので、溜まった便を排出させる効果があるのです。

絶食が良いといっても、朝食は抜いてはいけません、最も朝食と言っても「食べ物」ではなく、胃に刺激を与えるため、水やフルーツを摂ることなのです。

この程度の朝食絶食を行うことによって、お悩みの便秘が解消できて、さらにダイエットの効果もありますので、女性のにはお勧めの絶食です。

とは言っても、昼食・夕食はきちんととることが原則です。

 

■■ 身体に現れる絶食の影響

絶食の影響として、身体への変化が以下の流れでが現れるといいます。

絶食前に口に入れて、小腸に残った未消化の食物が大腸へと送られ、大腸の腸内細菌が未消化の食べ物を分解するときに水素ガスが発生します。

その結果として、①腸内の水素ガスが増える、吐く息が変わります。 ②小腸の消化吸収力が低下します(回復には数日必要な場合があります)

頻繁に絶食をおこなうと、そのリスクとして必要な栄養素が入ってこなくなることあります。

 

■■ 便秘・宿便について

絶食をすると、何時もの様子と違う、ベタッとした便・緑色の便が出てくるので、今まで腸にこびりついた便秘による宿便だと思ってしまいます。

然し、これは宿便ではありません、絶食食をしたことで、便の中の腸内細菌や細胞の死骸だけが出てくるだけなのです。

断食中には、空腹時に胃腸がはげしく運動すると、空腹期強収縮が行われ、胃腸の残りカスを大腸へ送る役割が強くなるので、便通の改善につながります。

 

■■ 絶食しても排便の量は減るが、無くなることはない

大便は、飲食物の栄養素を吸収消化後の、残りカスだと思っている人は多数おられるでしょうが、そのカスの量は大便量の半分くらいで、もう半分は実は、消化管の老廃物や腸内細菌の死骸が占めています。

従って、絶食をしていても、普段食べ物を経口摂取している時よりは大便の量は減るでしょうが、排便はなくなりません。

絶食

以下に、絶食時の糖質・脂質・蛋白質の代謝について簡単に整理してみました。

 

★ 絶食時に行われる代謝について

絶食中でも血糖が維持されているのは、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放たれるアミノ酸から糖新生された、グルコース(ブドウ糖)が、血液中に供給されているからです。

脳の機能維持のためには、グルコースに代わり、肝臓で脂肪酸から生成されるケトン体(脳は、脂肪酸を直接エネルギー源としての使用出来ない)をエネルギー源として使用するようになります。

絶食時(胃の中が空の状態)の、カロリー源は、当初は、肝臓で糖質(ウリコーゲン)を分解し消費され、続いて、脂質(脂肪酸)、蛋白質(アミノ酸)を分解し消費されます。

 

★ 絶食初期の代謝

① グリコーゲンが分解され、グルコースが供給される。
② 脂肪組織が分解されて、脂肪酸が放出される。
③ 糖原性アミノ酸が分解されて、肝臓でグルコースに糖新生される。

 

★ 絶食が続き、飢餓状態時の代謝

① 脂肪酸からケトン体が産生され、脳などのエネルギー源になる.
② 糖原性アミノ酸の筋肉などからの放出が抑制され、尿中窒素排泄量が減少する.

 

★ 代謝とは何ですか?

人間の身体は、外部から絶えず物質を取り入れ、様々な活動をするのに必要な、エネルギーや化合物を得て生きています。

この、外部から摂取した物質を、必要に応じて分解して、より簡単な化合物に変化させており、この変化の過程を、「代謝」と言います。

代謝には「異化」と「同化」の2つがあり、その違いは以下の通りです。

・・「 異 化 」とは
外部から取り入れた物質(口から入れた食物)を分解し、より簡単な化合物に変えてエネルギーを取り出す過程を「異化」言います。

・・「 同 化 」とは
生体内では、アミノ酸・二酸化炭素・カルボン酸 などの限られた簡単な物質を材料として、生体系の維持に必要とする、ほとんどの複雑な化合物をつくる過程を「同化」と言います。

絶食

絶食がダイエットに、健康管理・健康回復に大変効果のあることは、ご承知のことと思います。
然し、そのやり方を間違えると、ダイエットどころかリバウンドが厳しく、体調を壊して命にかかわってしまうこともあるのです。

 

★ 正しい絶食のやり方を紹介します。

ここでは、安全で、簡単で、家庭で、3日間で、できる、の正しいやり方を紹介します。
3日間のスケジュールで、行うことが大切で、スケジュール通りに正しく行えば、安全でしかも効果は間違いないとされています。

【1日目】
夜から準備に入ります、夕食は脂っこい物・消化の悪い物は控えめにし、量も少なめにして、明日は絶食をするという意識を持たせる事に意義があります。

【2日目】
この日1ち日は固形物は何も口にしませんが、酵素ドリンクを1日に5~6回に分けて飲むのがポイントです、空腹を感じた時には、炭酸水で割った酵素ドリンクを飲みます。
一旦、内臓機能を休ませ、その後、内臓機能を健康的に回復させる、ということを目的としております。

【3日目】
3日目の朝食から、食事を始めていきます。然しこの3日目が重要で、ここで失敗する方が多く注意が必要です。
急に普通食にすると「すきっ腹」に負担がかかりすぎてるので、特に動物性食物(肉や魚)や脂っこもの、甘いお菓子などは絶対に厳禁です。
まず朝は、お粥など消化の良いものから少しずつ食べ始めます。昼にはお粥の量を少し増やし、夕飯時には通常食に戻していきますが、もう少し我慢、腹八分目で消化のいいものを摂ります。
★ 「プチ絶食」と言っても気を付けなければならない事

・・「回復日」の食事のやり方が重要
わずか1日だけ絶食といって甘く見てはいけません、リバウンドを防止するためにも、回復食も夕食の通常食も、ゆっくり噛んで味わって、少しずつで摂取しましょう。

・・疲れている時は避けるのが一番
寝不足気味、生理前、風邪気味といった、体調が優れない時は断食は見送ります、万全な体調でないと、体調を悪化させたり、病気になることもあります。十分に健康なときに行って初めて効果が出るのです。
★ 期待効果

・体重の減少・代謝能力のアップ・血流促進・排出の効果・美容の効果・免疫力のアップ

「プチ絶食」でも、以上のような効果が期待できます、皆さんもやり方を確り守って、挑戦してはいかがでしょうか。

絶食

家庭で手軽に出来る「一日絶食」ならば、自分自身でで行っても安全ですが、1週間以上の絶食は、絶対に絶食の施設で行う必要があります、自分で行うのは危険です。

絶食の難しさは、絶食そのものよりも絶食後の食事の摂り方です、重湯からお粥と必須経過に応じてだんだんと量を増やしていく過程が難しいのです。
特に、長期の場合は絶食後に食欲が急に目覚めるて、自制するのが非常に困難です。「リバウンド」や「死」の危険も伴います。

 

■■ 絶食から期待される効果。

正しく行う絶食は、身体を本来の姿に取戻し自然治癒力だけで、たいていの病気は治すという、優れた健康法です、

内臓を休ませる・余分な脂肪を捨てる・毒物・老廃物を排出する・体の抵抗力が増す 等々、断食は美容法にも、人間本来の体に戻す、優れた効果があります。

 

■■ 1週間以上の絶食の実際

一日絶食の方法とは違い、症状・目的等に合わせて、だいたい1週間~2週間ほど行います。医療機関の相談と指導がかならず必要です。

目的を達成するまでの期間が必要なので、目的を達せい出来たら、いくら日数を増やしても意味のない絶食となります。

必要な期間とは、例えば以下のようなものです。
・胃や腸が弾力を回復するのに必要な期間
・体内の大掃除を終わらせるのに必要な期間
・白血球が増加する時期
・体重を減らすのに必要な期間

 

■■ 1週間以上の絶食の方法

◆予備絶食のは必ず実施する。

本絶食に入る前に、少しずつ食べ物を減らしておく、予備絶食を行う必要があります。
絶食直前に、肉類などの酸性食品をたくさん摂ってしまうと、断食中の身体の反応で、生じる苦痛が増します。また、心理的にも、これから断食に入るという自己暗示でもあります。

◆断食に入るとき、虫下しと下剤を飲む。

腸内にある残留物を、はやく身体から排出させるためです。
絶食を開始して、空腹感で苦しく感じるのは、最初の1日~2日位だそうで、胃の中の未消化物が完全になくなり、胃が休息状態に入ってしまえば、空腹感は感じなくなります。

また、絶食開始から3日目頃には、「舌苔(ぜったい)」(舌に苔のような物質)が出てき出します。これが出るころには、食欲はなくなるといわれます。
◆絶食中、大切なことは、たくさんの水分補給飲むこ。

食事の中に多量の水分は含んでいるのですが、それを摂らないので大いに水分補給が必要ですし、たくさんの水を飲むことは、老廃物の排出の助長となります。

絶食中は、心身の安静を保つことは必要条件ですが、軽い散歩や体操は、むしろ効果がある様です。
断食中で辛いのは、「空腹」よりも「退屈」だそうですので、時間つぶしの読書・手芸などを準備しておくことも大切です。。

◆1週間は絶食中の反応で、少々つらい時もある。

この反応はいかのとおりで、誰にでも起こるようです。
・舌に「舌苔」が出て、口が臭くなり、ひどく粘ります。
・身体に溜まっていた毒素や老廃物が、血液中を循環します。
・その結果、頭が重くなり、全身に倦怠感をおぼえます。
・その後、老廃物は皮膚から体外に排出され、発疹が表れることもあります。
・宿便も一気に排出されます。
・病気を持っている人は、それぞれの好転反応が生じます。
◆絶食後は、少しづつ食事を摂り始めます。

この絶食後が最も重要で、断食が1週間なら、それと同じ1週間の時間をかけて前の食事に戻していきます。

最初は重湯から始め、3分がゆ、5分がゆ、普通のおかゆ、ご飯と、順々に普通の食事に戻していくのです、急に元の食事に戻して、腸捻転から死いいたる場合すらあるようです。

最後の効果として、絶食後、2ヶ月ほどたつと、「真の健康」が味わえるそうです。心身爽快・快眠会食・早寝早起きの健康習慣生活が待っています。

絶食

絶食は、何日も長ければ効果があるというものではありませんし、むしろ危険な行為と言わざるを得ません。
デトックス効果も期待できると言われる、3日間の『プチ絶食』で、十分に効果現れますので、以下に紹介しましょう。

 

■□ 『プチ絶食』

正しい、『プチ絶食』は何日もやりません、そのの方法は、「準備期」「絶食」「復食期」の3日間を正確に行うことが重要で、ただ何日も絶食すれば良いというものではありません。

下手すると効果どころか、バウンドの危険すらありますので、確り理解して行うことが大切です。
■1日目「準備期」・・・徐々に普段の食事の量を減らすことから始まります。

絶食の前日から、主として炭水化物を徐々に減らしてゆくことをイメージしましょう。

朝食は何時もの、80%に、昼食は何時もの、70%に、夜食は何時もの、50%にと徐々に減らして食事をとります。

■2日目「絶食期」・・・食事は一切しません、逆に水分補給はいつも以上に確りしましょう!

普段は食事からも、自然と水分補給はできてますが、絶食中はそれがありませんので、起床の朝直ぐに必ずコップ一杯の水分を取ることがとても大事です。

また絶食中に、酵素ドリンクのような栄養のある飲み物を、積極的に摂ることはとても良いことでしょう。
 

■3日目「復食期」・・・徐々に普段の食事の量に戻すことから始まります。

絶食の翌日、朝食は胃腸に優しい重湯か、難しければ酵素ドリンクを摂ります。
昼食はお粥にします、難しい時は何時もの食事の30%程度を限度に、良く噛んで摂るようにしましょう。
夜食は何時もの食事の50%~70%ほどとりましょう。
■□ 3日間で行う『プチ絶食』の効果

絶食ダイエッの効果としては、身体がしまり、体重減少が如実に現れてきます、さらには、絶食後の食事がとっても美味し、味覚が研ぎ澄まされた気持ちになれることです。

絶食後の食生活の変化です。ついつい食べていた間食や毎回のご飯の量も減り、少食で済むように変わるそうです。

苦しい断食を何日も行うことが無い『プチ絶食』は、忙しい女性におすすめです。

 

 

絶食